金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

双極性障害と怒りと社会的信用

私は鬱が強めの双極性障害で、一年の大半は沈んでいますがそれでも時々軽躁になります。軽躁の症状は人それぞれかとおもいますが、私の場合怒りが強烈に出てきます。

 

徹底的に怒る、許さない

この時期の怒りは常軌を逸していて、許すという概念が全く頭にありません。怒りのターゲットを潰すことだけを全力で考え、負けたり折れたりは絶対にしません。とにかく怒って怒って暴言をぶつけて、気に入らない人間が黙るまでキレ続けます。徹底ぶりときたら、本当に修羅のようです。

普段は出来る限りスルーしようと努めてることでも、躁に入ると許せなくなり、その人と関係が途絶えるレベルまで怒ります。このとき異様に頭は早く動くものですから、多弁に次ぐ多弁で相手を言い負かすことしか考えていません。

気に入らないことへの攻撃スイッチが、躁になると全開になるのでしょう。

 

一番厄介

個人的に、双極性障害で一番厄介なのがこの衝動的かつ徹底的な怒りの感情と思います。うつはただ沈んで動けないだけですが、怒りが発動すると関わるもの全てにエネルギー切れになるまで激怒するわけです。

そして怒り散らした後うつで動けなくなるんですから、本人もだし周りも恐ろしいたらありません。うつから起き上がったらまたキレて回りますし。

今わたしは服薬である程度コントロールできていますが、数年前の怒りはとてつもないものがありました。過去のブログ記事を読むと、そこまで怒るか?ってくらい怒ってます。尋常な精神ではありません。

 

 

精神科医と合わない理由もここにあります。気に入らないととにかくキレる、話を聞かない、病院にも行かない。このモードに入ると医者の言うことも聞きたがらなくなります。そして治療が遠のいてリバウンド…です。

こんな人間が社会的信用を得るのはとても難しい話ですし、長い課題にはなりそうなのですが、今の私と付き合ってくれてる人たちには感謝しかありません。