金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

テレワークになってよかったこと

メンタルもフィジカルもよわよわワーカーの私ですが、テレワークのおかげでなんとか生き延びていると言ってもいいです。これがオフィスに毎日出社となっていては絶対に続けられていないです。自宅から仕事ができる、これほど楽で理想的な環境はありません。

 

横になれる

オフィスでは横になれません。楽な姿勢をとれない。常に周りに人がいるので気が抜けない。ずっとデスクに座ってパソコンを操作しているのはとてもしんどいし体力を消耗する。テレワークでは少し横になって休憩できるし、しばらく休んで体力が戻ってきたらまた作業できる。これは非常に大きかったです。8時間もデスクに座り続けるって、そもそも人体的にきついと思うんです。

 

楽な格好をしていい

テレワークなら部屋着にすっぴんで作業していてもいい。これがオフィスだとちゃんと服を着て化粧して…となるのでめっちゃめんどくさいです。やってることは家でも会社でも同じなのに、使うコストは会社の方がずっと大きい。そうなるとテレワークのほうがいくぶん省エネな勤務環境なわけです。

 

話が聞こえてこない

雑談に乗らないといけなかったり、好きじゃない話題が流れてきたりしたときのいらいらが軽減されます。自分の興味のないトピックは可能な限りシャットアウトしたい。無駄話ばっかりし残業してる人見ると意味分かんないです、その時間を仕事にまわせば定時で終わるのに…生活残業でもしてるのかって感じです。とにかくそういう人間関係に巻き込まれなくてすむので楽です。自分のペースで淡々とやれる。

 

通勤しないでもいい

一番は結局これかもしれません。満員電車に乗らなくってもいい。そんなことしなくても家で仕事ができるのが証明されてしまった。それなら通勤時間なんて非常に大きな無駄ってことです。コロナが落ち着いてもテレワークは定着してほしいです。前時代的な無駄だらけの時間は削減されていってほしい。オフィスに行かなくても仕事が成立するのであれば、わざわざ人であふれる駅なんて使わなくっていいんですから。

 

家事をやる時間がとれる

地味にこれが大きかったです。平日は疲れ果ててしまったので家事なんてろくすっぽできてしませんでした。平日は寝るだけ、土日でまとめて家事…そんなんばっかりでした。テレワークになってからは平日でも洗濯ができるし、布団を干せる。掃除機をかけられるし、お米を炊けるわけです。