金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

最近のこと…ラミクタール副作用の肌荒れ、治らないうつ、どん底

メンヘラしてます、もみじです。お久しぶりです。お元気に過ごされていましたか?わたしはもちろんボロボロです。いろいろあったのですが疲れすぎてブログ書く気力さえなかったので、、、やっとやる気が出たので最近のことを書きます。

 

ラミクタールの効果と副作用

f:id:cookieheart:20190223220414j:image

ラミクタールが始まりました。双極性障害のうつ状態に効果があるようです。皮膚炎などの副作用が有名なので注意してくれと…もともと肌も弱いし、皮膚炎とか嫌だなあ…でも背に腹はかえられぬというか、うつがひどすぎてほんとに部屋から出られない状態だったので、決死の覚悟でラミクタールを始めます。

 

ラミクタールを始めた結果ですが、最初は調子よかったです。たしかにうつは軽減しました。頭の上にいる黒い雲が消えたような感覚はありました。うつでもそうでもなく、かなりフラットな状態を取り戻していました。

ところが、2週間ほどして、怒りの感情が強くなります。不機嫌そうというのでしょうか。当たり散らしてしまい、他人に暴言を吐いたり、小さなことに異常に腹を立てたり、ものを投げたり、とにかくイライラしていて、なにかにストレスをぶつけずにいられない状態になりました。完全に不機嫌そうです。しょうもないことでも激怒してしまい、リアルの人間関係も壊しそうになり、スマホを投げ捨てるはめになりました。何をいいだすか自分で自分がわからなかったからです。

 

それからほどなくして、今度は肌荒れが出てきました。腕や脚を中心として、全体的にぶわーっと。顔が真っ赤になってマスクでも隠せなくなりました。皮膚科でステロイドやアレルギーの薬をもらいましたが、それを使っても治りません。赤いぼつぼつが全身に出て、痒いやら痛いやらで眠れないし、変な時間に目覚めるし、気持ち悪いしイライラするしでひどいありさまです。

 

結局ラミクタールをやめました。その結果、イライラはなくなりましたが、希死念慮が常につきまとっています。皮膚炎は、ラミクタールをやめても残っています。今後の治療については抗うつ薬の投与なども予定されています。あまりに状態が厳しいなら入院もありますが…正直入院したくない…お金かかるし…

 

終わらない暗闇

一言でいうならこういう状態です。そうとうつの繰り返し、薬をやめたり飲んだり、あれこれやってもいっこうに改善しない。昔の健康だった自分はどこに行ったのか。

最近は何を食べても気持ち悪くて、吐き気がしますし、寝てもすぐに目が覚めます。毎日なぜ生きなければならないのか、全く回復しない心と体をどうして生きながらえさせなければならないのか、本気でわからなくて、泣きたいですけど、もはや涙も出ません。

暗闇の中にいますが、しみじみと思うのは1人ということです。自分の苦しさなど誰もわかりはしない。寄り添ってくれなどしない。病気になる前は親しかった人も大勢消えました。自分などと付き合うメリットもないですからね。彼ら彼女らの脳内ライブラリから自分は「無益」として削除されてるんだろうと思うと、虚しくなります。所詮人間は冷たいし、平気で残酷なことも言う。

 

障害者なんだからそれくらい我慢しなよ、と言われました。強烈な差別意識です。私は彼らより劣る存在だから、彼らより軽く扱われて当然、それに異を唱える権利もない。それを健常者側から平気な顔で言っている。恐ろしい話じゃないですか?世界平和だの大きな問題じゃありません、個人の生活という小さな社会ですでに差別や軽蔑、「所詮障害者」というレッテルを無邪気に他人に貼り付けているのですから、そりゃ世界に争いは絶えないわけです。

 

人は残酷だし、冷たいし、自己責任ですべてを片付けて、それができない者など死んでも良い、そういうことを平気で言うし考えます。そうじゃない人もいるでしょうけど。わたしは障害者という立場をオープンにしようとクローズにしようと「所詮障害者」という暴言を耳にしながら生きなければならない。そんなのおかしい、学校で習ったはずだろうに、現実はこれです。メンヘラは気持ち悪いし、働けない人間は生産性が無いし、この世界で大人扱いもされない。住む部屋も見つからない、結婚もできない、働けない。

 

ラミクタールの話からだいぶそれましたが、わたしが言いたいのは、もう疲れきって、早く解放されたいってことです。体が動かない。頭が動かない。薬を飲んでも効かない。いっそ働くこともすべて諦めて社会のダニになったほうがラクなのか?いっそ…

 

生きる権利は万人にあるはずです。大犯罪者じゃない限りは。戦争のない国に生まれたはずなのにどうして自分はこんなに苦しんでいるんだろう。なぜマイノリティのレッテルを貼られて、頭の中を真っ黒に塗りつぶされながら毎日を過ごさなければならないのだろう。

 

本気で生きづらい。なぜみんなができることが、わたしにはできないのだろう。普通に暮らして働いて人として振る舞うことがなぜ、それさえもできないのだろう。

 

やはり私は欠陥品なのか。何かが足りないから今になってエラーが出たのか。遺伝子の失敗なのか。

 

前向きに生きたい。未来に希望が欲しい。

そのためには抗うつ薬が足りない。セロトニンが足りない。