金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

いま思えば躁鬱だったんだろうなって知人と、周りがどう対応するか

学生時代の知人に、いま思えば躁鬱だったんじゃないか?って人がいます。

当時は躁鬱の知識も少なかったので「なにあれ?」「さぼりじゃないの?」「てか意味わかんない」って声が大多数でしたし、わたし自身もそう思っていました。なんだあれ?っていうのが正直な感想でした。あれが病気だとしたら、完全に遊び病じゃないか、あんなんで許されるんだったら日本中病人になるじゃないか、って思ったりしました…当時は無知でした。

 いきなり複数の部活のリーダーになる

大学時代のエピソードですが、そもそも活動的な人でした。あっちこっちのイベントに顔を出したり知り合いがとても多い人でした。そのいっぽうで学業面は「?」なことが多いようでした。そもそも大学に来ていませんでしたからね。

そんなさなか、彼はいきなり部活を3つ立ち上げます。「この大学には●●が足りない!!」とか言って、メンバーを集めて、3つともにリーダもしくはそれに準ずる立場になりました。

はたから見ている立場としては「?」でした。理系学部だったのもあって、日々勉強や実験、研究に忙しいはず。ただでさえ不登校気味なのに、部活まで立ち上げてどうすんの?しかも「夏の全国大会に勝つ!!」とかやけにでかい目標をぶち上げて毎日のようにそれぞれの集まりに走り回っていました。いつ帰ってるの?いつ休んでんの?家なくなったの?そんな疑惑が出るくらいとにかくハイテンションでした。その反面、講義にはどんどん出てこなくなり、同級生も「あの人なに?」って思うようになりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

大学生起業家になろうとする

今でこそ珍しくもない話ですが、とにかく目の前のカリキュラムをこなすのに必死な学生が大半である中、いきなり「会社を立ち上げてこういうサービスを開始する!!地域活性化がなんたらかったら現代に足りないソリューションをなんたらかんたら」と意味不明な意識の高い戯言を垂れ流すようになりました。いよいよ病的になってきたなと思いましたが、同級生たちもあまり気に留めていなかったようです。もともと活動的な人でしたし、自分たちのことで忙しい時期なのに、やれ部活だやれバイトだやれ新規企業だとうるさい人の言うことなんて、聴く耳持たないでしょう。

 

家から出なくなる

f:id:cookieheart:20181216160507j:plain

ある日突然、いっさい連絡がつかなくなります。メールを送っても電話しても無理。家のドアを叩いたらよろよろ出てくるのが精いっぱい。抱えていたタスクはたくさんあったのに、それらのどれひとつも手をつけていませんでした。「はあ?!大会まであと一週間なのにこれを未提出どころか作成すらしてないじゃん!それやっとくって言ったの自分だよね?!」と周りが言っても「うん…うん…」と全く心ここにあらずというか、別人のようというか、あれだけ走り回っていたエネルギーがすっぽり抜け落ちてしまっていました。

結局ほかの人で部活などはまわっていたようですが、「意味わかんない…」とこぼしていました。自分からやるやるって言ってあちこちに行ってたのに、それのどれひとつも手をつけずに家で寝込んでいたんですからね。意味が分かりませんよね。

もちろん大学にも来なくなりました。部活にさえも来なくなりました。寝込んでるのかと思ってSNSを見たら、今度は「起業をめざす青年のつどい」みたいなのには足しげく通っていたようでした。わざわざ県外のパーティとかにも行っているようで、その様子がアップされていました。周辺人物、いよいよ困惑。大学にさえ来ないくせに、なんで遊んでんの?はあ?てか遊ぶ気があるなら、こっちの用事もやれよ!!!周りの怒りは強烈なものでした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 さすがにこいつおかしいわってことで、友人が精神科に押し込んだそうです。そこでうつだかなんだかの診断をつけられて、治療をしたそうですが…それ以降については詳しくは知りません。なんとか大学は卒業したようですが、転職を繰り返して、今は何をしているのか…なんせ留年ばかりだったので、同級生の友達もほとんど連絡がつかなくなったようです。

いま思えばあの人躁鬱だったんだろうなー。異常にアクティブだとは思っていましたが、そのあとの落ち込みと、またアクティブになり、落ち込む…そのループがいかにもバイポーラーです。

 

まわりはどうするか:焚き付けるな

嫌味でやってるのかよくわからないのですが「アクティブな●●さんが素敵です!」みたいなことを言いすぎると、躁鬱は真に受けて、「躁=正しい、素晴らしい!」と過信して、裸踊りをしすぎてしまいます。そしてバカ騒ぎした後はまたうつに落ちて死ぬだのなんだのうるさいわけですから…事情を知らない外野としては、「躁鬱」の「うつ」の部分は見えにくいわけですから「躁」がその人の本体と思いがちです。でも実際はそうじゃない…躁は躁で病的な状態です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

個人的に思うのは「妙に意識高いことを言い出す」「ポエマーになる」は躁のサインのひとつなんじゃないかってことです。SNS時代、やけに投稿が増えたり、中身のないうすっぺらい大言壮語ばっかり語りだしたら、それは躁が来ているんじゃないか…そういうことを思います。

躁のときは万能感があるので、自分の言葉にはとても大きな意味がある、自分の声をもっとみんなに聞かせたい、というジャイアン発想になります。こういうとき「素敵」「いいね」などと煽らないほうがいいと思います。躁をさらに悪化させかねません。

 

ふーん、へー、そうなんだ、ははっ(笑)

みなさんが、興味のないくっそしらける話を聞かされるときって、どんな相槌を打ちますか?上記にあるものをよく使うんじゃないでしょうか。

躁の人間が語る謎ポエムや、謎の行動も、こういう目で見たほうがいいです。真に受けても無駄です。聞く耳持ちませんから。自分が一番としか思ってないから、他人の意見なんて聞きません。俺の話だけ聞いてればいい、そういう心境です。なので、聞き流しましょう。「また変なこと言ってる」で流しましょう。いちいち聞くのは疲れます。どうせこのあとうつで落ち込むんですから…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

事情を知っている人なら、「いまちょっと躁に来てるんじゃない?」と声をかけてもいいかもしれません。ただ、うつならともかく、躁は高い確率で、「聞いてもらえません」。躁の自覚が当事者にない限り、無視されます。

もうそうなったら、実害が及ばないように、逃げることをおすすめします。わけのわからないことをしてきたら本気で警察などの介入も考えましょう。躁スイッチが入ったら、ひどい人は本当にめちゃくちゃやってきます。支離滅裂なことを言ってきますし、相手にするだけ無駄です。受けた恩は手のひら返しするし、期待してはいけません。非常に自分勝手に見えるかもしれませんが、実際そういう病気なので…仕方ありません。

躁鬱から被害を受けたくなかったら、近寄らない。彼らが話すことを真に受けない、心を許さない。

これは鉄則だと思います。自戒を含め。