金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

偏見のない社会を、といいつつ「うつ病」とか「メンヘラ」って結局気持ち悪いよね

うつアスペ会社員のもみじです。

前回の記事ではたくさんのご反響ありがとうございます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 メンタルが最低最悪の状態で書いたので、乱文でさぞかし見苦しかったと思います。精神的にかなり厳しく、リアルの方も荒れていたので、この一週間はとにかくあわただしかったです。頭の中を嵐が吹き荒れる様な…実際に台風も着ていたんですけどね。

 

あ、昨日は内定式だったようですね、内定者の皆さんおめでとうございます。

入社してからうつ病になるわたしのようなポンコツもいますが、絶対!!わたしのようにならないようにしてください。

 

relax-heart.hatenablog.com

 入社してからメンタル崩壊するケースも大いにありうるというか、そっちのほうが多いんじゃないでしょうか…わたしも何人もその例を知っています。どうか心の健康を甘く見ないようにして、健やかに過ごしてください。まあ健やかな人は、そもそもこんなブログ見ていないでしょうけど…

「メンヘラ」は気持ち悪いのか問題

f:id:cookieheart:20181002124624j:plain

ここ数週間でリアルの問題で悩みに悩んで、荒れに荒れて、怒りまくって考えたことなんですけど、どうも「メンヘラ」「うつ病」というのは、そうじゃない人からしたら、気持ち悪い、得体のしれない存在らしい。わたしたちは常にメンヘラカテゴリーの中にいるのでその違和感に気づかないのですが、そうじゃない人からしたら「異常」「まともじゃない」「気持ち悪い」というレッテルを貼られがちになっている気がします。

 

relax-heart.hatenablog.com

 最近よく指摘されるのですが「顔つきが怖い」ということです。厳しい顔つきをしているというわけではなく、目がどこを見ているのかわからない、何が言いたいのかわからない顔をしている、顔色が悪い、口がほとんど動いていない、意思が見えない…端的に言えば「病んだ」顔をしている、ということです…道端を歩いていても、たしかにわたしの顔を見た瞬間よけていく人が以前より増えたような気がします。だんだん顔つきがやばくなっている自覚があるんですよね。「顔が怖い」と言われることも増えましたし。プレコックス感とでもいうんでしょうかね?顔つきからね、不健康さがにじみでてきてしまっていて、薬を飲んでも隠せなくなっているようです…上司にも指摘されました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 そこで思ったのが「こういうやつが身近にいたら気持ち悪くないか?」「いや、気持ち悪いに決まってる」「常におばけみたいな顔した奴と一緒にいなきゃいけないと言われたら、メンタル強いやつでもやっていけないだろ?」ってことです。

一言で言えばメンヘラは気持ち悪い。理解されるものと思ってはならないということです。

 

「メンヘラだから関わらないほうがいいんじゃないか」

今までわたしはメンヘラであることにわりと開き直ってというか、「わたしは被害者なんだから何も悪くない」という態度で生きてきました。そうしないとやっていられないというか、なんでパワハラ被害者がつらい思いをしなきゃならないんだという怒りがあったからです。しかし最近のトラブルをきっかけに「メンヘラの私が他人とかかわること、それ自体が、他人にとって迷惑なんじゃないか?」と疑心暗鬼になるようになりました。

情緒不安定な自分が同じ課にいることが、ほかのメンバーにとっては迷惑かもしれない、というか迷惑だろう。何を言いだすかわからない、明日の体調も約束できないメンヘラがチームにいること自体うっとうしいだろう。知人や友達にしたって「あいつ病んでるからな」「できたら呼びたくないな」「遊んだらメンヘラがうつる」…とか思われているんじゃないか?という疑念が湧いて止まりません。メンヘラは嫌われ、気持ち悪がられる存在であり、「メンヘラじゃない」人とは関わっちゃいけないんじゃないか…そういう気持ちが止まりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 現実問題「メンヘラだから」と他人との接触を逃げることはできません。生きていくためにはメンヘラだろうと、なんらかの形でかかわっていかなきゃなりません…ただ、問題は「メンヘラって気持ち悪い」という感覚にぶつかってしまったとき、自分がどう生きるのが少ないダメージで済むのか…ということです。今回のトラブルは、要は「うつ病とか気持ちわるい」「メンヘラなんて気のせい」みたいな誤解のかたまりをぶっつけられたことによる私のブチギレだったのですが、もしかしたら今回みたいな事例はこの先も何回もあるかもしれません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ヘルプマークつけて優先席に座っていたら舌打ちされるような世界ですからね。そりゃもう、自分以外の弱い者にはみんな冷たい冷たい。ましてや症状がわかりづらいメンヘラなんて「甘え」「気のせい」「根性で治せ」みたいなことを平気で言うやつがうじゃうじゃいるわけです。ほかの病気ではそんなの言われないのに、なぜメンヘラだけここまでボロクソ言われなきゃならないんですかね?自分の理解できないものはとりあえず否定しておけ、ということですかね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 今回とくに思ったのは「自分にとって信頼している人」でさえ「うつ病は気持ち悪い」「近寄ったら病気がうつる」などのマイナスイメージを持たれていたことです。つまりうつ病>わたしだったんですよね。その結果「気持ち悪い」「怖い」などと言われたってことで…かなりこたえました。メンヘラが気持ち悪いなんて今にはじまったことじゃないのですが、それでもやっぱりきつかった。

親しくしている友人や知人も何人かいますが、彼ら彼女らにも同じように思われているんじゃないのか、そう思うと悲しくなります。私が何を言おうと「でもあいつメンヘラだから」「近寄るのやめよう」「怖い」「気持ち悪い」…そう思われてたとしたら、つらくなりますね。メンヘラなりに努力して他人とかかわる努力を続けてきたつもりですが、それ全部が「怖い」とかで片付けられてしまったら…本当につらいものです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 メンヘラは気持ち悪いかもしれません。しかし実際、誰もがなりうる可能性があり、現代では当たり前のように存在する疾患です。「気のせい」でも「あまえ」でもなく、実際に存在し、時間をかけて治していかなければなりません。れっきとした病気です。

理解できない、気持ち悪いと言われてしまうのが現状なのであれば非常に悲しいことですが…陰ひなたに生きて存在を伏せて過ごしていくのがメンヘラとして正しいありかたなのかもしれませんが…それでもわたしにはかすかなプライドがあるので…メンヘラだからと言い訳をしてどんどん社会から消えていくようなことは避けたいと思います。どうしてもだめだったら逃げますけど。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

「うつ病なんて心の弱い人がなるもの」「メンヘラなんて自分には無縁」そう思う人が今より減っていく社会になるのを見届けたいし、自分にもできることがあるなら、なにかやりたいなと思う今日このごろです。