金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

それでもたまにはみじめになる

考えても仕方ないのですが、同年代と比べて自分の人生はなんて遅々として進まないんだろうと嘆きたくなります。普段は考えないようにしてるんですけど、9月末とか年末が近づいてくると、今年もどうしようもなかったな…と思ってしまいます。

 

病気と言う面で考えるとセルフコントロールはそれなりにできるようになりました。仕事もバリバリではないけどゆるくはやれている。前の会社の頃ほど激務高給ではないけど、健康を大きく損なうことはないです。

 

ただこの年齢、アラサー…だと、男女ともに人生の転換点なのかなと思わされます。仕事で昇進したり、結婚したり、子供ができたり、家を買ったり…それぞれ大きなイベントがあります。何も経験してない人の方が少ないのでは?と思います、自分のまわりでは。

 

それに比べると、自分は発病前より進むどころか、周回遅れスタートしてるな…と時々考えて落ち込みます。結婚なんかできるんだろうか、したところで子供は持てるのか、持ったとしたら育てられるのか?我が子に何かが遺伝しないだろうか?一人で過ごすとして老後は大丈夫なのか?住める家はあるのか?やれる仕事はあるのか、食うに困らない金はあるのか、持病のコントロールはいつまでできるのか。親の介護は?土地や相続問題は?

考えると不安が尽きません。すでにこの年齢にして終活を考え出している。まあ双極性障害って寿命が60ちょいと聞いたことあるので、ある意味折り返し地点なんですけどね…

やっぱり病気になった時点で普通の人生からドロップアウトしたのかな、こんなことなら病気になったのも自覚せずに突っ走ったほうがましだったのかな、と後悔したりします。たぶんろくな結末になってないですけどね。

 

なんでがんばったのにあいつらより辛い目にあわなきゃいけないんだ、と思うこともあります。こんなことになりたくてがんばったわけじゃないのに…それも軽躁のシグナルだったのかもしれませんが。自分の身の丈以上のことをして失敗したんでしょう。もっと小さくまとまって生きていれば安定した幸せがあったのかもしれない。張り切りすぎて転んで致命傷を負ったんですよね。優秀な人たちに負けたくなかった。

 

この先どうやって生きていこう、と考えます。どうしたらいいんだろう?いつかはもっと先に進まないとならないのですが、今はそれをする勇気がない。新しい場所でまた拒絶されたらメンタルがもつ自信がない。かといってまた頑張ったら、どうせまた再発する。

悩みが多すぎて、誰に相談することもできなくて、頭を抱えています。一般的な幸せを求めることはやっぱり無謀なんだろうか。落伍者は落伍者らしくすみっこで生きてろってことなんでしょうか。

年末が見えてくると、ほんと気持ちが暗くなります。