金曜日の夜をめざして

一人暮らしのリハビリ中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

発達障害って昔からたくさんいたよね?最近生きづらすぎない?

最近、自分の子が発達障害ではないかと気をもむ親御さんが増えているそうです。本屋を見ると真偽もあやふやな「これをやれば発達障害が治る」系の本ばかり。少し話し出すのが遅くなれば発達障害なんじゃないか…抱っこをいやがる、目を合わせない…どうしよう、発達障害だったらまともに生きていけない、この子の未来を思うと可哀そうで…みたいな声を見ることがあります。

当事者としては複雑な気分です。

 発達障害って昔からたくさんいたよね?

最近トレンドですけど発達障害の人って昔からいましたよね?日本で発達障害がとりあげられたのなんてここ10年ちょいじゃないでしょうか(しかもあまり良い意味ではなく)

その10年ちょいに発達障害当事者が増えた、とはとても思えないので、昔からそういった人たちは生きてきた、そして子供をつくるなどして世代を継いできているはずです。ところがここ最近の社会の「定型」という枠から少しでもはみ出した人は異常、みたいな風潮のせいで、レッテル貼られまくりの状況って、なんだかなって思います。社会のスタイルが変わってきているから仕方ないんですけど、今ほんとに発達障害って生きづらいしくみになっているんですよね。生まれたころから療育をしっかり受けているこどもがどうなるのかは知りませんけど。

だって昔からいませんでした?「偏屈な職人」とか「頭がいいけど抜けている人」とか「気さくだけどしゃべりすぎる人」とか「そそっかしい芸術家」とか。あの辺の人たちって今だと絶対診断されてるんじゃないか?って思うんですよね…特にアーティストと呼ばれる領域の人たちとか、何かない方が不自然じゃないか?って人が多い。

でもそんな人でも「変な人」どまりでなんとか生きていけたんでしょう。たとえば最近「おっとり」とか「のんびり」って言葉さえもADDを匂わせるから教育では使わない、みたいな話を聞いたことがあります。恐ろしいですよね。人よりちょっと挙動が遅いだけで発達障害扱いですよ。「わんぱく」「やんちゃ」「おてんば」もネガティブなニュアンスらしくて、もうわけがわからなくなります、定型とは何か?医学的に、社会が求める定型の人間とはどういうものなのか?疑問に思ってしまいます。こんなこと言ってたら完全に定型な人間なんていないでしょ。

 

確かに子供時代から大変だった

アスペとADHD確定の私ですが、確かに生きづらかったです。子供のころは発達障害って概念がほぼありませんでしたし、親だってどうにかしようと思わなかった。「ない」ものをどうこうしようとしても難しいですからね。

普通級で高校を卒業して大学まで行きましたが、とてもじゃないけどまともな人生ではありませんでした。極度のコミュ障だったし、変なこだわりが多かったし、意図せず人を怒らせることが非常に多かった。また異様に不器用で、運動もまったくできなかった。団体競技のルールがわからず迷惑をかけた。その日々の積み重ねにより、自己肯定が育たなかったのは事実です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 じゃあかといって最初から発達障害の子として育てられてたらよかったのか?って言われると…即答に困るところがあります。どういうことかというと、非常に強い劣等感が逆に「なにくそ」という気持ちを起こし、前に進むエネルギーに替わったところがあるのです。強いコンプレックスが生きるエンジンになったといえばいいでしょうか。最初から「普通じゃない」ことを受け入れられたら、生きやすくはなったかもしれないけど、今の自分の築いたものは無かった、だろうと思います。まあ二次障害で双極性障害が出てきたのでもうめちゃくちゃの人生なんですけどね…

 

現在の医学水準で考えると、私は子供のころで既に発達障害ブラックです。幼少期をふりかえると発達障害の模範的行動を取りまくっていたので、押しも押されもせぬアスペとADHDです。よくこんなんでいじめとか不登校にならなかったな、と思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 自分はいつも周りの水になじめずに生きてきた。医者からは「なじもうと思わなくていい。仕事ができなくてもいい。仕事ができなくても許される可愛いキャラになることを目指せ」って言われました。可愛いキャラ…愛されキャラ…そんなのを狙ってできるんだったら、それ発達障害じゃないでしょ…役者でしょ…私がそれしたら失敗はするわキャラはうざいわでどんどん居場所を失っていくやつです。

子供時代から確かに苦労はありました。この先もきっとあるんでしょう。

 

それにしても最近生きづらい

発達障害の認知度が上がって市民権を得たことじたいはいいことなのですが、やっぱりネガティブな印象は持たれるし、当事者や家族が「果てしなく生きづらい」事実は今のところ変わらないじゃないですか。そこでなぐさめのように「発達障害は天才が多いから」と言われても参考にならない。「発達障害は美形が多いから」って言われても参考にならない。アスペルガーに美形が多い説は本当にあるそうですよ、全員がそうかは知りませんけど。私がどうかは聞かないでください…

 

relax-heart.hatenablog.com

 「発達障害と言うものがある」それは認知された、じゃあ次のステージとして「発達障害の当事者・家族が生きやすいしくみづくり」ですよね。これが難しい。障碍者雇用でどうにかなるっしょ?と思われるかもしれないが、そううまくいくだろうか。私のように二次障害を併発してる人間は週5フルタイムでもきっついし、職場が発達障害の特性を理解してないのであれば、障害オープンで就職しようと意味がない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 日本の障碍者数はいよいよ900万人を越え、そろそろ人口の1割が身体・知的・精神障害になってきそうです。これはもう無視できない問題でしょう。老年ならともかく労働人口に関しては、どうにかしないと…この精神障碍者増加の裏にあるものも、発達障害の認知度上昇ではないでしょうか。大人になってから「もしかして自分って…」って精神科に行く人も多いそうです。

しかしこの逆もいます。知人には「自分は発達障害と自覚しているが、仕事や生活に支障がないので病院に行かない」人がいます。結局、生活が円滑に行われているのであればそれは「障害」ではないのでしょう。部屋が汚かろうと自分が暮らせればいいですし、仕事ができなくても雇用されて自分が何も思わないのであれば、それは問題ではありません。

昔はそういう人が多かったんでしょう。ちょっとゆっくり、のんびり、そそっかしい、天然、不器用、忘れっぽい、おしゃべり、落ち着かない、片づけられない……そういう人でも「個性」の範疇として処理され、現にそれでもなんとか生きてこれたんでしょう(もちろん裏には生きていけずひきこもりなどになった人もいるでしょう)

今って超生きづらいですよね。定型になるハードルが高すぎる。ちょっと年上の世代を見ても「あの人やばいだろ」って人はいっぱいいるのに、これからの世代は数々のチェック項目をくぐりぬけないと「定型=正常」のお墨付きをもらうことができない。なんか怖いですよね。多様性っていったいなんなんだろう、と思います。「正常」「障害」しかいない世界、っておかしいし、何をもって「正常」とするのか、「正常」を自称する人はどういう根拠なのか、疑問です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 話がそれますが、私は24時間テレビのチャリティ企画も大嫌いです。障碍者を使ってお涙ちょうだいしようとする下心が気に入らない。そして「自分たちは正常」と言わんばかりの「障碍者に優しくするとても素晴らしい私たち」スタンスが非常に気に入らない。昔こそ身体障碍・知的障害などの、言い方悪いですけど「テレビでわかりやすい障碍者」をテーマにすればチャリティにしやすかったのでしょうけど、SNS時代はそれを壊してしまった。「見えない障害」を持つ人があまりにも多いことがばれてしまった。

その状況で「障碍者にも優しくしましょう。愛は地球を救う」みたいな綺麗ごとを言ってアイドルを客寄せパンダにされても、お寒いだけなんですよねー。24時間テレビ双極性障害とか「天才じゃない」発達障害とか、見えない障害にフォーカスするなら少しは見直すんですけど。

 

結局何を言いたいかっていうと、人間って障害と正常の境目なんてグラデーションで、本当にどこからが「正常」なのかなんて、はっきり言えないと思うんですよね。定型って診断されていようとアホでどんくさいやつもいるだろうし、発達障害でもちゃんと授業を聴いたり友達がいたりもする。

でも今ってそういう時代ではなくて「正常」「発達障害」でくくろうとしている。あまつさえそれを使ってビジネスにしようって連中もいる。「自分は85%くらい発達障害」って言ってる絵本作家にはびっくりしましたよ。親の不安を煽った言い方なのかもしれないけど、それにしてもビジネスのやり方が雑。

たぶんそういう雑なカテゴライズではなく、一人ひとりに合わせた生き方が存在する社会が理想なんでしょう。だって発達障害のレベルがどんどん上がっていったら、今後生まれる子供の5割が発達障害!にもなりかねないじゃないですか。そこまできたらもう定型ってなんなんだよ、ってなるし「定型」「発達障害」でわける意味なんてなくなる。そうしたとき教育なり就職なりをどうサポートするか、専門家がもっと増えたらいいんだろうと思います。同じASDADHDでも症状の出方、重症度は人によって違うから。とりあえず療育行っとけばいけるだろ、で通用するのか疑問です。

 

自分が子供のころにあっさり「発達障害」側にふるいにかけられたら、今より幸福だったんだろうか、生きやすかったんだろうか?たまに考えますが、たぶんどっちを選ぼうとしんどいのは変わりないでしょう。ただ私の場合「発達障害だからさっさと療育してほしかった」とは思っていません。なので非常に生きにくいですが、自分を変えることはできないので、地道に日々を重ねていくだけです。

 

今後発達障害のシーンってどうなるんだろう。発達障害の子供はいらない!社会から排除せよ!みたいな動きになったら嫌だな。