金曜日の夜をめざして

一人暮らしのリハビリ中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

精神障害・発達障害の自分の就活、なんの取り柄もないことに気づき絶望する

いやもう…転職したいつもりで、その活動はしてるんですよ。エージェントとか使ったり派遣を検討したり、在宅ワークも始めたり、少しずつやれることが増えている、と思ってはいるんですよ。いつまでも無職でだらだらできたらそりゃいいですけど、いつまでも履歴書まっしろだとあれだし、少しは世の中に出たほうがいいのかなって気分なんですよ。

ただもう…履歴書とか職務経歴書とか書いてると物悲しい気分になりますよね。自分てほんと取り柄が何もないんだなあって暗くなります。

 取り柄がない。マジで

自分の周りはハイスペの人が多くて、彼ら彼女らの取り柄はいくらでも思いつきます。正直、自分ははるかに劣っていると常に思います。バイタリティ、器用さ、コミュニケーション、耐久力、パソコンスキル、専門性、協調性、呑み込みの早さ、チームワーク、語学力、……何もない…何を書けばいいのかわからない…

何を売り出せばいいのか、そもそも自分は何が強いのか、全然わからない。健康面はぼろぼろ、コミュ力もない、馬鹿だし集中したかと思えばすぐに疲れて倒れる。かといって主婦とかそっち方面も無理。家事も苦手だし異性が魅力を感じる要素もまったくない。自分ってまじで世の中に需要がないんだなって落ち込みます。

つまり社会人としての性能もないし、女性としての性能もないし、専門性(それこそ発達障害の凸部分)もないし、こういうタイプの人間はどうやって生きていけばいいのか、マジでわからなくて、混乱しています。自己PRとかあるじゃないですか、何をPRしたらいいの???

 

新卒就活はハッタリで乗り越えた

新卒就活も大変でしたが、あれはもう自分を盛りまくることでなんとかやりました。しょうもない人間なのにまるですごいことをやったかのように語ることで、内定は出ました。私は典型的な「最初がピークでどんどん人望を失っていって居場所が消えていくタイプ」の人間なので、そういう意味では就活は良かったのかもしれません。

ただ転職になると前職でどういうことをやっていたか、社会人としてどんなスキルを習得してきたかが大切になります。書くべきことがないんですよ…過労とパワハラの中でやった仕事なんて、あんなの仕事にカウントしたくもないし、あれと同じハードルを求められたら絶対無理ですし。TOEICスコアも有効期限が切れてしまった。

書類を一人で作っていたら、まじで悲しくなってきて涙が出ています。どうしてこんなに使えない人間なんだ?いつからポンコツになった?あ、生まれた瞬間からか?どこに行けばいいんだ?自分の力があるとしたらどこで活かせるんだ?

困惑しかありません。ひとことで言えば社会不適合者。あーこういうタイプが適職診断で「フリーランス」だの「アーティスト」だのに向いてるとか言われるんじゃないの。もうそういう苦し紛れの診断いりませんよ…社会の枠にはまれません、って言われてるのと同じじゃないですか。

 

自閉症特性を活かした国もある

最近のニュースで驚いたのはこれですね。自閉症のとびぬけた能力を軍事的に利用するという、イスラエルの政策。

hattatsu.blog.jp

 

戦争どうこうの話は別として、自閉症の持つ常人離れした能力を活用する取り組みが国ぐるみで存在する。よくいわれる発達障害の凸部分を利用したパターンですよね(逆に、悪用されるケースもあるそうですが…自爆テロにわざと精神障碍者を起用するとか)

精神科で働く知人いわく、統合失調症なり知的障害なり自閉症スペクトラムなどまあいろんな人が入院していますが、彼ら彼女らは明らかに「常人より高い」芸術的能力、記憶力、空間認識能力、計算能力を有する率が高い。歴史を塗り替えるような天才と呼ばれる人物がしばしば発達障害などと言われますが、それもあながち間違いではないと。社会性などの凹がある代わりに、別の能力で凸が存在する。それを極めると某企業CEOや某芸術家のような「天才」に育つと。

 

自分って中途半端だと思います。普通になりたくてもなりきれずに「変」と言われるし、かといって「変」に振り切る勇気もない。社会で生きていく図太さ、図々しさもないし、ひとりで生きていく強さもない。ただ障害のデメリットを受けているだけ。自分の凸部分ってなんなんだ?本気でわかりません。アラサーになるまで生きてきたけど、自分のいいところがまったくわからない。

 

性格はめちゃくちゃ悪い。健康面も悪い。病気は治らない。頭も悪い、コミュ力もない。自分が他人より優れていると思える点がまるでない。凸の部分が見つからない。尖らせようにも先端が見つからない。

 

周囲への強い劣等感

ほめられたこと、周囲に必要とされたこと、役に立ったこと。思い出せません。常に怒られ、人より劣っていると言われ、言い返すこともできず「そうだよな、自分はカスだよな、なんで生きてるんだろう」と思って落ち込むことばかり。そんな人生を続けてきたので、自分という存在のメリットが全くわからない。

前職にいたころ…なんで自分、この会社にいるんだろう…この部署で何の役に立っているんだろう…お荷物なのになんでいるんだろう…まるで役立たずだったな…なにをやれていたのかまるで思い出せません。周りに迷惑をかけていた記憶しかない。おそらく周りも本当にうっとうしいやつだと思っていた。

何をやってもマイナスに判定されていた。怒鳴られ暴力沙汰まがいになるまで事態は悪化した。もしかしたら、自分がもっとタフでコミュ力があったら、あんなことにはならなかったのかもしれない。パワハラの嵐だったあの場所でも平気な顔で生きていたのかもしれない。もっと図々しければ、こんなことにならなかった。

 

自分が常に劣っているとしか思えない。他人より何が優れているのかなんて、まったくわからない。同期にしろほかの先輩や上司にしろ、誰でもいいんですけどみんな自分より優れていた。ゴミでしかない自分が生き残るために必死でがんばったんですけど、体が限界に達して倒れた。所詮そこまでだったんです。思い違いもそこまでにしろ、という思し召しでしょう。

 

ここまで書いて自分のいいところ、売りどころが見つからないか考えていたんですけど、本当にないんですよね。客観的に見て、自分のようなものを会社に入れたくないし、身近に置きたくない。才能もなければ健康もない、美貌もなければ生活能力もない。

だってよくある忍耐力だの持続力だのも、すぐに倒れては復職して倒れてを繰り返している人間にはなんの説得力もない。思い返すと、社会人としてろくな仕事してこなかったな…怒られたり迷惑かけたり、たぶん自分の知らないところでやらかしてたことも大量にあった。

学生時代と変わらないんですよね。自覚もなく周りを不快にさせて、やるべきこともやらず、それで眉をひそめられてることにも気づいていない。端的に言うとクズなんです。

 

これを障害の問題にするのかパーソナリティの問題にするのか、正直わからないです。パーソナリティならまだ改善しようがあるけど、障害だとどうしようもない。精神ジェットコースター&宇宙人マインドとかもうどうしようもない。自分のどこがおかしいのか自分でもわからないんですから。

精神科医に言われたことがありました。「自分の中ではこれだけできると思っていても、できないことが多いと周囲に見られるから、そのギャップであなたは精神的に苦しむ」と。今思えば、遠回しに凸凹があるから自分を高く見積もるなってことだったんだと思います。

 

しかしそれにしてもどうしましょう。考えても全然自分のメリットが見つからないんですよね。キャリアの棚卸とやらをしても、学生時代を振り返っても黒歴史ばかり。

みんなどうやって自己PRなんてしているんだろう。売るとこまじでないわ。