金曜日の夜をめざして

サバイバル中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

リチウムを飲んで「頭がぼーっとする」「馬鹿になった感覚」

躁鬱会社員のもみじです。

とにかく情緒不安定、挙動不審、手のひら返しはお手の物、人間のクズを突き通すような人生ですが、なんとか生きています。

躁鬱の目標はうつを持ち上げることではありません。抗うつ薬などでうつから浮上すると躁まで飛んでいってしまうので、それを予防するために気分安定薬を飲まなければなりません。

その代表がリチウムなのですが…リチウムはあまり好きではありません。

 

リチウムで頭がぼーっとなる

病気の症状なのかもしれませんが、とくにリチウムを飲み始めてから顕著になりました。頭が回らないのです。それまでは過集中でゾーンに入れていたのですが、リチウムを飲み始めてから、良くも悪くもローのままというか、一気に集中することができなくなりました。簡単に言えば馬鹿になった感覚です。

主治医に言いました、「昔は頭が無茶をしても大丈夫だったのに、リチウムを飲んでから、常に愚鈍になっていると思う」と。しかし主治医いわく「その頭が無茶をしてる状態こそが躁であり、躁があるならうつが来るから、そらを止めるためにリチウムを飲まなきゃいけない。躁の自分を本当の自分と思ってるならそれは間違いだ」と。

ふりかえると自分の人生で、馬鹿みたいに集中していた時期は何回もあります。いま思えばあれも軽躁パワーだったのでしょうか…とにかく行動的で、頭の中がアイデアであふれていて、なにも面白くないのにゲラゲラ笑ってて、やばい人でした。まあ、就活とかで軽躁になったのは、ラッキーだったのかも…軽躁のスピーク力高い状態のおかげで、就活に関してはなかなかの戦績でした。まあ結果はこれですけど。

たぶん軽躁というのはウルトラマンの3分タイマーと一緒で、期間限定のフィーバーなんですよね。で、それを基準にして「本当の自分はこんなもんじゃない」「まだまだやれる」とのめりこんでしまうと、あとでずーんとうつに落ちると。ややこしい病気です…なので、まずは「軽躁=本当の自分」という幻想を捨てて、とにかく気分の波を落ち着けることに集中しなくてはなりません。「やればできる」に期待していては、いつまでも治りません。

リチウムを飲んでから、すごく頭のきれが悪いです。英語とか仕事の用語とかもあまり頭に入らないし、TOEICの点数なんかにそれは顕著に現れていますし…変にハイにならないために仕方ないんでしょうけど、つねにぼけーっとしているのはなんか、心苦しいものがあります。

 

口さがない人たち

やっぱり聞こえてきます。「あの仕事をあの人に任せたいんだけど、あの人ボーッとしてるから…」「作業の速度も遅いし…」「すぐ離席するし…」「誤字脱字多いし…」「指示したこと忘れてるし、メモも間違えてるし…」「ぶっちゃけあの人にやらせるより、自分がやったほうが早いんだよね」

わたしではない、精神疾患の人への職場のコメントです。非常にまじめで嫌われるタイプではないのですが、知識のない分野に放り投げられ(上長がもてあましたので、追い出し部屋のようなとこにぶち込んだ)新しいことを学ぼうにも頭がぼーっとして入ってこず、慌ただしい職場のスピードにもついていけず、結局その人は辞めました。

精神疾患の復職をサポートするといっても限界があるんでしょう。通常のチームを運営するだけでも上長は必死なのに、使いづらい精神障害者に仕事を与えなければならないんですから。マニュアルでもあればラクなんですけどね…うちはそういうの一切ないので、メンタルで病んだ人は、だいたい辞めていきます。職場の理解はまだ弱いほうですね。

今回の件を聞いて、私は、今後は精神疾患をオープンにして就活したいなと思いました…精神クローズで働くの、すっごいつらそう。健常と同じ仕事をするから、残業も当たり前だし、それで健常と同じパフォーマンスができるなら別だけど、たぶんできないし…

リチウムを飲んでから頭がぼーっとしているわたしは、過集中になかなかなりません。軽躁の集中パワーが100だとすると、いまは20くらいしかありません。だけど、主治医に言わせれば「それを維持することが、躁鬱の寛解の近道」だそうです。やっかいですよね…

メンヘラクローズだとまたしてもメンヘラ悪化してしまいそうなので、オープンで就活できたらいいかな。特例子会社とか、障害者よりの会社もあるみたいだし…身体が多いんだろうけど…

わたしは働くことは好きではありませんが、頭と体がちゃんと動くのであれば、正常に生きたいと望む者です。もう新卒の業界のようなハードワークブラックワールドには絶対戻れません。たしかにお金は多少あったかもしれませんがそれで病気になったわけですから、ほんとなんの意味もありません。目先のお金にとらわれて就活なんかしたらいけません。あいつら(人事)綺麗事しか言わないから、ほんと。

リチウムを飲みながらの今後の人生の課題は「ぬるく生きる」です…自分を厳しく責め立てる環境に身を置くと、何度でも再発してしまう。ただでさえ再発率高いのに。だから、できるだけ自分に甘くする。もちろんやることはやるけど、ハードル低めに生きていく。そうしないと、また軽躁爆弾が破裂しそうで、恐ろしくてなりません。人よりキャパが狭くて、ほんとに生きづらいし厄介でめんどくさい人間ですが、そうしないと生きていけないことがうっすらわかってきたので…わざと自分にヌルくする、軽躁トリガーに触れない生活を送る、ことを心がけます。

 

転職も考えていますが…ゆっくりやっていくしかありませんね。ハローワークだけに頼らず、いろんなところから情報を集めて、フリーターや既卒でも大丈夫なところを使ってみるのもいいと思います。いまは景気昔よりマシですしね。

 

しかし…これからの生活とか、解決しなきゃいけない問題山積みだな。