うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

イフェクサー減薬で案の定頭痛とシャンビリがきつすぎる

皆さんお元気ですか?

わたしはもうむちゃくちゃです。うつアスペ会社員のもみじです。

もう元気とかそういう次元じゃないくらいしんどい。この闇に出口はあるのか、ほんとにしんどい。病院に行っても薬を飲んでも解決しない。

頭の底にべったりと張り付いたこの黒いかたまりはいつになったら晴れるのでしょうか?ほんとに苦しくて、過呼吸で倒れたり、薬飲みまちがえたり大変です。

 

イフェクサー減薬

イフェクサーを減薬しています。もう何回同じことやってるんだよなんですけど…主治医がいうには、やはり双極性障害には抗うつ薬はよろしくないから、最終的にはすべての抗うつ薬を切って、リチウムだけでコントロールできる状態を目指したいと。いや、目指すのはわかるけど、これ何回やっても失敗してるんですよね…以前はイフェクサーからリフレックスに変えて、強いうつで終了したし、それからリチウムを始めたら希死念慮で発狂したし、イフェクサーをかなり使わないと、うつが収まらないんですよね…セロクエルを増やしているのですが、100mgでもイマイチだなーです。セロクエルがうつに良いとは効くのですが、慣れてしまったのか、あまり体感はありません。それともセロクエルを抜いたらありがたみを実感するのか…

 

とにかくイフェクサーの断薬を目指しているのですが、まあ当たり前ですがうまくいきません。シャンビリが痛すぎてつらい。頭痛で頭が壊れそう。手足がガタガタ震えてうまく歩けない。ストローもペンも、手にしたものはみんな落としてしまう。ものすごい気分の落ち込みと、希死念慮と、頭壊したくなるほどのイライラ、焦燥感で、やばいです。年々怒りのスイッチが入りやすくなっていて、暴力衝動が強まっています。

 

冬季うつ?

季節が季節なので、やはり冬季うつも重なってしんどいのかなと思います。例年、この時期に元気だったためしがありません。やっぱり夏に躁、冬にうつの法則は正しいみたいです。もう真夏以外は超しんどい。まっくろのコンタクトをつけたみたいに、視野が非常にせまい。のどが詰まって息ができない。呼吸をしても、1割も肺に送り込めてる気がしない。

最近歩いてても倒れる頻度が増えています。ヘルプマークをつけています。倒れたら、とりあえずタクシー呼んで、駅か自宅に運んでもらいます…もう歩いているだけできつくて、日常生活が難易度高すぎて、なんかもう療養したい。きつい。なにも考えたくない。

 

冬という季節じたいは嫌いじゃないんです。クリスマスとかお正月とかバレンタインとかイベントが多くて、楽しいことが多いし、個人的には暑いより寒い方がまし。ああ、でも電気代が冬は高いのがしんどいな。

冬は嫌いじゃないんですけど、ほんとに気分がしんどくて…昔から冬は落ち込みがちですが、やはり今年もきつい。双極性障害になってから毎年きついです。じっとしてるだけでなにがそんなにしんどいの?って思われるでしょうが、ただそこにいるだけでも、うつの雨雲が頭上にきて、目の前をまっくらにするんですよね。全身が痛くて仕方ないし、考え事しようにも頭が動いてくれないし、感情は喜怒哀楽のうちの怒りと哀しみしかないし、もう…きつい。イフェクサー増やしてくれないかな。冬限定で抗うつ薬増やしてくれないだろうか。双極性障害に抗うつ薬がダメだってわかってるけど、やっぱりしんどい…

 

しんどいしか言えない

頭が壊れそうです。ぼーっと大きな雲につつまれて、まともに前が見えません。正常な思考ができません。判断もできません。日に日に体がおかしくなっていくのを感じます。

仕事はまもなくやめますが、それにしても、このあと、どうしよう…もう仕事したくない…同じ職種に戻ったとしても、ちゃんと働ける自信が無い…治療をしないとどうにもなりませんが、この先が不透明ですね。バリバリ働くのはもう不可能です。絶対再発するから。自分の頭にある爆弾をかかえながら、それが爆発しないように、どうやってバランス保ちながら生きていくのが正解なのか…まだわかりません…もっと長く病気と付き合っていけばわかるようになるのか…わからないです…いまはまだすべてがわかりません…なにが正解なのか…

 

同年代の結婚式とかの写真がSNSにあがったり、報告を聞いたりすると、おめでとうとコメントを送る裏で、「わたしはこんなにくるしんでいるのに」というどす黒い感情が渦巻いて止まりません。なぜわたしにはこの病気がついてまわるのでしょう。わたしがなにをしたから、こんなに苦しまないとならないのでしょうか。当たり前に普通の生活を送ること、それはそんなに贅沢なことでしょうか、わたしの身に余ることだったのでしょうか。

分かっています、人それぞれ悩みや苦しみがあって、比べても仕方ないこと、みんなしんどいこと。わかっています。メンタルクリニックに通い始めて一番びっくりしたことは「普通」の人たちがたくさんいたことです。見た目病人じゃないような人がびっしりと待合室でうなだれている。スーツを着たビジネスマン、働く女性、学生、親子…普通に見える人たちが、それぞれしんどい問題を抱えています。

f:id:cookieheart:20181112174800j:image

それにしても、わたしはいつまで苦しまなければならないのでしょう?回復はしているのでしょうか?寝たきりのころと比べれば…だましだまし生きることはできているかと思いますが、それでももう、普通の社会人には戻れないと思います。障害オープンで就労したところで、どうせ社内ニートでフルタイムなのかな?それはそれですごくしんどいな…

 

お金の問題もあるし、今後の生活のこともありますし、悩みはつきません。保険会社の人にライフプランを考えて~って言われましたが、無理!!ってなりました。だって、何年か前は、自分が双極性障害と発達障害で苦しむことになるなんて、予想だにしていませんでしたよ。だから、未来を想像しても、ムダなんです。次はなにが起こるのかわけがわからないし…人なんていつ死んでもおかしくないし、幸せは崩壊するし、健康は奪われます。

 

なんか、宗教にはまる人の心理がわかった気がするんですよね。現実が苦しすぎると、どこかに救いを求めたくなるし、信じることで救われる、というものがあるとするならば、そこに縋りたくなるのも、一理あると思うんですよ。そして、宗教を信仰することで、結局生きる力、死なない勇気、この世への希望を持つことができるのであれば、それはその人にとって、ハッピーなものなのではないか…と思うんです。まあ、他人に押し付けたりするのは良くないですけど…

もう、寄りかかる場所が欲しいんですよね。生きていることがとてもつらい、毎日が苦痛に満ちている。病気になる前の、仕事や日常生活に関する愚痴が、非常にささいなことのように思います。やれ誰々がムカつくとか仕事しないとか、彼氏がデートを遅刻するとか…ほんとにどうでもいいことです。死にたいの前にはかないません。どうでもいい愚痴を言えていたあのころは、元気だった。

いまは、共感されないことがとてもつらいですね。仕事の愚痴とかなら皆共通ですけど、メンタルが辛くて仕方ないことは、普通の人はわかりませんし「病院行けよ」としか言いようがありません。わかっているのですが非常に孤独で、この先どうしようか、どうなるんだろうか、当たり前だったあの日々はもう二度と戻ってこないのか、と思うと、絶望で泣きだしそうです。

 

この季節柄、冷たい風が吹くと、やはり暗い気分になってしまいます。未来はない、と思ってしまいます。どうすれば乗り越えられるんだろう?苦しい、とても苦しい、でもそれを治す術は、現代医学には存在しないのです。

そういえば12月にストラテラのジェネリックが出るらしいですね。主治医が許したら飲んでみたいな。

 

まとまりのない文章ですが…要はとにかくつらいんです。目の前がまっくらです。だれか、元気になる薬をください。