うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

外に出られない、食事に出たくない、お風呂に入るのも嫌なうつ病1人暮らしの対処法

暑いですよね。

来る日も来る日も暑いですよね。

秋になるとうつが待っているのが知っていつつも、この暑さがもう苦痛で仕方なくて…とにかく早く過ぎ去ってくれとしか思いません。

こんな死ぬほど暑い季節に高校野球とかやるんですから狂ってますよね。絶対やりたくない。応援にも行きたくない。

うつ病がきついと外に出られない、身の回りのことができなくなる

f:id:cookieheart:20180730214857j:plain

うつ病あるあるですが、症状がしんどいと、外出できなくなります。もうなんというか面倒くさいんです。着替えるのも面倒くさい。化粧するのもつらい。髪の毛を整えるのもつらい。めがねをかけるのもつらい。靴を履くのもつらい。ドアを開けるのもつらい。なんというかずっと寝ていたい。ベッドの上から動きたくない。もう何もしたくない。1人暮らしだったりするともう大変です。食料を買いたくても、体が動かない。かといって代わりに買ってくれる人もいない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 身の回りのこともどんどん手抜きになっていきます。部屋が散らかっていきますし、洗濯物がたまっていきますし、おふろにも入りたくなくなります。冗談じゃなくお風呂が邪魔なんですよね…入らないといけないこともわかっていますし、風呂に入って後悔した人はいないという名言もあるくらいなんですから、風呂に入るのは素晴らしいとわかっているのですが…うつがきついとこれもきつい。湯船にお湯をはるのもめんどくさい。シャワーに行くのもめんどくさい。服を脱ぐのがめんどくさい。服を着るのもめんどくさい。髪を乾かすのもめんどくさい。

 

relax-heart.hatenablog.com

 これが実家暮らしで家族がいるのであれば家族がどうにかいろいろ調達してくれたり家事のいろいろを代わってくれるかもしれませんが、独り暮らしだと…これがきついんですね…マジで独居老人の孤独死みたいなことになりかねません。お風呂に入らない、体が汚れる、汚いから外に出たくない、外に出られないから食事ができない、どんどん身の回りに関心が無くなっていく、そしてまたお風呂に入らなくなっていく…この悪循環です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 私の場合発達障害による先延ばし癖、「あとでいいや…」もしょっちゅうですので、それで余計身の回りのことをやるのが面倒になってしまいます。前の記事にも書いたように、「やる気があるとき」は一気にやるのですが、これを恒常的にするのが非常に難しいです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 こんなポンコツ一人暮らしが根性以外のやり方で生きていくにはどうしたらいいのでしょうか。

 

「出前館」を利用する

最近編み出した方法なんですが、「食事作るの面倒くさい、買いに行くのもいや、かといっていつものコンビニ飯もいや、ファミレスも飽きた、スーパーも行きたくない、自炊したくない」というときどうするかというと「出前館」を利用します。出前館は読んで文字のとおり、出前するサイトです。

demae-can.com

ピザやお寿司のお店が多いですが、1人暮らし用のお弁当を販売しているお店もあります。ここから注文します。クレジット決済にすれば現金のやりとりも必要ない。送料は少しかかりますが、金にこだわっている場合じゃありません。食事をケチって栄養異常になって不健康をこじらすくらいなら、出前を利用しましょう。多少待ちますが、1時間もあればたいていのお店は到着するでしょう。

 

relax-heart.hatenablog.com

 もちろん前提として、スーパーやドラッグストア、ホームセンター、コンビニなどで食料・飲料水を用意したうえでの話です。動けなくても食べられるものは常に備えておきましょう。おすすめはクリーム玄米ブランのような、楽に食べられて栄養がそろっているものです。カロリーメイトのジェリー版もいいでしょう。

 ちなみに私はクリームチーズ味が好きです。値段の割に食べごたえがありますし、栄養成分がそろっているのでおすすめです。たまにドラッグストアでセールしているのでまとめ買いしてみるのもいいでしょう。

クリーム玄米ブラン生活にも飽きてきたら、出前を利用するのもひとつの手段でしょう。食事宅配サービスを利用するのも手です。栄養管理が行き届いた食事が届きますからね…

 

食べ過ぎて太ったり、食べなさすぎてやつれたりしないように、自己管理が非常に重要です。

 

お風呂に入るのが嫌な時は「サボリーノ」シリーズを活用

最近目をつけているのですが、バラエティストアなどで良く見かける女性用コスメとして「サボリーノ」、これが一人暮らしのうつ病患者にも非常に役に立ちます。何がいいって「顔を洗うのもいや」「化粧もしたくない」「風呂に入りたくない」「さっさと寝たい」「動きたくない」メンヘラのこういう願望をしっかり叶えてくれるところです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 たとえば髪の毛って洗うときシャンプーとコンディショナー両方使いますよね。つまり2回髪の毛に何かをつけますよね。面倒くさいですよね。これがサボリーノのオールワンシャンプーなら「シャンプー~速乾ケア」までやってくれます。めっちゃ楽。これ一本で終わる。思ったより髪の毛もキシキシしませんし、一度使い始めたらやみつきですね。もう2回も洗ってられません。面倒くさすぎです。

 髪の毛も早く乾くようになった気がします…ドライヤーの時間が大嫌いなので、時間短縮は大切です。また、髪の毛を洗うことさえ面倒くさい人には、ドライシャンプーがあります。もう浴室に行く気力さえない人は、枕元にこれを置いて、頭に向かってプシューッてスプレーすればいいです。もちろん洗うのが一番いいのですが、応急処置としてドライシャンプーも役立ちます。

 

女性用ブランドですがもちろん男性も使えます。

そしてもうお風呂も無理、髪を洗うのも無理、だけど肌は荒れてるし体はべたついてるし…となってくると究極のズボラボディシートもあります。

お風呂をさぼれるシートです。スキンケアもできますし、シートのほかの面を使って体の汚れをふき取ることもできます。これ1枚でとりあえず全身のケアはできます。あとは下着の交換を死ぬ気でやれば、なんとか生きていけるはずです…ドライシャンプーとお風呂さぼりシートを枕元に置いておけば、どうにかなるはずです。あとは出前と宅配弁当を利用すれば、最低限どうにかなります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 実家にいるとか一緒に住んでいる人がいるのならばその人たちがケアしてくれるかもしれませんが、独り暮らしメンヘラにおいては、自分の怠惰がそのまま自分に跳ね返ってきてしまいます。誰もリカバリーしてくれませんからね…そういうときはこれらのアイテムや制度を利用していきましょう。障碍者手帳があったら受けられるサービスもあったはずです…自治体によって違うかもしれませんが。

 

relax-heart.hatenablog.com

 先延ばしがひどくて生活が成りたたなくなることもありますが…できるだけ人間の尊厳を失わない範囲で、これらの便利グッズを使って…生き延びていきたいと思います…「丁寧な暮らし」なんて無理です。生きていることに意味があるかはわかりませんが、死ぬことに意味があるとも思えません。とにかく目の前に続く日々をこなしていくだけです。