うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

うつ病がマジで苦しい時の対処法および辛い時にやってはいけないこと。勉強はするな

うつ病ってしんどいですよね。本当にしんどいです。

うつアスペ会社員のもみじです。

わたしはうつ病と診断されてから数年になりますが、最初の1年が一番つらかったです。どうしたらいいかわからないし…何が正解かわからないし…わけもわからず休職で会社を追い出されてしまい、頭が?マークだらけのまま家に帰り、意味もわからず寝ていました。「なんで自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ」と思いますし、世の中のすべてを憎んでいました。自分より健康な人のすべてを憎んでいましたし、テレビに映る元気な人全員死ねばいいというくらい恨みがこもっていました。

そんなうつ病ですが、しんどいときはどう過ごせばいいのでしょうか。

対処法1:とにかく薬を貰って寝る

f:id:cookieheart:20180719121211j:plain

やはりこれに勝るものはないと思います。脳が疲れているので、薬で休ませて、眠らせて、余計なことを考える時間を減らす。仕事とか将来のことから一回頭を逃げさせて、とにかく休養する。「なまける」のではなく「あえて休む」のです。これが結構難しいのですが、休むことを義務化することは非常に重要です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 自分を責めるかもしれません。「こんなことしかできない自分はクズだ」「職場に迷惑をかけている」「いないほうがいい」……しかし、そういう風に考えてしまうのは、あなたがクズだからではありません。脳が疲れているだけです。そう考えてしまうように、脳が壊れるとそうなってしまうのです。今はとにかく休みましょう。うつ病になるまで追い詰められている人というのは、かなりの時間の休養が必要になります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 こういうときはあえて決意して「何もしない」ことを貫きましょう。これは非常に重要なことです。暇になると人間「何かしなくては」という気になってしまいますが、ここは全力で「怠ける」ことが必要です。何もしないことが、休むために必要なのです。心療内科で適切に薬をもらって、適切に使って、休みましょう。ぐちゃぐちゃ考えずにいいから寝ましょう。

 

relax-heart.hatenablog.com

2:「自分は悪くない」と言い聞かせ続ける

うつだと何かと自責的になりがちです。特に休職や退職に至ったときは「自分はどうしてこんなことしかできないのか」「なんてちっぽけな存在なんだ」「社会に迷惑をかけている」と考えがちです。そういう自責的な考えが強すぎると、自殺や自傷行為につながりかねません。だから考えるんです。「社会が悪い」「自分は悪くない」と。

 

relax-heart.hatenablog.com

 だってそうじゃないですか。クソパワハラ上司とかクソ職場環境のせいでうつ病になったのだとしたら、あなたは悪くないじゃないですか。明らかにクソ上司や職場のせいじゃないですか。その職場で他にもメンヘラ化してしまった人が何人もいるのだから、完全にそこがおかしいです。異常です。あなたは悪くありません。そこが悪いのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ちなみにうちの職場はメンヘラ製造機で有名です。気づいたら何人もメンヘラになって消えていきます。復帰したと思ったらまた倒れていきますし…終わってますよね。誰かがうつで壊れていなくなってしまっても、誰もそれに気づかない始末。半年以上たってから「そういえばあの人最近見なくない?」とか言い出すくらいですからね。もうこういう職場で病まないほうが不思議です。意味が分からない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 だから、あなたは悪くありません。まず自責することをやめましょう。自分のせいじゃありません。運が悪かったんです。タイミングが悪かったんです。環境が悪かったんです。そう思うしかないときもあるんです。努力じゃどうしようもないこともあるんです。そういう時期だっただけです。あなたが悪いわけではありません。まずこれを何回も自分に言い聞かせましょう。無駄に自分を責めるのはやめましょう。

 

relax-heart.hatenablog.com

3:早く治そうと思わない

うつ病になった当初は「早く職場に戻らなきゃ」「1か月で治さなきゃ」とか思うかもしれませんが、うつ病は心のがんとも言われるように、簡単には治りません。誰ですか、心の風邪とか言い出したの。そんな簡単に治るんだったらこの地球上にうじゃうじゃいるうつ病患者はいったいなんなんですか。年単位の時間をかけても治らない人たちが大勢いるのはどう説明つけるんですか。

 

relax-heart.hatenablog.com

 わたしは見ず知らずの人にいきなり「メンタル壊れてるよね?」と見透かされたことがありました。正直めちゃくちゃ腹が立ちましたしなんて失礼なことを言うヤツなんだと言い返したくなりましたが、実際病んでいたので、言い返しませんでした。病んでいるオーラというのは簡単に取れませんし、実際すぐには治りません。わたしみたいに「治った」と見せかけて、季節によってまた落っこちて、あげく「双極性障害」に診断が変わる人もいますからね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 早く治そうと思っても治るものじゃありません。相当長い時間をかけないといけませんし、もしかしたらわたしのように「治らない」病気になるのかもしれません。残念だけどこれが現時点の事実です。双極性障害は今の技術では寛解こそしますが完治はしませんし、再発率も高いです。知り合いの双極性障害患者も何回も入院しています。そういう病気の可能性もあるのです。急いで治しても仕方ありません。慎重な検討が必要です。

 

relax-heart.hatenablog.com

やってはいけないこと1:ネットサーフィン

うつがつらくてきつくて思考力、判断力がバグっているときにやってはいけないことですが、独りでネットで情報を集めることはあまり良いことではありません。というのもネットの情報は正しいものも適当なものも溢れていますし、無意味にポジティブなものもありますしネガティブすぎるものもあります。要は「適切な情報」以外のものも多すぎるのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 たとえば病気当事者のブログにしたってそうです。半年で寛解した人を見れば「あの人はあんなに早く治ったのに自分ときたら…」と比べて落ち込みますし、10年単位でうつを患っている人を見たら「自分もあんな風になったらどうしよう…」とおびえてしまいます。他人と比べてもどうしようもありません…その人はたまたま早く治っただけ、治るのに時間がかかっているだけで、自分もそうなるという根拠はありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 このブログでも薬を飲んだ後の事象を記録していますが、あくまでこれは「私の身に起こったこと」を書いているのであって、一般論ではありません。たとえばわたしはリフレックスで太りますしメンタルが改善しませんでしたが、これは決してすべてのうつ病患者に対してそうというわけではありません。効く人には効くのです。そこを思い込んでい待ってはいけません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 メンヘラブログを書いている自分が言うのもなんですが、ネットの情報をうのみにしてはいけません。正しいことを書いていることは少ないですし、そもそも「正しいこと」がなんなのか…専門家でさえ言うことがころころ変わる世界です…ある本では「規則正しい生活が寛解への近道」と言っていますし、別の本では「好きな時間に寝てもいい」と言っています…どうにも怪しい世界なのです。だから情報を信じ込んではいけません。

 

relax-heart.hatenablog.com

2:勉強する、資格取得する

うつ病で休んでいるときあるあるなのですが、「休む時間がもったいないから勉強する、資格をとる」という意味不明な行動に走ってしまうのですよね。休むための時間なのに、なぜかそれで資格を取るぞとか言い出してしまう。そしてすぐ投げ出してしまう、あるいは試験会場まで行くのがしんどくてやめてしまう。そして「自分はダメだ」と落ち込んでしまう。あるあるです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 賭けてもいいですが、うつがつらいときの勉強や資格取得は役に立ちません。効果が六に出ません。そんなことをするのなら寝ているほうがマシです。頭が壊れているのに勉強しても全然覚えられるわけがありません。知人のうつ病の人は真面目な人で「次のTOEICで800点取る」とか言い出して勉強を始めて、そのまま行方知れずになってしまいました。TOEICの点数はお察しです。つまりそういうことなのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 余談ですが、わたしもうつ病になる前はTOEIC750点でしたが、病気になってからまた勉強しだして、再受験した結果、600点に落ち込んでしまいました。ちゃんと対策したはずなんですけどね…この数字、18歳のころと同じ点数なので、大人になっても進歩していない…と地味に凹みました。TOEICのようなスピード勝負は脳がついていかなくなっています。体力も厳しいし…勉強するとしたら寛解してからか、軽躁のフィーバーモードのときでしょう。

 

relax-heart.hatenablog.com

3:SNSを見る

特にリア垢。見ちゃダメ、絶対。他人の幸せを見て殺したくなるくらいムカつくから、絶対見ちゃダメ。わたしは知人の結婚ラッシュを見てリアルに吐きました。ウエディングドレス姿を見て祝福どころか中指立てたくなりました。だってそうでしょう、自分が死ぬほどしんどいときに他人の幸せなんて祝福できますか?わたしはそんなのできません。それほど人間ができていません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 趣味垢だったら情報収集や同士との交流に役立つかもしれませんが…リアルのフェイスブックやツイッター、インスタは絶対見ちゃいけません。あっち行きましたこっち行きましたこのパーティですイエーイみたいなの見るとほんと死にたくなります。リアルが充実している人たちを見ると殺したくなります。だから見ちゃいけません。他人は他人、自分は自分なんです。絶対に他人の幸せを見てはいけません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 他人は器用に生きられているのにどうして自分は…と責める理由になってしまうのでリアル垢は封印しましょう。私も半年くらいSNSは見られませんでした。攻撃的なコメントをしてしまいそうで怖くて、わざとログアウトしてパスワードも変えて、入れないようにしました。同じ理由で、知人の結婚式などにも行ってはいけません。結婚式当日近くになって「体調が悪いから無理」というのも失礼ですし、当日の祝福ムードの中にいるのはハッキリ言って屈辱です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 他人と自分を比べて落ち込んでしまう原因になるので、こういう「他人のめでたいこと」は目にしないようにしましょう。無駄に自分を責めて「だから自分はだめなんだ」と考えがちです。人は人。うちはうちです。だから他人の幸せなんてはっきり言ってどうでもいいんです。適当に「おめでとう」だけ言って寝ていましょう。結婚式なんか行かなくてもいいです。行ってもストレスで吐くから絶対おすすめしません。

 

relax-heart.hatenablog.com

無理しても意味が無いからじっとしてよう

「早く治す」方法なんてないと思います。しいて言うなら、薬を飲んで毎日寝ていたら、時間がゆるやかに、上下しながら体調を戻してくれる感じでしょうか…まあ私のようにうつから始まったのに結局躁鬱と診断されてしまったケースもあるのですが…とにかく焦って治そうとしても仕方ありません。特効薬なんて無いんですから。

 

relax-heart.hatenablog.com

 残念ながら風邪のようにあっさり治るものではありません。何年も引きずる人の方が多いのが事実です。しかし無理やり治そうとしても無意味なので、運命に逆らわず、なるようになるとしか思わないようにしたほうが楽です。そもそも、職場環境などが原因でうつになったんだとしたら、またそこに復帰したところで再発するのが目に見えるのです。現にわたしも再発しましたし…

 

relax-heart.hatenablog.com

 病気の程度によっては障碍者手帳を取得して障害オープン就職を目指すのもひとつの手です。クローズと比べて職場環境が整えてもらいやすくなりますし…まあ、手帳を取るほどの病状になる(?)には時間が必要ですが。自分が生きやすくするための手段として障碍者という身分を利用するのもありなのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 普通にはたらいて、普通に結婚して…みたいな「普通」のレールが正しいわけじゃありません。そんなレールの外で生きている人もたくさんいます。病気になったくらい、言ってしまえばなんてことありません。将来を悲観したくもなりますしマジつれーわと思うこともありますが、まあどうにかなると思いましょう。そう信じて毎日休みましょう。最近暑すぎるから無駄に動かずに寝ていましょう。間違っても観光スポットとかに行かないようにしましょう。本気で死にます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつ病になって思ったような人生を歩めず、いらだつかもしれませんが、最近思うことは「思い通りに行くわけがない」ということです。むしろ計画通りに進むことの方が少ない。いつどうなるかわからないのが人生で、いつ平常が壊れるかもわかりませんし、病気やけがもあるかわかりません。うつ病になったのもその中の一つでしかないってことです…ショックかもありませんが、徐々に受け止めて、日常のひとつとしてとらえていくしかないのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 生きるのしんどい日が多いですが、考えすぎず、なんとかやっていきましょう。