うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

発達障害だってヘルプマークを使っていい。ただ実際優先席に座れるかというと躊躇するという話

 ヘルプマーク。みなさんご存知でしょうか。

見たことある方いらっしゃるでしょうか?バスや地下鉄の窓に貼ってあったりするのですが、意識したことあるでしょうか。

徐々に全国的に拡散されているので、知名度もじわじわと上がっているところだと思います。

「見えない障害」を持つ人が使うのがヘルプマークです。発達障害や精神障害、てんかんなど、パッと見でわからないハンディキャップを持つ人が持ち歩くのがヘルプマークです。

ヘルプマークを使ううつアスペ会社員

 

f:id:cookieheart:20180711172251j:plain

見たことありますか?この赤いマーク。かばんに着けている人もいます。何回か見たこともあります。私自身、かばんにヘルプマークを付けて、いつも歩き回っています。マタニティマークほどは認知されていないのかな、というのが現在の認識です。マタニティマークを付けている人は増えましたが、ヘルプマークを付けている人は少ないですし、そもそもヘルプマークって何?って段階ですかね…

 

relax-heart.hatenablog.com

 有料ではありません。役所に行けば無料で配布されます。細かい疾患のことまで話す必要もありません。ネットで転売されていたりすることもあるらしいですが、わざわざ買う必要はありません。「いらすとや」さんのヘルプマークを印刷して、パスケースに挟んでかばんにぶら下げたらいいんじゃないでしょうか。私は直接役所に行って貰いました。細かい書類作業などは一切ありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 当たり前のことですがヘルプマークを使うことは恥ずかしいことではありません。目が悪い人が眼鏡を使うように、耳が悪い人が補聴器を使うように、自らの能力を補うためにアイテムを使うことは、ごく当たり前のことです。私は当たり前にヘルプマークを持ち歩いています。もっと広まればいいと思っています。今のところ「そもそもこのマークって何?」「見たこともない」って人が多いですからね。

 

relax-heart.hatenablog.com

ヘルプマークだから優先席に座れるかというと…

たしかに電車の掲示物を見るかぎり、内部障害がある人は優先座席の対象です。ですので、発達障害や精神障害がある人間、つまりヘルプマークがある人は優先席に座ってもいいのです。理屈ではそうなのです。そうなのですが、実際…

 

relax-heart.hatenablog.com

 座りにくいです。なんというか、ためらってしまう。ヘルプマークを吊り下げておきながら、この長所を使うことを自分で躊躇してしまう。実際、そういうことになってしまうのです。

なんでそうかというと、例えば優先席も一般席もがらがらだと、一般席に座ってしまうし…一般席が満杯のとき、優先席は空いているけど高齢者や「見える障害」がある人しか座っていない…電車の通路は立っている人ばかり…このシチュエーションで優先席に特攻していく勇気が無いのです。私の場合ですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 前の記事で、ヘルプマークを付けていたら席を譲っていただけた、ということを書きましたが、実際このようなことは非常に珍しいです。わたしはこの1回きりです。それどころか優先席に座ると、やっぱり周りの眼が痛いです。できるだけヘルプマークが見えるようにして座っていますが、それでも「なんでこんな人が…」と言われているんじゃないかって不安になります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 そしてそれだけ気にすることも面倒くさいので、それだったらもう座らないほうがいいや…立ったままでいいや…あと数駅だし…みたいな心理状況になってしまうのです。権利としてそれを行使していいことは分かっているのですが、心理的な部分で「本当にやっていいのだろうか」と気持ちが邪魔してしまう。理屈で考えたら、精神障害だろうと発達障害だろうと「内部障害」を持つことに変わりはないのだから、優先席に座る理由はちゃんとあるのですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 解決策としてはシンプルで、2つあって、「一般席にしか座らない、あるいは立って過ごす」ようにしてヘルプマークの長所を消すか「周りがどんな目をしようと絶対に優先席に座る」だと思います。譲れるかぎり席は譲りますが、どうしても体力気力がしんどいときには優先席に座らざるを得ないときもある。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ヘルプマークを世に広めることを問題とするのであれば、優先席にはむしろ積極的に座るべきなのだと思います。バッグに着けている赤いマークをもっと見せつけなければならない。「座らなければいけない」事情があることを見せなければならない。「見えない障害」は自分から言わないと他人には伝わらない。ということは「見せる」必要があるわけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつとか発達障害というのは目に見えにくく、当人でさえ「これって障害なんだろうか…」「甘えなんだろうか…」と思ってしまうこともあります。疲れやすかったりすぐに落ち込んだり、全身が痛くなったり、やるべきことができなかったり、「自分はダメだ…」と思ってしまうことも多々あります。そんな中、ヘルプマークを使って「自分は見えない障害を持っている」ことをアピールするのは、実際、結構心苦しいものです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 しかし、黙っていても理解されるものではないので、社会に認知されるように努めていかなければなりません。生きにくい社会ですが、それを生きにくいままにするのか、少しでも「あり」と思える瞬間を増やしていくかは、自分たち次第です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ちなみに発達障害がある方やうつの方には借金玉さんの書籍が非常におすすめです。読みましたが、目から何枚もうろこが落ちました。「生きにくい」ことに非常に密接に寄り添って、なおかつ、実現可能な範囲のハックを紹介しています。「普通じゃない」人たちが生きるのにどうすればよいか、を非常に丁寧に書いてくださっています。

 紹介するまでもありませんが、ブログも面白いです。発達障害あるあるはまるで自分を見透かされているかのようで笑うやら泣けるやらで大変です。

syakkin-dama.hatenablog.com

 

生きていくことってとてもつらいですしうまいこといかないことも多いし、体が思うように動かないこともあります。気持ちがどん底にもなります。それでももらった命は使い切らないといけない…私は無宗教ですがそう思います。ちなみにうつだからって新興宗教とかマルチの勧誘はほんとやめてね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 生きづらい人生を変えるのは神でもなく教祖でもなく、薬と自分自身、サポートする環境だと思います。生きづらさを解消するために、アイテムの一つ、ヘルプマークを今後も積極的に使いたいと思います。