うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

うつ病から双極性障害へ。そして発達障害の診断。精神障碍者手帳の入手。今後のメンヘラの生き方

今週のお題「2018年上半期」

ほんとやってられませんよ。気づいたら1年の半分終わっているんですから。ついこの前カウントダウンTVの年越しコンサート見たはずなのに。もう2018年半分終わって、ピョンチャンオリンピック終わって、ワールドカップも日本代表の出番が終わって……私はこの間何やってたかって?メンヘラやってましたよ。一日も休まずにね。

うつ病→双極性障害へ

f:id:cookieheart:20180705235530j:plain

長らく私をうつ病として診察していた主治医ですが、4月くらいに「やっぱりこれ違うかも…」と口にし始めました。わたしが3月あたりに軽躁と思われるような状態になったからです。やけに元気、寝ないでも平気、動き回れる。頭の中がいろんなアイデアと音、言葉であふれ返っている。

 

relax-heart.hatenablog.com

 これを伝えたところ「やっぱり双極性障害なのかも」と言われました。単なるうつ病なら治っていくのを望めばいいのですが、双極性障害なら「元気」と「元気じゃない、うつ」を繰り返すわけですから「元気になった!これで解決!」とはいかないわけです。気分の波を抑えることがもっとも大切であり、気分を元気にすることが目標じゃありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 主治医には「がんばらなくても生きて行けるようにしなさい」「張り切ったら躁に走ってしまう。躁に行くと必ずうつに落ちてしまうから、エンジンをかけないように気をつけなさい」と言われました。元気になることがこの病気のゴールではないのです。これは最初戸惑いました…わたしは元気になることは「いいこと」とばかり思っていたのです。なので、過去、何回も思い出される「病的に元気だったこと」について、「あれはうつが治ったのではなく、躁だっただけ?」と思い、がっかりしてしまいました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつよりも解決の糸口を見つけにくい双極性障害に迷い込んでしまいましたが、どうにか克服の手段がないものか考えてみます。とにかく無理をしたらNGです。無理をしたら絶対に落ち込んでしまうので…がんばらなくても生きていける速度、それはどれくらいなのかを、調節している状態です。

 

発達障害の診断

知能検査の結果、発達障害の可能性がきわめて高いと言われてしまいました。あーあ…普通だと自分では思っていたんですけどね、あてにならないですね。テストの結果を聞く限り、普通の脳の人ではまずありえない数値らしいので、残念ながら凸凹は大きいとの判断で良いそうです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 しばらくはこれを受け止めるのに時間がかかりました。ただでさえうつでしんどいのに、これ以上問題が増えてたまるか、と思いました。しかし、時間が経つにつれ、自分の人生の生きづらさを思い出し、それの原因がもしかしたら発達障害にあったのではないか?と考えるようになりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 実際、普通の人のように生きられなくて困る場面はいくつもありました。変わっていると言われたこともありますし、極端に能力が劣っているところもありますし…最近知ったのですが、発達性協調運動障害の可能性大です。あのーほんと、死ぬほど不器用なんです。縫い物も編み物も全くできない。サッカーなんて何もできない。ボールに足が届かない。蹴ろうとしたら顔面キャッチ。

h-navi.jp

気づいたらいろんなものに激突するから駅なんて歩いてたらあざだらけです。なんなんでしょうね、視力は問題ないはずなのに…目で見えてる情報に合わせて体が動かないんでしょうね…びっくりするほど球技はできません。運動神経ない芸人とか見てると、時分の事のようで悲しくなります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 あと、空気読めなくて怒られたこと何回もありましたね。自分と他人の距離感とか、場の雰囲気とか、そういうのがわからなくて、仲間外れというかぼっちになったことも何回もあります。コミュニケーションを取らなきゃならないのは知っているのですが、どうすれば適切にそれができるのかわからない。正直今もよくわからないです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 会話がおかしいよ!!!と怒られたことも何回もあります。呪いのようにこういう言葉ってしみつくんですよね。変だ変だと言われて、じゃあ何が変なのか?と言っても「そこは察しろよ」と言われてますます「??????」になるわけです。他人にとってのあたりまえが長らく理解できませんでした。というか今もできません。とんちんかんなことを言っていないか、いつもびくびくしています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 余談ですが、上半期に失恋とかもありましたねー…まあうまくいかない予感はしてましたけど…そんなものですよねー…恋愛ってよくわからないです…いまだに…人を好きになる感覚も、人に好かれるというのも、よくわからないです。

 

精神障碍者手帳を入手

いろいろ考えましたが、メリットが多いということを鑑みて、手帳を入手しました。ちなみに家族には言っていません。いちいち許可を取るようなもんじゃないと思いますし、手帳を取ろうと取るまいと、実際の生活に大して変化はない…せいぜい電車やバスが安くなるとか、映画が安くなるとか、博物館に無料で入れるとか、それくらいです。オープン就職を検討できるのは大きいですが。

 

relax-heart.hatenablog.com

 障害者として生きていくのに一切のためらいがないと言うとウソになります。しかし、生きるためにはその手段を使うことも必要だと思います。日本は福祉が整った国家なのだから、それを利用しないと損だと思いますし。手帳も取っていいし、ヘルプマークを持ち歩いてもいいと思います。ちなみにこの前しんどすぎて倒れたら、全然周りに人が寄ってこなくて泣けました。ヘルプマークもっと流行れ。

 

relax-heart.hatenablog.com

下半期はどうするのか?

とりあえず今の職場を辞めると思います。これ以上はもうあかん。手帳を取っているので失業手当も待機期間なしに受け取れますし、ふらふらしながら次の仕事を探そうと思います…オープンで良い環境の職場が見つかるといいのですが…在宅ワークとかと組み合わせて生活していければいいな。

 

relax-heart.hatenablog.com

 不思議なもので、うつ病になる前は仕事をしないと生きていちゃいけない!くらい追い詰められていたのですが、今はもうどうでもいいんですよね。無職だろうとニートだろうと生きる権利はあるという当たり前のことを今更実感しています。オープン就職だろうとパートタイマーだろうと、とりあえず自分のメンタルが壊れないよう壊れないよう慎重に生きていかなきゃいけないと思っています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 この記事の時は手帳がないからアットジーピーが使えませんでしたが、今は手帳があるから使えますしね。企業説明会にも行ってみようと思います。まあ、フルタイム週5日ってきついですけど…

 

だいたい今の時代、今の会社にしがみついても一生安泰ってわけでもないですし…同世代はほぼ転職していますし…そりゃ今の会社が何があろうと70歳までお前の人生守ってやるぞ!って言ってくれるなら話は別ですが、そんなイケメン企業いまどきないでしょう。というか嘘くさい。

 

relax-heart.hatenablog.com

 自分の生き方は自分で決めなきゃいけない。会社や上司が決めてくれるわけじゃない。病んで気づいたことはそういうことですね…。

そういうわけで、下半期もメンヘラ活動を報告していきます。少しでも寛解に近づきたい。