うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

メンヘラの転職についてうつ病アスペ会社員が思うこと。急いで辞めるよりまず休職してみては

うつアスペ会社員のもみじです。

みなさん今日も生きづらいですか?私ももちろん生きづらいです。

まっすぐ歩いているのにぶつかるのはなんでなんですかね。

あ、物理的にって意味です。ものと自分の距離感をつかめないんですよね。

いつも壁とか柱、人にぶつかります。キャッチボールなんて一切できません。ドッジボールの勢いでぶつけるか、自分の手元にポト…と落ちるのみです。リフティングは一回しかできません(つまり最初だけ)

メンヘラの転職。病んだ時の判断はあてにならない

f:id:cookieheart:20180704190152j:plain

労働環境が悪い、人間関係が悪いなどの原因で心身を病んでしまい、もう動けない、働けない、無理だ…となってしまう。ここにいてももう自分はだめだ、潰れてしまう…そう思ってしまうとき、それ以上は働かないほうがいいです。病んでしまいます。わたしのようなアルティメットメンヘラ化してしまいます。軽度のメンヘラのうちに対処したほうがいいです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 だいたい、年功序列と終身雇用がまかり通っていた高度経済成長期の時代じゃあるまいし、もう会社はあなたを守ってくれないわけです。何かあっても自己責任。あなたに全部丸投げ。あなたの自己管理が悪かっただけ、それだけ。もしあなたの身に何かあっても、よっぽど劣悪な環境じゃない限り、労災なんかめったにおりませんからね。私も労災について相談したことがありますが、自分の状況では動かないほうがいい、という結論になりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 それならもうさっさと転職して今の環境を断ち切ってしまうというのも手段と言えば手段なのですが、ちょっと待ってください。今のあなたの状況は果たして「正常」でしょうか?病んでやけっぱちの精神になっていませんか?バランスが崩れていませんか?過酷な環境で追い詰められている人の考えることは、だいたい正常の世界を外れています。そういうことではなく、メンヘラが転職するのであれば、「まず立ち止まって自分を振り返る」時間も重要だと思うのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 昔から「うつの時に重大な判断をしてはならない」と言います。結婚、離婚、退職、転職、引っ越しなど……うつのときは判断力も注意力も落ちているので、正常では考えられない理由で動いてしまったりします。何もかもすぐに決めるのではなく、まず自分の体調をどうにかすることから、ひとつずつ改善させていくほうがよいでしょう。急いで転職してしまった先でまたしても病んでしまったら意味がありませんからね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 繰り返しますが、絶対無理をして働いてはいけません。死ぬほど働いても何もいいことはありません。人は、忘れる生き物です。あなたが死ぬほど働いても、忘れてしまうのです。人の中に、あなたは残りません。そんなもののために、あなたの命を懸ける価値はありません。あなたは、あなたのために生きましょう。

 

メンタルクリニックで診断書をもらって休職へ

個人的にいきなり退職するよりも休職することをおすすめします。休職期間中も傷病手当金の申請をすればある程度収入はありますし、休んでいる間に自分の人生について、今後についてゆっくりと考えることができます。そして何より疲れた心身を休めることができます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 とりあえず近所のメンタルクリニックを受診してください。ほとんどの病院が予約制だと思うので早めに予約してください。ほとんどのメンタルクリニックならうつ病関係をカバーしているはずです。

クリニックは怖いところではありません。綺麗で清潔で、静かなところばかりです。気に入らなかったら違う病院に行けばいいだけの話です。わたしも、病院の雰囲気が気に入らないという理由で転院したこともあります。待たされる時間も結構あるので、内装の清潔感、明るさも重要なファクターです。あと、ソファの質が良いところがいいです。予約してても人気病院だと1時間以上待たされることがあります。椅子が雑だと、待っている時間もイライラしていまいます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 診察では、今自分が困っていることを言いましょう。初診だとメンタルクリニックは診察時間を多めに取ってくれます。仕事のことやプライベートのこと、食事や睡眠、普段の生活で困っていることを言いましょう。正直に。隠しても意味がありません。「死にたいと思うことがある」なども、そう思うのならちゃんと言いましょう。言わないと伝わりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 症状を正確に伝えて、医師が休むべきと判断したなら、休職診断書を作成してくれます。これを受け取り、上長に提出してください。まともな上司ならまず受け取ります。というか受け取らない上司がいる会社とか終わってます。休職するときには、できる範囲で良いので、今の仕事の引き継ぎとか、書類の整理とか、デスクの整頓をしておきましょう。休職してからでは、オフィスに来づらくなってしまいますので…

 

relax-heart.hatenablog.com

 休職中はひたすら休んでください。仕事から離れてください。とにかく寝てください。わたしは最初自分がうつ病という自覚がありませんでしたが、どんどん悪化していきました。まずはとにかく休みましょう。

 

relax-heart.hatenablog.com

メンヘラの転職について

しばらく休んで、もう転職活動してきてもいいかな、医者のOKも出たな、ってころになったら、転職活動をぼちぼちやってみましょう。リクルートエージェントのような転職サービスもいいですし、メンタルに疾患がある人のための就労移行支援事業所を使って、徐々に社会復帰していくのもよいです。

私は精神障碍者としての手帳を持っています。これが何を意味するかというと「障害」オープンでの就職が可能になるということです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 障害者就職なので、通常の就職と比べて給与は落ちますが、障害があることを周りに知ってもらったうえでの勤務なので、ある意味楽っちゃ楽です。自分のペースに合わせた就労もしやすいです。アットジーピーなどのサイトが、障害者の就職支援に強いですね。

残念ながら、一度病んだ心身はなかなか戻りません…休職して復帰しても、また休職に戻ってしまうことがあります。治すには年単位の時間がかかります。失わないと実感を伴いませんが、健康は、非常に大きな財産なのです。誰にでも当たり前にあるように見せて、そうではないのです。健康であり健全であるということは、それだけで資質なのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 一朝一夕に改善するものではありません。焦らず、時間をかけて、じっくりと判断していくことが大事です。急いでもその場しのぎの手段しか出てきません。心身を病むということは、それまでのライフスタイルが自分に合っていなかったということです。ならば、どうしたらいいか?どういうスタイルに変えたなら、自分は生きやすくなるのか?それを考えさせるアラートが「病む」ということなのだと私は思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 無理を突き通すことが可能な人間と、そうじゃない人間がいます。わたしは後者です。無理してずっと働きづめる生き方をした結果、心も体も不可逆的に壊れてしまった。そうなる前に、早めに手を打ってください。健康の価値は、お金に換えられませんし、まして目先の給料やボーナスなんかで払えません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 心の病気はつらい道です。どうか重症化する前に対策を取ってください。そして十分な判断力が戻ったら、退職や転職など、適切な手段を取ってください。