うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

うつ病が治らないのは甘えと思うこともある。逃げているのか?怠けているのか?

うつアスペ会社員のもみじです。

知人がどんどん新興宗教やマルチにハマっているのですが、もう勝手にやってくれって感じです。あんなのに簡単に引っかかる人っているんですね…

ハマるのは勝手だけど他人を巻き込むのは勘弁してくれって感じです。それにしてもどこにでもいるんですね、この手の人たちって。

うつ病が治らないのは甘え?

f:id:cookieheart:20180703223416j:plain

今日、ふと思いました。

「わたしは病気なのか?」

「わたしは病気でいたいから病気を名乗っているだけであって、病気なんかじゃないのではないか?」

「うつ病というラべリングに甘えているのではないか?」

いつも通り抗うつ薬もろもろをのどに流し込みながら、ふと、思いました。

これを繰り返しても、寛解する日なんて来ないんじゃないか。

 

relax-heart.hatenablog.com

 もちろん薬のおかげで私は助けられていますし、薬を抜いたら強い離脱症状に苦しみますし、まともに活動することができません。ですので、受診して薬を飲んで、体調を整えることは大切なことなのですが…なんかこれを繰り返していても、いつまでたっても堂々巡りで、「寛解」にたどり着く日なんて来ないんじゃないかって、今日強い不安に襲われました。これを思うのはわたしの問題なんでしょうか、それともうつ病患者が良く考えることなんでしょうか…

 

relax-heart.hatenablog.com

 他の人のブログを読んだりしていて、薬を減らせたり、飲まなくなっていたりするのを見ると「私は大丈夫なんだろうか」と思います。減るどころか日に日に増えている。何かを減らしたくても、離脱症状が強すぎてまともに動くことができない。薬を飲んでいてもまともな生活は送れていないのですから、薬がなくなったらどうなるかは明白なわけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 飲みすぎなんじゃないかって思うこともあります。7~9種類の薬を飲んでいます。これに加えて、ストラテラやコンサータを始めたら、どうなるんでしょうか…ストラテラを飲んで、他の薬を減らせるのならいいんですけど、逆に副作用が出て、それを止めるための薬も飲むはめになったら…これはもう多剤併用の悪循環ですよね…

 

relax-heart.hatenablog.com

 なんだか自分は「薬で脳と体をいじられている」のであり、うつ病もろもろは後からついてきたのでは?と、精神医療じたいを疑いたくもなります…実際治ってないですし、医師が変わるごとに言うことがころころ変わりますし、発達障害なんてない!って言う人もいれば、いやあなたは典型的なASDですって言う人もいる。もうめちゃくちゃなんですよね。先生の方針で判断がいちいち変わるのであれば、そもそも「この状態」はなんだろうか。定義づけは先生の見方で変わるのであれば、わたしはうつ病ではない可能性もあるのか?

 

relax-heart.hatenablog.com

いつになったら治るのか、もうあきらめモード

こういうことを言ったらまた根性が足りない!とかやる気が足りない!とか非難されるのかもしれないですけど、「いつになったら治る」のかゴールが見えないですし、そういうものに対してこつこつ毎日やっていくのは、ちょっと心が折れてきます。明確な指標というのもありませんし…社会的生活を薬なしで営めるようになることを寛解と指すのなら、今のわたしは逆方向です。社会生活はどんどんできなくなっていますし、薬は毎回増えています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 そしてきっとあれでしょう、ちょっと薬なしでも元気になってきたと見せかけたら、それは双極性障害の軽躁で、すぐにうつに落ち込んでしまうという…これの繰り返しです。なんかもうぐったりしてしまいます。このループを何回やればいいのかと。これで私は前進しているのだろうか、むしろ病気を言い訳にどんどん逃げているのじゃないか、と悲しくなります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 時間は流れています。悩んでいようと楽しく過ごしていようと…それなら病気のことなんか気にせず楽しくすればいいじゃないか!と言うかもしれませんが、そもそも「楽しく」感じる能力が低下していることが弱みでもあり、「そのときだけ楽しかった」としても、後日の体力の激しい消耗が問題です…なんか、年々HPゲージが少なくなっているのを感じます。歳なのか…

 

relax-heart.hatenablog.com

 実はうつ病とか発達障害とか全部甘えで、本当は病気なんてかかっていないんじゃないかって思うこともあります。あまりにも前に進まないから。ここ数年、時が止まったようです。何も前に進んでいない。進もうとしても足止めを食らって逆戻りしたり、押し流されたり。未来をべたーっとした黒い墨で塗りつぶされたかのようで、どう先に進んだらいいのか、もうわかりません。薬も減らせないし、体調は悪いし、社会生活は送れなくなってきてるし、老けたし、太ったし、お金もないし、道が暗い。狭くて細くてとげだらけで、前に進めないです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 いつかうつ病は「治った」と実感できる日は来るのでしょうか?最近、ツレうつとかうつヌケとかも全部、自分には関係ない話のように思えてきます。うつヌケで記載された人たちは、いろいろな方法でうつを脱出していますが、かといって彼ら彼女らのやり方で自分が治るとも思えない。

 

前に進みたい、けどどうしたらいいのかわからない…追い詰められた気分になっています。病状は、良くなるどころか、停滞と悪化の繰り返しです。これだけ薬を飲んでいて、これからも薬を飲んでいて、病気はよくなるのか。発達障害も改善するのか。

わかりません。医師にも薬にも不信ぎみです。

わたしは「うつ病になった」のか、「うつ病にされた」のか。精神医療を否定するわけではありませんが、少しは懐疑的にもなってしまいます。早く治したいのはやまやまなんですが…