うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

そもそも何をもってうつ病が「治った」と定義するのか疑問なうつアスペ会社員

うつアスペ会社員のもみじです。

双極性障害疑惑もあります。何種類も薬を飲んでもう大変です。

アスペルガーかつADHDの疑惑もありますので、ストラテラ・コンサータの服用も検討を始めています。「今の症状が落ち着いてきたら、ストラテラから始めてみようか…」という話もあがっています。

もうなんか、治療すればするほどとんでもない方向に進んでいる気がしないでもないです。わたしの「うつヌケ」はいったいいつなのでしょうか?

うつ病になって早数年、メンヘラの知識は蓄積したけれども

f:id:cookieheart:20180620220724j:plain

メンヘラなんて言葉、自分とは無縁だと思っていました。

自分はうつ病にはならないと思っていました。そんなの個人の思い込みだと思っていました。気力や根性で跳ね返せると思っていました。自分はメンタルが強いと勘違いしていました。つらい状況でもぎりぎりまで自分を追い詰めればなんとかなると思っていました。

その末がこれだよ。うつ病として速攻精神科に放り込まれる始末。

 

relax-heart.hatenablog.com

 「過労とパワハラで心が壊れています。休んでください」と休職期間に突入し、わけもわからないまま「休むって何?」状態。今だから言いますが、休職した瞬間考えたことは「あたたかい国へ逃避しよう」ということでした。モルディブとかバリとか。実際、旅用の本を買ったりもしました。今思えばこれが「軽躁」だったんでしょうか?うつで病んでいるはずなのに体が動いて、「せっかく休みになったんだから海外旅行でもしなくちゃもったいない」という意味不明な思考回路になっていました。もちろん旅行計画はとん挫しました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 休職ののち復職しても…社内ニートですね…会社は会社で「何をやらせたらいいのよこいつ」って感じですし、わたし自身軽躁で何もかも引き受けて、あとでつぶれてしまったら恐ろしいので…おっかなびっくりですね…もう退職ルートかなって思っています。今の会社の社歴を続けることにも意味はあるのかもしれないけど、もうそろそろしんどい。さいわい景気は上向きで、転職業界も活発になっているタイミングですし、今の時点で私がニートになろうと無職になろうと、どうにでもなるわけです。

障碍者手帳も持っているので、失業手当も給付延長されますし。

 

relax-heart.hatenablog.com

 病んで数年、いろんな本やサイト、ブログ、講演会、セミナーなどに行って、メンタルや精神障害、発達障害、障害者について調べました。病んだ当初には「メンタルヘルス」なんて一切知らない状態だったので、あのころに比べるとメンヘラレベルはアップしたんじゃないでしょうか(?)やはり自分が当事者になることで、知識の蓄積の速度は変わります。わたしがここ数年で学んだことは仕事とか会社員としての心得なんかではなく、「心の健康」「自分の限界について」「普通に生きられない理由」に関する考え方じゃないんでしょうか…。

 

relax-heart.hatenablog.com

ところで、この「うつ病」、いつ治るの?

そんなメンヘラ度がアップしたわたしですが、この自分が抱えている「うつ病」、もしくは双極性障害、いったいいつ治るんでしょうか?そもそも何をもって治ったというのでしょうか?薬を飲みながらでも、社会生活ができているのならOK?好きなところに遊びに行けていたらOK?それとも、薬を一切飲まずに過ごせるようにならなきゃダメ?発病前と同じように、服薬いっさいなしに、フルタイム求人で働けないとダメなの?

 

relax-heart.hatenablog.com

 よく知人からも言われる「発病前に戻って」とのコメントですが、個人的には「無理」と回答したい。いや、常識的に考えて、無理。だって、普通の人だってそうでしょ、「20代のころに戻って」って30代の人に言ったって、いろんな意味で無理でしょう。時間が経過することで経験することも増えたし、老化したりも成長したりもしたし、人間は一方向に進む生き物なのですから、以前の存在に戻ることは、普通に考えて不可能。

 

relax-heart.hatenablog.com

 そもそもわたし、発病前、たぶん無理してたんですよね。「軽躁」が発動していたのか、ものすごく活動的だったんですよね。あのころの生活に戻ってしまったら、また軽躁→うつの沈みで、生活不可能状態になってしまう。なので「戻れ」って言われても不可能です。わたしはこれから先、これまでにない自分を創るしかないわけで、それを否定して「昔に戻れ」って言われても、正直「はあ?」としか思えないわけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 たしかに元気になってほしい気持ちもわかりますし、今の病んだ状態が異常なのも自覚しています。しかし、この状態が続きすぎて、自分でも「元気」な状態がもう思い出せないんですよね…というか自分の「元気」って「軽躁」につながりそうで怖いんですよね…それを主治医も危惧しているからこうしてリチウム飲んで、採血検査していちいち治療しているわけですから…「元通り」に戻れ、って言われてもぴんと来ません。

 

relax-heart.hatenablog.com

薬を飲まなくなる状態=うつが治った なのか?

寛解について調べると、定義は以下の通りです。

全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。 

 うつ、エイズ、がんなどに言えることですが「完治」はしない。症状があらわれないことを「寛解」という。ということは、薬を飲みながらでも、病状がおさまっているのならば、それは「寛解」というのか?

 

relax-heart.hatenablog.com

 わたしは薬を何種類も飲んでいます。診察するごとに量も変わるし種類も変わります。はっきり言って、全種類断薬なんて遠い未来に思えます。「全部切りましょう」なんて言われたら即日中にわたしは情緒不安定になります。もともと情緒不安定ですが。イフェクサー(SNRI)を切られたらやる気・意欲が消えていきますし、サイレースやルネスタを飲まないと寝ることができません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 記事を見ればわかるように、イフェクサーがないとうつが酷くなりますし、全身が痛くて仕方なくなります。リリカという痛みどめを飲んでいるので最近は少し改善しましたが…あと突発的な不安にはレキソタンが欲しいですし、日ごろの精神安定のためにリチウムを飲むことが必要です。※余談ですが、リチウムを飲むようになってから「頭がぼんやりする」「物覚えが悪くなった」「バカになった」と実感することが増えてきました。これは別の記事に書きたいと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ですので、わたしが全種類断薬する日なんて遠い未来です。今でこそどうにか動けていますし(たまに壊れますが)薬を切られてしまったらもう無理です。アルティメットメンヘラになります。そうなるとわたしのうつ病が「治った」と言える日なんて、いったいいつになるんだ…?うつ病どころか双極性障害の傾向もありますし、そうなってくると、病状のコントロールって、年単位の課題になるんじゃないでしょうか。

 

relax-heart.hatenablog.com

 今の状態で「うつヌケ」などを読むと、「わたしのうつヌケはいつなんだ?」と疑問になります。情緒不安定ですし、身体症状もありますし、働くことも厳しいですし、年々追い詰められている感じはあります。うつを抜けるトンネルのまっただなかにいるわけですが、この道の先に光が灯る日は来るのでしょうか?

うつであることを恥ずかしいとはもはや思いませんが、それにしても不便です。薬を毎日飲まないといけないし、月に数回受診しなきゃいけないし、日々の体調を記録しなきゃいけない。双極性障害疑惑もあるから、急に軽躁→混合状態→うつになったらまともに動けなくなりますから、社会的生活も厳しいわけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 現に、友人と計画していたイベントなども、「うつ」急転直下のせいでぽしゃってしまったものもいくつかあります。未来のスケジューリングをすることができません。友人知人の結婚式はほとんど断っています。ガチで体調が狂うのが怖いので、よっぽどの場合を除いて不参加にしています。死にかけの人が来ても縁起が悪いでしょうから。

 

relax-heart.hatenablog.com

 こんなことを言っているあいだはうつが「治った」状態へは程遠いということでしょうか?そもそも最初に診断されたときから「非常に重度」と言われていたので、それから数年…病状が良くなったとも悪くなったとも…わかりません。今の体調は山のような薬をもってコントロールしているものなので、真の体調ではありませんからね。「薬なし」を目指せ、と言われたら、めちゃくちゃ厳しいです。正直。

 

relax-heart.hatenablog.com

 薬を切って死ぬ思いをするくらいなら、薬を飲んで安定したいです…それが今の自分の意向。それで肝臓や腎臓が多少痛もうとも…抑うつで希死念慮とか自殺企図してしまったら元も子もないじゃないですか。オーバードーズとかしたことありませんよ、優秀なメンヘラでしょう。どうせそんなのしても、昔ならともかく今の薬では死ねませんからね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつ病と診断された対処は「治す」ことに一所懸命でしたが…最近…「いや、急に治るのはこれは無理だ…」とあきらめモードに入っています…なんというか、風邪みたいに数日寝込めば治るもんじゃないですよね…何年も引きずっていかなきゃいけないんだろうなと思っています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 「寛解」の日は遠いですし、むしろ「再発」している感がビンビンですし、とりあえずいえるのは梅雨つらい。雨の日は気分が沈むので、早く梅雨終わってほしいです。