うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

【抜けている】「ぼーっとしている」と言われ続けた発達障害会社員の幼少期。ADHDの不注意?

どうしようもない会社員のもみじです。

とかくこの世は生きにくい。生まれた時代を間違えたのか。いや、どの時代に生まれようとわたしは生きづらいに違いない。

なぜもう少しハイスペに生まれなかったのだ…とわが身を呪いたい気分ですが、もういい年ですし、この先人生がおおきく改善することも考えづらいですし、もう社会の底辺をはいずりながら生きていくのは仕方ないのかな…って思います。夢見たハイスペの自分など、妄想だった。そんな人、最初からいなかった。

ぼーっとしていてどんくさい子供だった

f:id:cookieheart:20180606191552j:plain

思い返せば、幼少期からわけのわからない子供でした。先生から注意されることも多かったし、子供の輪にもなじめなかったし、わたし自身より親が心配したことが多かったと思います。とにかくよく言われるのは「変わった子」。なじめない、浮いている、和を乱す、1人を好む、協調性がない、悪い意味で芯が強い、こだわりがある、社会性がない…そんなことを幼少期からよく言われてきたと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

団体行動が大嫌いでしたし、本当に要領が悪かったですね…ほかの子供からしたら「なんだあいつ」って思ったと思います…自分でなじもうと思ったとしても、どうにもなじめない、自分の存在に違和感がある。みんな「赤」がすぐにわかったとしても、自分だけなぜか「青」を選んでしまい、先生に怒られてしまう。そんなの日常茶飯事でした。なんで自分が怒られているのかわけがわかりませんでしたし、「治せ」と言われてもおそんなのしったこっちゃないし、変なところでひねくれている子供だったので「納得できないことを治す理由はない」ということで、自分がおかしいことを指摘されても落ち込むというよりムカッとしていました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

だってそうでしょう。他人にとってそれが「赤」だったとしても、わたしにとっては「青」なんです。それを「赤」と言いなさい、理由は言わないからいいからやりなさい、と言われても、逆にむかつくだけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 変わった子と言われても、本人は自覚が無いし改める気もないから、余計悪化するんですよね。特にひどかったのは「ぼーっとしている」ということでした。集中力が無い。人の話を聞かない。集団行動ができない。いつも空気が読めない。どこか遠い世界に行っている。いつもぼけっとしていて、他人や社会と適切なコミュニケーションをとることができない。自分で周りになじんでいく努力ができないのに、思い通りにならないと酷く怒る。イライラしまくってものに当たったりする。ヤバイ子ですね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

思えば小学校もたいがいやばかったです。普通の子供ではなかった。教師には嫌われていたと思いますね。明らかに攻撃を受けていた時期もありましたし、教師にハブられていたこともありましたし、未だに嫌いな教師とか覚えていますし、私の「教師はクソ」思考は小学校から芽生えたと思います。

何が腹が立つってわたしが「よし」「やりたい」と考えていることを全否定していくのが非常に腹が立つんです。まだそれに合理性があるんだったらいいのですが「子供は外で遊ぶべき」とかいうハァ?それ誰が決めたルールなの?みたいなものを突き通されたりしたら、もう内心ぶちぎれていましたね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

現実に居場所がなくなると、人間どうなるかというかと、空想の世界に走っていくんですよね。本や漫画、音楽の世界に…自分が不登校にならずに済んだのは「空想」「妄想(病的じゃないほう)」の癖があったからだと思います。現実を直視するような子供だったなら絶対不登校になっていたと思います。教師からも嫌われていたし、クラスメイトからいじめもありましたし、学校嫌いでしたし。現実に居場所がなくなると、「自分の頭の中」がシェルターになるわけです…あと、わたしは幸いなことに知的な面の障害はなく、むしろその地域では成績上位だったので、そこで救われていました。成績も悪かったら、いっそう教師はいじめてきますからね。文句を言わせない成績をとることがポイントです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 学校に行きたくない学生の方も、勉強だけは絶対にしておきましょう。何の役に立つんだ、と思うかもしれませんし、実際役に立つことは少ないのですが、「勉強ができない」ことはのちのちしんどいです。学校に行く行かないは別にどうでもいいと思うのですが、勉強はしておいたほうがいいです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 話がそれました。わたしはとにかく幼少期からぼーっとしていて、不注意で、そのせいで教師にも怒られ、クラスメートにもネタにされ、いじめられていることにさえ気づかないほど「抜けている」人間でした。

この「ぼーってしている」症状は、20歳ごろにがんばってある程度自力で改善しましたが、正直いまだに残っています…少しでも気がゆるむとあっちの世界に行ってしまうので、かなり気を使います。人と接しているときは本当に疲れます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

疲れずに人と接しようと思うと、すぐに話があっちこっちに飛んでしまい、たとえばその人が行った単語(ディズニーランドとか)から連想した言葉をすぐに言ってしまい「今の発現、文脈読んでないよね」と冷笑されたことも何回もあります。本当に何回もあります。脈絡もなく、自分の言いたいことだけを言った結果会話をぶち壊すので、飲み会でもよくハブになっていました。すみっこでしょぼんとしていましたね。馴染めませんからね。輪に入ったところでそれを乱していくんですから。

 

relax-heart.hatenablog.com

授業を聴かない、人の話を聞かない、会議は寝る、いつも「自分の世界」

20歳ごろまで他人の心情というのを想像したことがありませんでした。人はどういうことを言ったら傷つくのか、どう言ったらどう思われるのかを、考えたことがありませんでした。そのせいで、空気の読めない発言を、もう何万回したか、わかりません。思い出したくもありません。「今そういうこと言うときじゃないよね」とか「今それやってる場合じゃないよね」とか「話聞いてた?」なんていつもいつも言われていました。そして自分の中で納得していたらおとなしく従うのですが、自分のロジックにはまらないときは言い返したりしていましたからね。ほんとうに面倒くさいやつすぎて怖い。危険人物。

 

relax-heart.hatenablog.com

 コミュ障で他人とあまり積極的に接しないから問題が表面化しなかっただけで、本質的にはかなりヤバイ人間だったと思います(今もヤバイ)。精神的に非常に未熟かつ幼稚で、自分と他人の区別がつかず、どうしたらどうなるか、の想像や推測をする力が非常に弱く、社会性が欠如しており、自分のセオリー・ルーチンから外れた事態が起きると癇癪を起す。完全にヤバイ奴です。20歳ごろようやくこれに気づいて、自力である程度治しましたが…今もヤバイ奴です。10段階で8くらいだったのが4程度になっただけで、普通の人よりは圧倒的に危ないです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 授業は聞いていませんでしたね…ADHDの子は席を立ったり歩き回ったりするそうですが、私の場合は寝ていました。睡眠不足ってわけでもないのに寝ていました。小学校から社会人まで寝ていました。めちゃくちゃ怒られてようやく改善しましたが…一言でいえば授業に興味が無いので、自分で内職したり(内職を禁止する先生っているけど、あれってなんなんでしょうか?自分の授業がつまらないからそうなってるのに、あるいは今の授業のレベルに付き合ってたら暇すぎて耐えられないから内職でもしていないとやっていられないのに、どうして制限してくるんでしょうか)、他のことの勉強したりしていましたね。授業なんて基本的につまらないですからね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 そして人の話を聞かない。聞いてるつもりでも聞いてない。「ちゃんと聞いて!!」って言われるけど、意味が分からない。いや、聞いてるんだけど…どうも「聞く」力が足りないらしい。一時期本気で「聞いてるの?!」って言われすぎて怖くなって、阿川さんの「聞く力」を熟読していました。

考えてみれば、それまで「話す」ことばかり考えていて、「聞く」ことは念頭に置いていませんでした。とにかく自分のことを聞いて聞いて!ばかりで、それで空気読まない発言ばかりして周囲に引かれる、の繰り返しだったので…「相手に関心を持つ」「相手の話を聞く」というごく当たり前のことを、20代になってようやく気付いたのでした。もうポンコツ。ほんと言葉に尽くせないポンコツ。4歳くらいでわかるようなことを、20過ぎても「空気読め!!」「KY!!!!」と言われ続けてようやくちょっと自覚したんですから。

 

relax-heart.hatenablog.com

 会議は寝てました。ほんとふざけんなよてめえって感じです。私の部下だったら張り倒してやりたいと思います。それくらい寝ていました。もうなんなんでしょうね、あれは…起きてなきゃいけないってわかってるのにすぐ意識がぼーっとなって、気絶してしまう…病気ですね。やる気がないわけじゃないしむしろ「今回はちゃんと聞くぞ!!」って張り切っていくのに10分もしない間に気絶するんですよね。ちゃんと夜寝ているのにもかかわらず。この点はカフェイン過剰摂取で克服しました。今ではカフェインなしでもある程度話を聞くことができます…それまでは、誰の話であっても、10分以内に寝落ちが通常だったので、本当に悩んでいました。「学校に寝に来てるの?」って言われたこともありました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 要は自分の世界から出てこないんですよね。だから他人の話が聞こえてこないし、自分と他人の間にバリアがあるから、理解するまでに時間がかかる。普通だったら自分と他人を直通して話をしなければならないのに、私の場合、自分-----マイワールド------他人という脳構造になっているから、他人の言葉を「マイワールド」が「シラネ」って捨ててしまったら、もう頭に入ってこない。そして「マイワールド」が「こいつの話聞くのやーめた」ってなってしまったら、頭の中はもう閉店ガラガラ、寝落ち一直線って感じです。わかりますか?この感じ…伝わってください…クズですよね?でもこれ本気なんです。カフェインを過剰摂取すると、この「マイワールド」がどっか行ってくれて、自分と他人の現実的なコミュニケーションが通りやすくなります。もう頭おかしいですね。

 

relax-heart.hatenablog.com

「ちゃきちゃきしていて気が回る」人になりたかった

なりたかった。なれない(確信)。

場の空気が読めて、次の展開が分かって、人間関係の把握もできて、優先順位もついて、愛想もできて、かといって嫌いな人におもねるようなマネはせず、常にタスクを要領よく片づけていく人が、「仕事が早い」とか「デキる子」と言って評価されていました。こういう人はいわゆる「ぼーっとしている」人とは正反対の存在です。常に現況をチェックし、問題点を見つけて、次の展開を予測して、自分がすべきことを算出する。なんなら今後関与してくる人たちへの根回しも進めておく。そういう動きの速い人に、私はなりたかった。なれない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 もうね、無理です。カメはウサギにはなれない。カメはカメでも単調な道を歩くことに飽きるカメだから、もう絶対ウサギには勝てない。もうわかるんですよ。要領がいい人、仕事が早い人、人間関係を調整するのが得意な人、仕事のポイントをおさえるのが上手い人、無駄なことをやらない人、憎めない人、いくつものタスクを同時にできる人、対人スキルが高い人、単純作業を正確に早く続けられる人、体力的にタフな人、その場の雰囲気を和ませたり盛り上げたりする人、「定時に帰る」をモットーに与えられた仕事はすべて高い精度で素早く終わらせる人…いろいろ優秀な人はいるんですけど、どれもわたしじゃないんですよ。わたしは勝てないんですよ。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ぼけーっとしてて単純作業はすぐ飽きるしミスも多いし速度も遅い、人の感情も読めないしすぐおじさん怒らせるしすぐへばるし仕事は溜めこむし人間関係の調整とか苦手中の苦手だし…なんかもう…組織の中で生きていくことが絶望的に不得意な人間なんじゃないかって思うんです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 繰り返し医者に言われたことがあります。「仕事ができる人間になるな」って。あなたはそれに向いていないって。「仕事ができなくても恨まれない人間になれ」って。そういうキャラじゃないと組織じゃやっていけないよって。今ではその言葉の意味がなんとなくわかります。もうね、仕事できるキャラとか無理。うつがもっと酷くなる。ゴミならゴミであることが許される環境に身を置かないと、この先もっと生きづらくなる。そういうことなんだと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 職場はクソですが、尊敬できる人は何人もいます。心の中で毎日五寸釘打っているような人もいますが。非常に能力が高くて、真似したい、でもできないような人は何人もいます。なんかもう、そういう人にはなれないんです。残念ながら。自分には凸凹が多すぎる。そして凹のほうが大きすぎる。普通の人が当たり前にできていることも、自分の場合、必死に集中しなきゃやれない。必死にやっているのに「仕事遅いね」って言われてしまう。もうなんかもう、やりきれないです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

使えないと言われることが、つらい。「本当にマイペースだよね」と、必死で仕事をしているのに言われてしまい、頭の中が混乱してしまったこともあります。え??自分でできる最速でやっているはずなのに、これで遅いってどういうこと??更に急がなきゃいけないの???え??みんなどうしてるの???は????ってなり、自分のあまりの使えなさに家で涙しました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 努力で治る範囲を超えているものだと思います。ADHD由来の不注意じゃないかと思うのですが…ひとつ思うのは、今の環境にいても、凸凹の凹を痛感するばかりで、自己肯定感は削り取られていき、さらにうつが悪化していくんじゃないかってことです。だからといって、じゃあ凸を活かせる場所ってどこなんだよって思いますが…たぶん私は、定型の人が「普通」にできることを「必死」でやらないとついていけないので、そのぶん脳も体も心も疲れてしまい、ストレス耐性が弱くなり、うつなどのメンタルヘルスを壊してしまうんじゃないかと思います。無理しないでやっていける仕事があればそれが自分の「凸を活かした場所」なんですが、簡単に見つかるもんではないですよね…。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

とりあえず「ぼーっとしている」症状に対しては、カフェインを摂取することで一時的に改善するので、リスク込みでいいなら試してみるといいかもしれません。エスタロンモカとか毎日飲んでましたよ。

不眠、不安の原因になるので、カフェインはあまりおすすめしませんけどね。ここぞというときの切り札に使ったらいいんじゃないでしょうか。それでも異常な眠気や不注意が治らなかったら病院に行った方がいいと思います…。