うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

「自分をADHDと思い込んでいるただの低スペック人間」という地獄の言葉に言葉を失ううつアスペ会社員

ツイッターを見ていると衝撃的な言葉がバズっていました。

「自分をADHDと思い込んでいるただの低スペック人間が多すぎる」。

元ツイートをした人は鍵をかけてしまったようですが、このツイートじたいの影響はとても大きかったようです。数万規模のリツイートもされています。はてなブログでも言及されています。

blog.shinoegg.com

この発言の何がそこまで人を刺激し、騒動に発展させる原因となってしまったのでしょう。発達障害当事者として考えてみたいと思います。

がんばらない言い訳として「ADHD」を使うのはどうなの?

f:id:cookieheart:20180601165656j:plain

元ツイートをしたアカウントをさかのぼるに、どうも「自分がうまくいかない、できないことに対する言い訳としてADHDを免罪符にするのはどうなの?」って意味で「ADHDと思い込むことで努力から逃げている低スペック人間」という言葉を使っているようでした。これは私も少しは共感します。

 

relax-heart.hatenablog.com

 わたしはADHDかつアスペルガー(ASD)です。しかしそれが発覚したのは去年の暮でれで、それまではアラサーになるまで、自分は「おかしい」と知っていつつも、定型発達に近づくためにあらゆる努力をしました。表情、服装、身振り手振り、笑うタイミング、話し方、不審に思われない振る舞い、コミュ障の克服…本やネットを使って「一定は」克服しました。(完全には克服できません。ここから先はもう「障害」だからどうしようもないレベルだと思います)

 

relax-heart.hatenablog.com

 そういう自分にとって、何か自分にとってできないことがあったからといってすぐに「俺ってADHDだから」って言い訳に使うのは、いかがなものかと思います。努力も何もしていないのにすぐに障害を持ち出すのはちょっと違う。ちゃんと診断されているのならともかく、プロフェッショナルによる意見を何ももらっていないのに「俺ってADHDだからこれができないあれもできない~」って言って努力・克服へのプロセスから逃避するのは少し違うのじゃないかと思います。たぶん元ツイの人もこれが言いたかったんじゃないかと思います。「ガチADHDでもないのに、努力もしていないのに、自分の能力不足を障害のせいにするのはいかがなものか」そういう風に私は受け取りました。

 

relax-heart.hatenablog.com

ただ、ADHDの生きづらさは、常人の想像を超える

ただ、実際問題、ADHDの生きづらさはやばい。笑い話になるものも多いけど、笑えないことも多い。ここで書けないようなことも多い。スマホ忘れる→家帰る→財布忘れる→家帰る→鍵をさしたままでかけるみたいな地獄のようなこともしでかしましたし。キッチンから出火したこともありますし。ある朝起きたら棚が倒壊して床が地獄になっていたこともありましたし。悪のピタゴラスイッチみたいに、何かを落すたびに別のものがどんどん落ちていく仕組みになっていくこともありますし。もうなんか本当に、生きていくのに向いていないのに人種なのだと思います。驚異的に生きづらい。

 

relax-heart.hatenablog.com

 思うんですけど、昔の発達障害の人ってどうやって生活していたんでしょうね?そりゃ天才と呼ばれる人たちはその一芸でどうにかやっていたんでしょうけど、そうじゃないひと…一般の発達障害者はどうやって生きていたんだろう…百姓生活続いていたんだろうか…学校(当時の)とか通えてたんだろうか…結婚できてたんだろうか…家族をつくれていたんだろうか…?すごく疑問になります。ここ数年で発達障害ってクローズアップされてますけど、実際はずーっと前から、遺伝子のバグかなんかで凸凹さんって生まれてますよね?どうやって世間と擦りあわせながら生きてきたんでしょう?不思議でなりません。

人間全員少しずつ違うわけで、得意なことも苦手なこともあるわけで…そういう能力の凸凹がひときわ大きいのが我々発達障害なわけで…この手の人種は凸を伸ばす世界に身を置けば大成功するのですが(ジョブズやゲイツ、アインシュタイン、エジソンなど)多くの人は凹が目立つ環境に身を置かざるを得ないので、自滅していきます。そして「ぽんこつ」「口ばっかりの役立たず」と評価され、社会での行き場をなくしていきます。

 

relax-heart.hatenablog.com

ADHD=低スペックではない

低スペックの言い訳としてADHDを使うな。わたしはそういいたい。ADHDはたしかに能力の凸凹はありますし多少ユニークというかクレイジーというかエキセントリックな印象がある人が多いです。しかし、ADHDは低スペックではない。そもそも低スペックとはどういうことを指すのか。IQが低いことを言うのか?IQの凸凹が激しいことを言うのか?見た面が悪いことを言うのか?動きが愚鈍なことを言うのか?お勉強ができないことを言うのか?コミュ障を言うのか?仕事ができないことを言うのか?…定義があやふやすぎて、「低スペックとADHD」を結びつけることはできません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 たしかにわたしはADHDだしポンコツだしハイスペでは一切ありません。ブスだしデブだし性格悪いし仕事もできないしどう考えても低スペックです。どこに需要があるのかわからないくらい、自分の存在について悩むこともあります。しかし、私が知るADHDの中には非常に優秀な人もいます。学歴が高くて仕事で大きな成果を出した方も多いです。だから「低スペックの言い訳にADHDを使う」というのがいまいちわかりません。自分の生きづらさを探求した結果、ADHDに行き着いたのならわかりますが、そもそも自分の努力不足などを原因として、ろくにADHDや発達障害のことを知ろうともせずに「わたしADHDだからダメなんだよね~」と言っているんだとしたら、それは違うだろと言わざるを得ません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 分かりやすく言えば、勉強しない言い訳にADHDを頻繁に使うのは「ちょっとおかしい」と思います。わたしのようなアラサーにもなると努力してももう伸びしろなんてたかが知れていますが、10代はいくらでも伸びることができます。知る力学ぶ力が、強大にあります。そのチャンスを逃してしまうのはもったいないです。「発達障害」を言い訳にして学ぶこと、この先の人生の選択肢を狭めるのはとても愚かなことです。もし、そういう軽率な理由で「ADHD」を持ち出す人がいるのなら、それは改めたほうがいいと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 逆に「勉強したくてもどうしてもできない」「学生生活を送りたいのにできない」「やらなきゃいけないとわかっているのにできない」で苦しい思いを続けており、自分が抱える「謎」を解明したいと思っているのであれば、発達障害の検査を受けてみたらいいと思います。発達障害を専門としているメンタルクリニックもありますし、WAIS-Ⅲのような知能テストを受けることもできます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 わたしは知能検査を受けた結果「アスペルガーとADHD併発の可能性が高い」とされました。知覚統合がゴミです。目で見た情報を処理する能力が異常に低いそうです。それもそのはずです、折り紙とか全然だめです。千羽鶴折る授業では自分だけ異常にスピードが遅くて「おまえは平和への意識が足りない云々」と説教されました。意味が分かりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 謎の生きづらさを抱えて困っているのであれば、メンタルクリニックに相談しに行くのもありだと思います。昔は発達障害なんてものがなかったから診断されていなかっただけで、年配の人でも「あっ(察し)」みたいな人いっぱいいるじゃないですか。それが最近になって明らかになってきたってだけですよ。ADHDだろうとASDだろうと何も恥じることはありません。そういう性質を持っているというだけです。

 ただ、現状を変える努力をせず、自分の怠慢を「ADHDだから」で片づけるのは、それはおかしいだろって思います。なんでもかんでも障害のせいにすればいいってもんじゃありません。そうやってなまけを続けた結果は、のちのちになってブーメランのように自分に突き刺さってくるんですから…

 

relax-heart.hatenablog.com

 発達障害は生きづらいです。しかし、決して低スペックとは限りません。自分にADHDの疑いがある人は、早めにクリニックで受診しましょう。今はADHD用の薬もありますから、それで生活が変わる可能性もあります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

「自分なりの生活」を改善させていく努力をしていきましょう。