うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

うつ病持ちのメンヘラが婚活してはいけないのか?恋愛する資格はないのか

メンヘラ会社員のもみじです。

このブログを見ている方ならご覧のとおり、私は非リア充です。

いつも怒り狂っていますし、リア充はもれなく爆発しろと思っていますし、他人の幸福は常に妬ましく思っている、浅ましさの極みみたいな人間です。自分の現実が充実していないと、人はどこでも落ちぶれていきます。岩の裏の虫みたいな存在です。

そんなわたしですが、先日知人と話をしていると、気にかかることを言われました。

メンヘラのくせに婚活するの?

f:id:cookieheart:20180515223241j:plain

わたしが行き当たりばったりの婚活をしているのは過去の記事に書きました。今年の目標としても挙げています。まあ…言うだけならただですし…「やらない」のと「少しでもやる」のは全然違うと思いますし…まあ…とにかく行動することに意味があると思っているわけです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ただ、それを知人に言うと、あまりいい顔をされないことが多いです。よくあるのは「メンヘラなのに婚活するの?」「それって相手に対して迷惑じゃない?」「完治してから婚活したほうがいいんじゃない?」という意見。

完治してから婚活。そう思っていた時期が私にもありました。現に、去年の夏くらいは、「完治」したような気がしました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 このころは本気で「治った」と思っていました。しかしこれは勘違いでした。あっという間に悪化。再発。死ぬような目に遭いました。結局ね、完治なんて待ってられないんですよ。というか精神疾患に「完治」なんて概念ないんですよ。がんと一緒。「寛解」を目指すしかないんです。わたしは寛解は目指していますが、完治なんて望んでいません。どうせ今年の秋また悪化するんでしょ…としか思っていません…この繰り返しが定例行事になってるし…もう「完璧に治す」ことなんて目標にしていません。そんなの期待したって、叩き落されますし。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつ病=心の風邪なんてほんとにウソだと思います。風邪くらいさっさと治るんだったら、こんなに何年も引きずっていないわけですよ。こんな呻きブログ書いてないわけですよ。毎日何種類も薬を飲んで…ひいひい言ったりしていないわけですよ…うつ病は甘えって言う人もいますが、甘えでこんなしんどい思いしなきゃいけないなんて、どんなマゾなんだって思います。ほんと、甘えで済まされませんよ。うつ病なんて、当事者以外には理解されないんですよ。ほんとのつらさなんて、経験者にしかわからない。どんなこともそうですけど。

 

relax-heart.hatenablog.com

 話はそれましたが、とにかく完治を目指してから婚活なんて言ってたら何年かかるかわからないわけです。5年?10年?そのころ私何歳よ?ただでさえメンヘラで需要がないのに、メンヘラのオバハンになったらもっと価値が下がるでしょう?そんなの当り前じゃないですか…それだったら、メンヘラでも1日でも若いうちに婚活するのは妥当だと思いませんか?こちらも切実なんですよね…男性ならともかく女性は年齢が結婚で大きなウエイトを占めますから…

 

relax-heart.hatenablog.com

結婚相談所は「メンヘラ」は爪弾き

しっかりした結婚相談所では、精神障害がある人は登録を拒否されるようです。心身ともに健康である人じゃないとだめってことですね…世知辛いですよね…好きで病気になったわけじゃないのに…まるで傷物の野菜のような扱い。アウトレットに出品されたような気分です。あるいはメルカリで叩き売りされているブランド不明の謎の雑貨のような気分。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ですので、婚活するうえでは「メンヘラ」は極力隠さずにやっていこうと思います。相手は「それでもいい」と言ってくれる人に絞ります。それは守ります。メンヘラを隠して付き合うのはフェアじゃないと思うので。まあ、メンヘラを受け入れてそれでも付き合ってくれる人ってかなりの物好きだとは思いますが…そういうニッチな人もいなくはないと信じています…この世の男性は35億もいるのだから…

 

relax-heart.hatenablog.com

 メンヘラは婚活するな!!みたいな論調にはちょっと悲しさを感じます。そりゃ病気を盾に相手を振り回しまくって傷つけまくる傍若無人な人はよくないかもしれませんが、服薬や通院などで症状をコントロールし、自分の操り方をある程度理解できている人なら、別に婚活したっていいじゃないか…と思うわけです。というか、自分が「メンヘラ無理」って思うのなら、避ければいいだけの話です。濃い顔が好きって人もいれば、生理的に無理って人もいますよね?それと同じで、受け入れられるレベルじゃないのなら、個人的に避けたらいいだけです。それをメンヘラの婚活全部ひっくるめて「メンヘラは恋愛するな、婚活するな、結婚するな」みたいな主張にすり替えてしまうのはいかがなものかなあ…って思うんです。それこそゼクシィCMみたいな「強者の暴力」になりそうで。

 

relax-heart.hatenablog.com

 結婚に魅力を感じない、みたいな記事を過去に書いていますが、なんせ猫の目のように心変わりする私なので、今は婚活モードに入っています。実際に具体的に行動に出ているかというと、積極的には出来ていませんが…。というか、わたしと結婚する具体的なメリットを提示できないところがつらいですね。見た目もよくないし性格もよくない。頭は中途半端で仕事もろくすっぽできない、家柄もよくなくお金持ちでもない、家事能力もなくそして精神疾患持ち。あれ?病気関係なくわたし女性として需要なくない?そうだ、リチウム飲んでるから妊娠できないわ。いつまで飲み続けるか不明ですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

メンヘラだからこそ、配偶者が欲しい…

メンヘラは結婚するな、とか、「1人で生きていける人がそれでも一緒にいたいと思うから結婚するんだ」みたいな話がありますが、真剣な話、孤独死防止のためにも、パートナーはいてほしいんですよね。別にお金持ちとかイケメンとか言いませんから。自分のむちゃくちゃな生き方を許してくれる人を見つけたい。子供ができるかはまだわからないけど、できるなら35歳までに初出産できたら安全だと思う。そのころまでに少なくともリチウム抜きはできたらいい。まあ先のことを考えすぎてもあれですけど…

 

relax-heart.hatenablog.com

 別に健康じゃないと結婚しちゃいけない、なんて法律は無いじゃないですか。メンヘラでも、あるいはメンヘラどうしでも結婚しているケースはあるじゃないですか。そういうものにわたしはなりたい。いつ実現できるかは不明。わたしのような人間を受け入れてくれる奇妙奇特な人を見つける努力はしなければならない。病気を治す努力もします。完治は無理ですが、寛解レベルは目指します…年単位の時間はかかるかと思いますが…もし双極性障害だった場合、これは一生レベルの戦いになるかと思いますが…かなりの無理ゲーですが…どうにかします…

 

relax-heart.hatenablog.com

 発達障害持ちなんで、これも遺伝するのか?と思うと、ハードモード人生をわが子に強いるのは大変な話ではありますが…これもまあ、ゆくゆくは考えていきます…まずは相手が見つかってからの話です…ほら、何年か経てば、発達障害とか精神障害に関する新たな知見とか発表されるかもしれないし…時間が解決してくれることも多いし…子供のADHDは大人になって改善することもあるし…わたしは成人してもバリバリアスペでしたが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 とにかく情緒不安定、風見鶏のように言うことやることコロコロ変わり、ひと月前に行っていたことを覚えていないような鳥頭ですが、なんとか生きていきます…たぶんこの記事を書いた次の月には「結婚とかマジでないわ」とかほざいていると思うので、この記事も話半分に読んでください…とりあえず婚活はしたいと思います…どうなる私の人生。