金曜日の夜をめざして

一人暮らしのリハビリ中アラサー。うつ病とか発達障害とかいろいろ

【メンヘラ転職】うつアスペ会社員だけどそれにしても社会人に向いていない

うつアスペ会社員のもみじです。

会社員とは名ばかりで、実際は社内ニートです。

「うつ」「アスペ」という特性があるゆえに会社もどう扱ったらいいかわからないようで、最近はほんと放置プレイ気味です。

仕事が無くても毎日出勤するだけでしんどいんですから自分のぽんこつぶりに嫌気がさします。もっとタフになりたい。

そして、前々からつくづく思っていたのですが、本当に社会人に向いていない。社会不適合者そのものです。頑張って周りに擬態して生きてきましたがもう限界。無理無理。ダメ人間なんです許してください。抗鬱剤をちょうだい~♪(ミスチル)

それにしても社会人に向いていない

わたしは幼少のころからイケてない人間です。小さいころからリア充はリア充、非リアは非リアとしての運命を過ごすことを余儀なくされるとは思いますが、わたしはもちろん後者。非リアどうこうというより「他人と交わることが嫌い」。幼稚園の先生から心配されるほど一人遊びが好きで「もみじちゃんは協調性がない」と怒られることもよくありました。先生がうるさいから仕方なくほかの子と遊ぶことにしたら、喧嘩して泣かしてしまって「なんで泣かすの!!!」って怒られたりして、「やっぱり一人で遊んだ方が楽しいじゃん…」と思ったりして。完膚なきまでにアスペですね。自己中の塊です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 で、社会人になるまでの学生時代にも、コミュ障を発揮しまくりました。先輩を怒らせたり、同期に呆れられたり、後輩をないがしろにしたり…決して悪意があってやるわけではないのですが、とにかく集団になじむことができませんでした。「どうしてこういうこともできないの?普通はできるよね?なんでできないの?」と先輩や先生から聞かれることも多く、そのたびに「…いや…わかりません…」と答えて、逆に怒られる(わからないとはなんだ!自分で考えろ!!と説教される)こともしばしばありました。だって相手が怒る理由なんてわかんないよ!!他人なんだから!!自分じゃない他人が考えてることなんてわからないよ!!え?!みんなわかるの?!マジで!?超能力者!?って感じでした…本当につらかった…

 

relax-heart.hatenablog.com

 コミュ障すぎて日常生活にも支障が出る勢いだったので、20歳前後でかなり自己治療を試してみました。思えばこのころネットで「アスペルガー」という言葉を知って、これって私じゃん…?と予知(?)していました。そのころは今よりもはるかにコミュ障がひどくて、他人と話すことにもすごい苦労していました。人と目を合わせることも苦手でした。自分の思い込みでガーッと話してしまうので、相手が理解してくれない(当たり前)こともしょっちゅうでした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

自分が分かっていることを相手もわかっていて当然と思ってたんですね。典型的なアスペですね。あと異常なこだわり。「こうじゃないと許せない!!これ以外の考え方の人は許容できない!!」みたいなつまんないマイルールが多かったです。これらを20歳のころに一気に治しました。今思えば、心療内科のお世話にならずによくやったと思います。多分当時は病んでることを自分でも認めたくなくて、真人間に近づきたくて必死だったんだと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 強制の結果、前よりは多少外面を装うことができるようになりました。内面は相変わらず自己中だし「不思議ちゃんだね」と言われることもとても多かったのですが、異常なくらい他人から嫌われることは減ったかのように思います。現に、就職活動も成功していくつかの会社に内定することができたので、就活レベルでの「やばいやつ」からは脱することができたのだと思います。

しかし、問題は、社会人になってからなんですよね…化けの皮ってはがれるんですよね…いくら装ってても、本質の屑さは…見破られちゃうんですよね…

「やる気がないなら帰れ!」→マジで帰る

f:id:cookieheart:20180405225738j:plain

今思ってもアスペ全開というか、クズだな自分と思うようなエピソードなんですが、「やる気がないから帰れ!!」と言われた研修で、ガチで帰ったことがあります。自宅ではなく、研修室にですよ。あとから上司から電話が来て、「そういうことじゃないんだよ!!」と怒られたことがあります。当時は「????」ですが、最適解は「そこは残ってやる気を見せるところだろ!!」ということだったんですね。そのときはそこまで考えが及びませんでした。マジでアホというしかなさすぎる。空気が読めないのもここまでくると我ながら呆れます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 なんというか、やる気がない状態でそこで残ったところで、どうせ大してコミットできないんだから、もういないほうがましなんじゃないかと判断したんです。枯れ木も山のにぎわいの逆バージョンというか。外資系企業の考え方というか。「発言しない会議に来るな」と同じ理屈で「やる気がない研修には来るな」と思ったので、「じゃあ帰ります」という行動に出たんだと思います。THE ゆとり。THE アスペ。というか単なるアホですね。いまだに当時の自分の思考回路がサイコすぎて恐ろしくなります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 良く同僚や上司からも「装っててもどこかおかしい」とか「たまにおかしい」とか「そもそもだいぶおかしい」とか「まともそうに見えて一番頭おかしい」とか「クレイジー」とか「俺も勝てない」とか「人との距離感がつかめない」とか「無理してる」とか「存在が不自然」とかいろいろ言われています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

やっぱりだめです。演技してても無理なんですよ…社会不適合者は…いくら装ったところで、まともな人たちの目からしたらすぐに分かるんですよ…異常がある人なんて…わたしは健常者を「見て」「聴いて」真似して擬態してきた人間ですが、それでも職場の人には「浮世離れしてるよね」ってよく言われます。もう無理なんです…宇宙人が地球人のマネするなんて無理なんです…もう許してください…ペッパーくんは人間に似てるけど、あれを「人間」と言う人はいないでしょう?そういうことなんです…わたしはペッパーくんと同じカテゴライズなんです…擬態と演技でごまかしてきたけど…もう限界なんです…

 

relax-heart.hatenablog.com

発達障害=天才ではない

このエントリを読んで涙が出てきた。もうタイトルだけで涙が出る。

syakkin-dama.hatenablog.com

わたしが発達障害ということを認めたくなかったのは「発達障害=天才」みたいなきわめてステレオタイプな思い込みがあったからです。スティーブジョブズとかビルゲイツが発達障害なんて言われたら、余計発達障害なんて認めたくなくなるじゃないですか。だって自分は「天才」じゃないんですから。「発達障害は天才の障害」みたいな報道をマスコミはするじゃないですか。コミュニケーションができない代わりに芸術や音楽、技術で非常に高い才能を発揮する、天才肌!過去にはあの偉人もこんな偉人も発達障害だった!みたいなことを言うじゃないですか。

そんな話を聞くたびに思うのですよ。「わたしは発達障害じゃない」「なぜならわたしは天才じゃないから」なんて。

 

relax-heart.hatenablog.com

 幼心に「自分は発達障害と認めてはいけない」なんて、10代のころ思った記憶があります。本やニュースで見る「発達障害」は「天才的な能力の持ち主」ばかり。「レインマン」だってそうですよね。異常な記憶力の持ち主(サヴァン症候群)です。

しかしですね、実際問題、こういう「特殊能力がない発達障害者」のほうが圧倒的に多いわけですよ。わたしだってその人たちの中の一人だからしみじみと思うわけですけど、結局テレビのようなマスコミは「わかりやすい発達障害者」をネタにしやすいから取り上げるだけで、「ただの能力の凸凹が激しい人」みたいな掃いて捨てるような社会不適合者なんて見て見ぬふりというか、最初から相手にもしてないわけですよ。

しかし実際、そういう発達障害者のほうが世の中には多い。

 

成功した人のインパクトがでかいから目立つだけで、実際には「おちぶれた」発達障害者のほうがはるかに多い。

だから「発達障害=天才」という発想は正しくない。

「発達障害の凸部分を上手に活用した人は成功し、天才という評価を得ることができるが、実際はそういう能力を発揮することができず、社会的に凋落していく人がはるかに多い」というのが現実です。

 

ほんとにこれは声を大にして言いたい。ブログなので文字を大きくします。ほんと世知辛いですよ。「発達障害 有名人」で検索してみてくださいよ。エジソンとか坂本竜馬とか出てくるんですよ?「エジソンや坂本竜馬は天才」「エジソンや坂本竜馬は発達障害」「だから発達障害は天才」なんて理屈が成立すると思いますか?わたしはそんなことありえないと思います。発達障害のうち98パーセントくらいはただの社会不適合者。成功するような人なんてほんのほんのほんの一部です。わたしみたいにおちぶれる奴のほうがはるかに多いわけです。

 

絶望的に協働できない、疲れやすい、空気を読めない

日本社会の「社会人」たるもの「平均」であることを求められる。わたしはこれが絶望的に無理みたいです。同期が気味悪いくらい周囲に合わせているのを見ると「????????」と思います。同期に言わせればわたしのことを「好き放題ふるまっている」と評価しているそうですが、とんでもない。わたしはものすごく自分を抑圧して、他人のまねをしまくって、なんとか「健常者」のかたちを保ってるつもりなのですが、それでさえ「おかしい」と言われてしまってはどうしようもありません。こちとら少しでも凸凹のボコの部分を平たんに見せるための隠ぺい作業に必死なのに、健常な人たちはそのへんをナチュラル~~に自然~~~にできるんだとしたら、羨ましいことこの上ありません。どうしてそんな普通にふるまえるの?それとも私がおかしいの?そうか、私がおかしいのか。

 

relax-heart.hatenablog.com

 「普通そうに見えてエキセントリックだよね」とよく言われます。まったく褒め言葉ではありません。おそらく向こうは貶める意味で言ってるんだと思います。「社会人なんだからもっと慎め」って意味で言ってるんだと思います。わたしは上司から良い評価を受けたことがありません。いつも「単純作業の効率が悪い」とか「人と協働できない」とか「周囲との調和性がない」とかいろいろケチをつけられてしまいます。なんとか自分を変えたいと思っているのですが…20年以上付き合ってきたこの性質がすぐに変わるわけでもありませんし…つくづく「社会人」に向いていない性格なんだと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 私の職場は典型的日本企業で、「平均」であることを強く求めてくる職場です。出世するのは「平均」な人ばかりです。ぶっちゃけ、すごく優秀な人が出世している印象はありません。そういう人は転職していきます。とにかく波風立てない人が自然に上に行く印象です。だから上司も「普通」の人が多いです。「普通」の上司は、部下にも「平均」を求めます。さて、凸凹が思いっきり大きいわたしが「平均」を求められたら?……できるわけありませんよね。ぼろっかすです。「もっとチームの役に立つことを意識して」と言われることが多いのですが、よくわかりません。必要以上のことを背負うとまた病気が再発してしまうでしょうし、できもしないことは引き受けたくありません。できもしないことを安請け合いすることを「チャレンジ精神」として評価されるんだとしたら、もうわたしは社会人無理です…芋虫として生きていきたい…キャベツだけ食べて生きていきたい…

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 定型発達(と思う)の同僚を見るにつけ「なんで???」と思います。なんで普通に生活していけるの?わたしは毎日死にそうなのになんで?なんでそんな理不尽にもへらへら笑ってられるの??わたしは納得できないことにはすぐ反論するけどそれが「空気読めない」ってことなのか??じゃあたくさんの理不尽を飲み込んで我慢して腹の中グッタグタにしながら毎月の給料日を待って生きる生活を40年続けることが正解なのか?これが現代日本人の「正しい」生き方なのか??

 

relax-heart.hatenablog.com

 

「ショーガイ」を抱えた人間にもそれができるのか?脳の偏りができる人間が、これ以上何を真似して「健常な社会人」の演技をしたらいいの??え????本当に無理なんだけど。世間知らずとか、経験不足とかそういう話じゃなくて、本当に、「定型発達」の人たちの頭のまわり方とか、空気の読み方とかが、本当に理解できないんだけど??そうしないと生きていけないの?あれをまねしないと生きていけないの?え?詰んでない??控えめに言って詰んでるじゃん。アスペには無理っすわ。宇宙人が地球人のマネなんて。もう無理。

 

転職を考えたくもなりますよね。今の職場の状況も悪いですし…環境が変われば状態がよくなるということも考えられます。とにかく何かアクションを起こさないことには、現状は何も変わらないってことです。それも若いうちに。

 

relax-heart.hatenablog.com

 とにかく思うのは、ひしひしと思うのは、わたしは「天才じゃない発達障害」ですし、「社会人にも向いていない」ということです。この先の生き方、マジで戦略を練らないと詰みます。このまま普通に社会人を続けるのにも限界があります。もう健常者の演技をするのは限界です。心折れ過ぎて粉になりそうです。

道を、考えなくてはなりません。