うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

私のうつが治らない理由。ストレス耐性が弱い?努力・やる気・気合いでは対処できない

うつ病と診断されて2年。

うつ?はあ?と思いながらも主治医から休職診断書を渡され、自宅療養に入ったあの日からはや2年。

症状は上下を繰り返し、安定することはなく、毎日がぎりぎりの状態で生活しています。

うつ病には「寛解」という言葉が使われるそうですが、今の私は間違いなく「寛解」とは程遠い状態です。希死念慮がいつも頭の裏側をふらついていますし、気分の落ち込みは起きている間ほぼありますし。

なぜわたしのうつ病は治らないのでしょう?

自分の今までのことも振り返りながら以下に書いてみたいと思います。

 最初、抗うつ薬を飲まなかった

うつと診断された当初、渡されたのは抗不安薬と睡眠導入剤でした。メンタル系の薬を飲んだことが無い私は、それだけでもびくびくしていました。この抗不安薬が全く自分に合わず、不安を取り除くどころか余計不安を増大させてしまうことになってしまいました。向き不向きがあるんでしょうね…

 

relax-heart.hatenablog.com

 最初に飲み始めたのはソラナックスでした。それがまったく効かなかったので、数か月でレキソタンに変わりました。ソラナックスよりかはいくらか落ち着くことができたので「ああ、レキソタンの方が向いているな」と思いました。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ここで休職の延長が言い渡され、心の糸がぷつんと切れました。それまでは当初言い渡された期間休んでさえいれば職場復帰できる、と思い込んでいたので、「復職にはまだ早い」と言われたことに相当ショックを受けたのを覚えています。それをきっかけに著名に症状は悪化し、希死念慮が凄まじく強くなり、ベッドから出られなくなりました。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

この時点で抗うつ薬は飲んでいませんでした。レキソタンだけで希死念慮を抑えることはできませんでした。自傷行為などはしていませんが、当時のブログや日記には「死にたい、死にたい」ということを書き殴っていました。味のしないクリスマスケーキを泣きながら食べていたのを覚えています。このころ、電通の痛ましい過労死事件が起きていたことを知るのは、もっと後になるのですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

抗うつ薬を懇願した

抗うつ薬を飲まない状態が半年続き、症状も軽減しないので、主治医に「なんでもいいから抗うつ薬を飲ませてほしい」と訴えました。このころは身も心もぼろぼろでした。周囲の人間関係も破壊していましたし、自暴自棄に至っていました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

初めて飲んだ抗うつ薬は、パキシル。

希死念慮や攻撃性は抑えられましたが、「やる気」「意欲」「喜び」は一切なくなりました。いわゆるノルアドレナリン系の効果が全くなくなりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

やる気が一切出ないことを伝えると、次に出てきたのはサインバルタ。

ここで症状が一時的に改善します。

また、季節が夏だったのが、幸か不幸か、症状の改善に寄与します。

 

relax-heart.hatenablog.com

 上記事は今年の夏ですが、去年も同様です。

どういうわけか、「夏はテンションが上がってうつ状態がなくなる」んです。

サインバルタを飲んで、夏のテンション上昇の波に乗って、よっしゃこれで復職できる!と思いました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

主治医から復職OKの許可も出て、これでようやくうつから解放されると思っていました。思っていたんです……

 

復職直後、激しいうつに

去年の秋、復職しました。端的に言うと、ものすごく落ち込みました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

それまで飲んでいたサインバルタも効かなくなりました。イフェクサーに変えてもだめ。凄まじい気分の落ち込み、「消えたい」、希死念慮。それらを抱えて毎日仕事をしていました。我ながらむちゃくちゃしんどいことをしていたと思います。このブログを立ち上げたのも去年の秋ですが、仕事のしんどさからフォーカスをずらすために作ったともいえます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

復職したとたん、すさまじい気分の落ち込み。これにはいろいろ理由が考えられると思います。

  1. 夏のハイテンション期が過ぎた
  2. 仕事のストレス
  3. 実家から遠い土地で再び働き始めたストレス

ちなみに1の「夏のハイテンションが過ぎてすさまじく落ち込む」という現象は、今年も発現しました。10~11月は本当にきつかった。結局、夏の間のブースト効果を利用して復職しても、秋からまた明らかにパワーダウンするので、持続するわけがないんですよね…

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 ↑2017年夏の記事です。笑えるでしょう?これが数か月後には自殺未遂起こすほど落ち込むわけですから。全く治ってないんですよ。何考えてるんだか…ほんとに双極性障害の軽躁状態だったのかもしれません。このブログ読んでて思うんですけど、自分は本当に情緒不安定だと思います。言動に一貫性がなく、先週言っていたことをもう覚えていない。執着していたことをすぐに忘れる。元気になったと思ったらすぐ落ち込む。病的な気分屋です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

サインバルタなどのSNRIを飲んでもまったく効かず、憂鬱感がすさまじかったので、次に提案されたのがリフレックス。

 

relax-heart.hatenablog.com

 カリフォルニアロケット処方(SNRIとNaSSA)で臨んでみたものの、結果は×。リフレックス単体に変えてもだめでした。過食と過眠が異常なレベルに。さらにイフェクサーを断薬したせいでシャンビリがひどくなり、仕事に支障が出てきました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 おかげで今年の2月くらいまでうつの極みみたいな生活を送っていました。本気で仕事辞めて引きこもりたいと思っていました…よく働いていたなと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

少し浮かび上がった3月、叩き潰された4月

3月のころには「双極性障害」疑惑が濃厚になりました。抗うつ薬が効かないからです。(そのわりには躁エピソードはないと思うのですが…)

リフレックスとエビリファイで治療。なぜかこのころは調子がよかったです。

  1. 冬が終わったから?
  2. エビリファイが合っていたから?

このころの記事を見ると、規則正しく生活ができている様子が見受けられます。

 

relax-heart.hatenablog.com

 3月で「ちょっと調子よくなったかな…?これで春は今よりましな状態で迎えられるかな…?」と期待を抱きます。調子がいいとはいえ死に物狂いで3月を迎え、次に来たのは4月。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

叩き潰されます。

とてつもない体調不良で、出社できなくなりました。

このころ、抗うつ薬を飲まなくなりました。エビリファイ、リーマスを飲んでいました。抗うつ薬を飲まなかったことも原因だったのでしょうか…?とにかくすさまじい落ち込みと過呼吸に襲われました。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

うつがひどいのでラミクタールに変えてみたのですが、薬疹らしきものが一気にできたので中止になりました。わたしはもともとは肌は荒れにくく、ぶつぶつなどは全然ない体質だったのですが、メンタルの薬を飲むようになってから体中が肌荒れでいっぱいになるようになりました。皮膚科で処方された薬を塗っても治らないし、市販のボディクリームはもっと荒れるし、ワセリンくらいしか打つ手がありません…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

抗うつ薬を再開

このころ主治医を変えたのですが「双極性障害」疑惑を一掃されました。

そしてサインバルタで再び抗うつを試みるようになりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

サインバルタを始めて3~4週間で、頭の黒いもやもやが取れていく感じはありました。

また、規則正しい生活、運動と栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしていました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

うつが無い状態

困った季節、夏です。夏はなぜかうつがなくなるのです。日照時間の長さが原因なのでしょうか?このころは外出も多く、気分も浮足立っていて、どちらかというと軽躁に近い状態でした。

「わたし、うつ病だったっけ?」と本気で思っていました。そのころがこの記事です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 死亡フラグとしか言いようがない記事です。

今では理解できませんが、当時は本気で思っていたのです。うつが治ったと思っていた。ようやくうつから解放されたと思っていた。もう大丈夫、と信じていた。

ところが、夏の終わりと同時に、うつ症状は再び舞い戻ってきます。

 

叩き潰された今秋

九月ごろからすでに調子の悪さは見えていました。

九月の記事で「10月はもっとひどくなるかも」みたいなことを書いていたのですが、まさに予言通りになりました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 冬→春や、夏→秋のような季節の変わり目は露骨に体調が悪くなります。

九月で体調が悪くなり、10月でがた落ちし、11月頭で死ぬか死なないかのレベルまで落ち込みました。いやあ本当に今月はつらかった。死ぬかと思った。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

希死念慮がすさまじく強くなり希死念慮対策にリチウムが追加され、抗うつ薬にイフェクサーが追加されました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 リチウムを飲んでいるので、結局双極性障害だろうとうつ病だろうと飲んでいる薬はほぼ変わらない感じです。リチウムを飲んで希死念慮は……気持ち薄れた感じかな……?ぱっとしません。イフェクサーに変えても抗うつ効果がパッと出たかというと微妙です。はっきり言って今の体調は「悪い」です。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ついでに言うなら、発達障害疑惑も出ているので、WAIS-3というIQ測定テストも受けてきました。これの結果が出たらまた記事にしたいと思います。→見事発達障害と診断されました。アスペルガーとADHD併発だそうです。ドンドンパフパフ。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

昔からある「生きづらさ」の正体は発達障害にあるのか…?よくわかりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

結局、なんで治らないの?

f:id:cookieheart:20170316190518j:plain

疑問です。2年も治療しているのになぜ治らない?

環境が悪いのでしょうか?

 

relax-heart.hatenablog.com

 

今の職場を変えれば改善するのでしょうか?

薬での治療には限界があるのでしょうか?

今の生活そのものにうつになるストレッサーがあるのか?

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

私をうつにした原因である「過労」「パワハラ」からは今は離れた環境で生活しています。なのにうつを引きずっている理由がよくわかりません。地元に戻れば症状が軽減するかと思えば、そういうわけでもありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

家族関係は悪いですし、実家にいるとイライラすることも多いから、むしろ一人暮らしの方が気楽に思えることもあります。

 

?????

 

「過労」と「パワハラ」がなくなったはずなのに、なぜ「うつ病」は治らない?

夏には一時的に症状が治まったかのように見えるのに、なぜそれ以外の季節ではすさまじく落ち込む?

 

relax-heart.hatenablog.com

 

どの抗うつ薬を飲んでも頭の裏側にべったりと張り付く希死念慮が消えてくれないのはどうして?

うつの治療に良いとされる規則正しい生活だの運動だのをしていたにも関わらず、季節の変わり目で異常なレベルにまで体調が落ち込むのはどうして?

正直、わけがわかりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

数か月休めば治るだろうと思っていたはずなのに、なぜこの病気に2年間も足を引っ張られなきゃならないのか、理解ができません。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

抗うつ薬を飲んでもその場しのぎ的な効果しか得られませんし、双極性障害の薬を飲むといっそう体調が悪くなりましたし、地元に戻っても家族関係の悪さにイライラして落ち着かず調子が悪いですし、何が答えになるのか見通しがつかず、非常に苛立たしい思いです。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

私はさっさとうつ病を治したいのに!どうすれば治るのかがわからない!!何を飲んでも、何をしても治らない!この状態がまさか一生続くのか?冗談じゃありません。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ヒントをご存知の方、同じ境遇で悩んでいる方、コメントいただけたら幸いです。当方、いろいろ治療を試してみたものの解決の糸口が発見できずにとても困っています…。