金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

ジプレキサ体験談。眠気、食欲増加、太る

ここのところ調子が悪い日が続き、今飲んでいる薬では上向きにならない状態になりました。

季節の変わり目トラップ、発動です。10月は調子が悪くなることが予見されていましたが、まさにその通りだったというかなんというか…

ドクターに相談し、メインの薬にジプレキサを追加してもらうことにしました。ジプレキサ2.5mgを朝食後と寝る前に飲むようになりました。

うつ対策としてのジプレキサ

ジプレキサは統合失調症の薬ですが、抗うつ効果もあるそうです。双極性障害のうつ状態にも効果があると。

今のわたしは一応双極性障害の診断は受けておらず、単極性のうつとして投薬治療を受けていますが、うつの治療として今回はジプレキサが投薬されたということです。

というのも、わたしがメンタルの調子が悪すぎて「食べられない」「眠れない」という症状が顕著に出るようになってしまったのです。何を目の前にしても口に運ぶことができない。今まで食欲は強い方だったのに一切の食べ物を体が受け付けない。これには困りました。

また睡眠異常も発生しました。夜中に目が覚めることが何回もありましたし、そもそも夜寝付くことができない。朝まで寝ても熟眠感を得ることができない。

食べられないし眠れない。ふらっふらの状態です。そしてメンタルも地を這うように不調になってゆく。

ドクターに相談した結果、「ジプレキサで食欲と睡眠欲を引きずり出そう。これはよく効くから」とジプレキサ(オランザピン)が処方されるようになりました。

 

睡眠は改善

ジプレキサを寝る前に飲むようになってから、たしかに寝つきはよくなりました。中途覚醒は相変わらずありますが…

リフレックスを飲み始めたときほどの衝撃的な眠気はありませんでしたが、それでも沼に落ち込むような眠りには引き込まれました。まあ夜中に目覚めるのが問題点なんですけれど…

 

食欲増加、太る

食べられなかったのが嘘のように、ジプレキサを飲むようになってから食べられるようになりました。食欲は明らかに増えています。

リフレックスを飲んでいたときも食欲増加で体重が増えてしまっていましたが、ジプレキサで更に太っています。ほんとにデブ活著しいです。これは食べすぎないように気をつけないといけませんね…ジプレキサは「代謝が落ちる」「食欲が増える」とダブルの方向で太りやすくさせる薬なので、マジで注意が必要です。食べられるようになったのは良いものの、食べすぎて太り、食べすぎなくても太るのには全く困ってしまいます…

 

メンタルは上向きに

ジプレキサを始めてから少しメンタルが上向きになりました。季節の変わり目トラップでどん底だった気分が、少しはマシになったというか、安定した気がします。

とりあえず安定して「食べる」「寝る」ができているのでokとしましょうか…太るけど…

 

ジプレキサの今の使用感としては、リフレックスを飲み始めたころとよく似ています。「うつ傾向のメンタルが少し安定する」「眠気は確実に増す」「食欲も増える、代謝が落ちる、よって太る」です。

 

太る副作用が嫌いな方には向いてない薬かもしれません…少なくとも痩せる薬ではありません。ジプレキサを始めてから数週間経ちますが、明らかに以前より体重の増え方が激しくなりました。

 

食欲の秋とは言いますが、ジプレキサの「太る」という副作用には退場なさってほしいものです。服が入らなくなってきて切実に困るので…

ジプレキサを今後も使い続けてみますが、メンタルへの効果と体への副作用のバランスが悪ければ、別の薬への切り替えを考え中です。最近薬漬けだなあ…

 

ジプレキサで適切なうつ治療がなされることを願います。

 

 

追記(2017/11)

ジプレキサによる体重増加、手指のふるえ、うつの改善が見られないことを伝えた結果、ジプレキサからセロクエル(クエチアピン)に変わりました。主治医Aはジプレキサを続けろ!というスタンスだったので、別の医師Bに相談した結果、同じジャンルの薬のセロクエルに変更になりました。

今のところ、セロクエルに変えたことで異常な体重増加は止まりました。また強い抑うつ感も弱くなり、眠気の副作用があるので眠剤としても利用できます。

結果としてはジプレキサからセロクエルに変えてわたしの場合は良かったかなと思います。個人差があるところですが…