うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

心療内科に行きたくない?怖い?しんどいならうつ病を悪化させる前に早く病院へ

人は誰しも自分がうつ病なんて思いもしないでしょう。

自分から心療内科に行きたがる人なんて少ないんじゃないでしょうか。

中には「心療内科に行くとうつ病と診断されてしまうから、行かない」という人もいるでしょう。

ご多分に漏れず、わたしも同じ考え方をしていました。どれだけ体が不調でも、ここで心療内科に行こうという発想は出てきませんでした。そもそも「体」が不調なんだから、行くべき病院は「内科」だろうと思っていたのです。

心療内科に強制連行

f:id:cookieheart:20180517181910j:plain

最初に体の不調を感じ、「このままじゃ死ぬわ」と思って訪れた病院は内科でした。ところが内科の先生に症状を説明すると「あなたそれは内科じゃなく心療内科だよ。すぐに心療内科に行ってきなさい。心の病気だよ」と言われてしまったのでした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

はあ?心療内科?今の症状は心の病気なの…?

頭の中にクエスチョンマークがたくさんあるまま、紹介された心療内科を受診。症状を説明すると「うつ病ですね。仕事休んでください」→そのまま休職。…という流れになってしまいました。以後、抗うつ薬を飲みながら病気と格闘中。良くなったり悪くなったりを繰り返しながら数年間を過ごしています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

自分がうつ病とは思いもしなかった

この流れから言えることは、わたしは自発的には心療内科に行く気は全くなかったということです。医者に言われるがまま心療内科に行き、うつ病と診断されただけ。自分がうつ病だなんて思いもしなかったし、心療内科に行く必要性も全く自覚していませんでした。内科の先生に「心療内科に行け」と言われるまでは心療内科の「し」の字も頭に思い浮かんでこなかったのです。

 

同じような人が多いのでは?

ここで思うのは、自分と同じように「本当はうつ病と診断されるべき症状を有しているけど、心療内科に行っていないばかりにうつ病とは言われていない」という「ステルスうつ」の人はものすごく多いのではないかということです。だって、現に私も同じ状態だったのですから。自分に不調が出ても「内科に行かなきゃ」としか思いませんでした。まさか、心の病気だとは思いもしませんでしたよ…。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

心療内科のドアを叩くことも時には大事

心療内科に行く気が全くなかった私が言うのもなんですが、自分に不調が出たときには素直に病院、それも心療内科に行くことが重要なのではないかと思います。眠れない、食べられない、頭が動かない、気分が落ち込む……そのような症状が出ているにもかかわらず、心療内科に行かないゆえに「うつ病ではない」と断じるのは少し危険なのかもしれません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

自分のことは自分で守りましょう。不調がでたら病院に通うことも重要です。

 

うつ病が悪化してからでは遅い!早く病院へ

私が病院にかかったころには、とっくにうつ病ずぶずぶにはまり込んでいました。睡眠障害摂食障害希死念慮なんでもありましたし、本当に一刻も早く治療を始めないと死にかねない勢いでした。実際、「このままじゃ自分は死んでしまう」と自分に恐怖を覚えたから病院に行った、というのもあります。まだ20代で若く「死」なんて考えたこともなかったのに、あのころに限っては「このまま生きていると本気で死んでしまう」と悟ってしまっていました。なんとなく予感があったんでしょうね。動物としての。

 

relax-heart.hatenablog.com

 休職と薬物治療を行いましたが、はっきり言って寛解には程遠い現在です。悪化したり改善したりを繰り返してします。双極性障害の疑いもありますし…踏んだり蹴ったりのメンタルですが、それでも病院に行かないよりはましだったように思います。あのまま病院に行かなかったら、それこそ会社で倒れてそのまま死んでいたと思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 あのとき自分の体に少しでも残っていた生存のシグナルが「早く病院に行け!!」って言ってくれたから、今わたしは生きてたんだと思います。うつ病は「非常ベル」のようなものだと思います。そのままの生き方だと死んでしまうぞ、という警告だと受け止めています。それを無視してアクセルを踏み続けることは命にかかわる事態です。絶対に避けなくてはなりません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 はっきり言って精神的に本気でしんどいならさっさと病院に行くべきです。精神科でも心療内科でもメンタルクリニックでも。近いとこでいいです。余力があるうちにさっさと予約して行きましょう。本当にやばくなると予約する力さえなくなりますから、予約できる力があるうちにやりましょう。わたしは予約できない悲しさで自殺未遂に陥った経験さえあります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 うつ病は決して他人事ではありません。もともとの心の弱さ、強さの問題ではありません。体育会系でバリバリ鍛えた人があっさりうつで自殺してしまうケースもあります。うつは甘く見てはいけません。症状の程度によっては命を奪いかねない脅威となる病気です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

本当に早めにかかりましょう。悪化したら治るのに年単位で時間がかかるので、軽症のうちに対応しましょう。