うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

「うつヌケ」「死ぬ辞め」感想。過労とパワハラでうつ病になった会社員が思うこと【メンヘラ転職】

いまやどこの本屋さんでも平積みされている印象があるこの2冊の本。

「うつヌケ」と「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」。

二冊とも10万部を超えるヒットを記録しています。

うつ病や過労に関連するコミックとしては高い売上なのではないでしょうか。

わたしもこの二冊を購入して、読みました。

現代の闇が病気を蔓延させているというか…苦しいのは自分だけじゃないと思わされました。

「自分だけじゃなかった」という安心

この二冊を読んで思ったのは「自分だけではないんだ」という安心感です。

 

私は仕事によるストレスでうつ病を発症し、働けなくなったことがあります。その経歴を持つ者として「働けない」「病気になってしまったこと」は非常に大きなコンプレックスでした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

「うつ病になったのは自分が弱いだけなんじゃないのか…」と自分を責めてしまったりもしました。自分の心が特別弱いから、敏感だから、甘えているから、なまけているから、ストレス体制が弱いから、自分が異常だから…とずっと思っていました。周りからもそういわれたこともあります。「うつは甘え」「うつはなまけ」「これくらいでうつになるなんておかしい」って言われたこともありますね。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

しかし、この二冊が出版され、現代日本で反響を得ているという事実は、「自分だけじゃないんだ」「苦しい人は他にもいるんだ」「仕事によるうつ病はもはや日本全国で問題視されることなんだ」という安心感をわたしに与えました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

逃げるは恥だが役に立つ

f:id:cookieheart:20170616193353j:plain

以前ヒットしたドラマのタイトル。もとはハンガリーのことわざだそうですが、実際人生においても重要な言葉だと思います。

逃げることは決してかっこいいことではないし、周りに迷惑をかけるかもしれない。だけど、逃げることで自分の命を守ることができるのなら、それは選ぶべき選択肢なのかもしれない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

この二冊は「命のために逃げる」というメッセージを伝えてくれます。(特に死ぬ辞めの方は)「仕事は身を粉にしてやらなければならない」「自分が我慢すればいい」「つらいことも命を削って耐えなければならない」

…そんなメッセージで自分をがんじがらめにしている人には、ぜひこの二冊をおすすめします。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

もう少し働くの楽にならないのか

この手の本が売れることについて「ブラック企業やうつ病が問題視されているんだな」という安心感があると同時に、もう少しでも働くことがつらくないようにはならないものかと考えてしまいます。楽で楽しい仕事が現代にごろごろ転がっているとは思いませんが、それにしたってもうちょっとゆとりを持って仕事と生活のバランスを取れるようになったらいいのに。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

私は仕事がきっかけでうつ病になりましたが、あのときもう少しでも自分に優しくしていれば、逃げることを早く選んでいれば…ここまで病気を引きずらなくてもよかったのかなと思います。やはり「逃げるは恥だが役に立つ」とはこのことです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」も気になる

うつヌケ・死ぬ辞めのヒットに続き、映画版「ちょっと今から仕事やめてくる」も公開されていますね。

 小説版を読みましたが、「自分の人生は何のために、誰のためにあるのか?」「働くってどういうことだ?」と考えさせられ、胸の中がじんわり暖かくなる良作です。さらっと読めるのでおすすめです。映画版は福士蒼汰のヤマモトがかっこいい。そしてパワハラ上司とブラック職場の再現性がきっつい……胃に来るわ…

 でも最後はハッピーエンドです。「働くってどういうこと?」「なんのために生きているんだ?」っていうことを考えるきっかけになるかと思います。

relax-heart.hatenablog.com

 

 

幸せになりたい

端的に言えばそういうことです。仕事も含めた自分の人生をもっと充実させたい。仕事で病気になったら元も子もない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

働くことに疲れを感じている方、「がんばる」にも限界が来ている、「幸せ」ってなんだっけ?と感じている方にはぜひ手に取ってもらいたい本です。

 

メンヘラになっても誰も助けてくれない!!

これだけは強く言っておきたいのは、病気になっても会社の誰も守ってくれないことです。みんな何もしてくれません。助けてくれません。自己責任だ、お前の管理がなってなかったせいだ、こちらは悪くない…そんなのの繰り返しです。あなたが病気になったとしても会社が責任を取ってくれることはありません。それこそ過労自殺にでもなったら事件になるかもしれませんが、そこまでしないと会社は動いたりはしません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 頼むから会社のために自分の身をつぶすみたいな、大昔の会社員みたいな考え方はやめてください。壊れてからでは遅いのです。いったん病んでしまった心身は簡単には戻りません。わたしは双極性障害や発達障害が発覚したので、一生治りそうにもありません。きっとこの職場にいなければ一生気づくこともなかった障害でしょう。この仕事がクソだから病気になったし、障害も発見することになったんです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 自分を潰して働くことに何の意味もありません。逃げてください。死んでも誰も責任取ってくれません。まさか死ぬとは思わなかった、とか言って逃げるだけです。あなたの死はなんの意味も持ちません。あなたがつぶした心と体はすべて「おまえが悪い」という言葉でしか返ってきません。あなたが弱いせいです。会社は何も悪くありません。だから、会社のために自分を壊すことほどバカなことはないのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 わたしはうつが治りません。治ったと思っても1か月くらいです。すぐにまた発症します。たまに軽躁みたいな症状が出たと思えば、反動のようにうつに沈み込みます。こんなことの繰り返しです。学生時代からその傾向はありますが、社会人になっていっそうひどくなりました。パワハラ部署に回されてからは特にそうですね。仕事のせいで死ぬ思いをするなんて、おかしな話です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 逃げることに勝る防御はありません。休職でも退職でもなんでもいいから逃げるべきです。死んではいけません。死にたいって思うかもしれません。私も何回も思いました。本当につらいですよね。自分なんて消えたほうがマシって思いますよね。死ぬべきだって思いますよね。それでも死んではいけません。会社の思惑通りになってはいけません。あなたは負けてはいけません。あなたは自分の人生を生きるべきです。会社に壊されてはいけません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 つらかったら逃げる。身を守る。とにかくこれを覚えてください。自分の身を犠牲にして働くことに何の価値もありません。壊れた体と心は戻りません。それほど仕事は大切ですか?自分の心身が健康であることが一番大事だと思いませんか?失って初めて気づくとは言いますが、健康だってその通りです。わたしは半永久的に健康を損ない、「障碍者」に近い存在になりましたが、本当に「健康」という言葉が遠く聞こえます。もう自分には縁遠いものです。

 ぶっちゃけ、さっさと逃げましょう。心身ぼろぼろになりながら働く意味なんてありません。昔ならともかく今の日本が労働者を守ってくれるわけないんですから…まじめにやるだけ無駄です。大企業だって簡単にこけてしまう世の中ですから、あてにしてはいけません。次の行き場所は自分で決める…そういう時代です。

 

転職を考えたくもなりますよね。今の職場の状況も悪いですし…環境が変われば状態がよくなるということも考えられます。とにかく何かアクションを起こさないことには、現状は何も変わらないってことです。それも若いうちに。

 

relax-heart.hatenablog.com

 絶対に無理をしてはいけません。「うつヌケ」「死ぬ辞め」にもあるとおり、逃げたらいいんです。現実にいつも立ち向かう必要はありません。ブラック企業に心身を壊され、戻らない障害を負い、挙句の果てに死ぬような目には絶対遭ってはいけません。

今心を病んでいる、病みそうな方にはぜひ読んでほしい2冊です。