金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

体調不良になる条件。天気や気圧や食事は大事

今日は調子がよくないです。

いつものことながらですが…

調子が悪いときには、いろいろ「これ、あてはまっていないかな?」と思うことがあります。

 寝不足

睡眠時間が足りていない、睡眠の質が低い場合、日中の疲れやだるさは重くなりがちです。やる気もなかなか出せません。頭も痛いですし体を動かすのもしんどくなります。何をやるにしても睡眠でパワーを補給するのが基本的ですね。

 

食事の内容

三食食べられているか、炭水化物に偏っていないか、野菜をちゃんと食べているか、季節のものを食べているか、たんぱく質をちゃんと摂取しているか、ゆっくり食べているか、冷たいものばかり食べていないか、辛すぎたり味が濃すぎたりといったものを食べていないか、ながら食いをしていないか、食べたくもないのに無理に食べていないか、逆に食べ過ぎていないか…

 

食事に関しても、気を付けなければならないことがたくさんあります。無理に三食食べなければならない、と思うとしんどいので、自分のペースが大事だと思います。ただ、このごろは体を冷やさないことの大切さを実感するので、冷たいものを食べすぎないように注意しています。これからの季節、アイスクリームとか要注意ですよね。

f:id:cookieheart:20170415125244j:plain

甘いものも、食べたその時は幸福感を感じられるかもしれませんが、そのあとは血糖値が下がって体調不良の原因になりかねないので、あまり食べすぎないようにしています。

 

カフェイン、アルコール

カフェインに弱い体質、強い体質ってあるかと思います。私はどうもカフェインに弱い方なので、コーヒーを飲むとしばらく不安や動悸が発生します。コーヒー、好きなんですけどね。カフェインレスコーヒーやハーブティーのほうが体によさそうです。

私はほぼ飲みませんが、アルコールも眠りの質を低下させます。晩酌が楽しみという方もほどほどにしておくのがよさそうですね。

 

 

運動不足

しんどい日は運動不足と言っていないで寝るのが良いと思いますが、余裕があれば軽い運動をしてみるのも、調子をよくするのに重要ですよね。軽い散歩から始めてみればいいと思うし、ガチの筋トレをいきなりする必要はないと思います。

 

天気、気圧、気温

これは自分ではどうしようもないことですね…

天気が悪い日、気圧が下がる日、気温が低くなるような日は、「もう仕方ない」とあきらめるのもひとつの手だと思います。人間、365日がんばるなんてむちゃですし。休む日がないと続けられません。

 

スマホ、パソコンの触りすぎ

ブログを書いておいてなんですが、これは重要かと思います。

寝る前にスマホやパソコンを使いすぎると、ブルーライトの影響で眠りの質が低下するそうです。

ブルーライトとは - 睡眠への影響 | ブルーライト研究会

 

ぼーっとする時間があるとすぐにスマホに手が伸びてしまう。

これは良くない習慣だと思います。現代は情報過多で、人間の頭が把握できる量を超える情報が飛び交っていると思います。全部常に正面から受け止めていたら疲れちゃいます……

知り合いは、帰宅すると玄関にスマホを置くそうです。オンオフの切り替えという意味でも、電子機器を夜には触らないというのは健康的かもしれませんね。

 

自己コントロールできるようになりたい

f:id:cookieheart:20170415130034j:plain

日によって波があれど、それをできるだけ穏やかにして暮らしていきたいのが願うところです。そのためにも「自分はこんな日は調子が悪くなるんだ」「こんな日にがんばりすぎるとエンジントラブルになるから、アクセルゆるめで行こう」と、日々の状態に合わせて自分を調節していけたら理想ですね。

今は薬の力を借りて日常生活を送っていますが、いつか薬がなくても元気になれたらいいなと願います。