金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

季節の変わり目は体調が悪くなりがち

おひさしぶりです。

少しの間休んでいました。

春という季節のせいかなんなのか、体調が追いついていません。

春の天気の変動

春というのはあたたかいようで、意外と寒暖の差が激しい季節です。

晴れの日があったかと思えばすぐに雨が降ったり、スプリングコートで十分な日もあれば冬用のコートに変えなければならなかったり…

日ごとの気候の変動が体に不調をきたしています。

毎年のことですが季節の変わり目は調子が悪くなりがちです。

真冬は真冬で寒くて調子が悪くてつらいのですが、春とのつなぎめはやはり心身が不安定になりがちです。

 

新年度のざわざわ

f:id:cookieheart:20170409111009j:plain

年度末と新年度のはじまりが重なる今の季節は、精神的に結構こたえます。

人が入れ替わったり職場移動があったり…

疲れなくはありません。安定しない環境というのは良くも悪くも刺激で、負担になります。

新社会人のニュースなんか見ると胸がざわつきます。

ああ、この人たちみたいに目を輝かせていた時代が自分にもあったんだろうか…と思わされます。

 

花粉

花粉の季節でもあるので、鼻炎がしんどくて過ごしにくいこともあります。

ただの花粉症かと思いきや、気づいたら風邪をひいていたということもありますし…

春というのは穏やかな季節のイメージがありますが、実際は変化が大きく、精神的にも肉体的にもストレスが大きい季節のように思います。

 

対策

寝る

不調を食い止める一番の方法は寝ることだと思います。

ひたすら昏々と眠ります。

ちゃんと眠れない日もありますが、薬の力を借りてとにかく寝ます。

 

身体を冷やさない

温かい飲み物を飲んで体を冷やさないようにします。

花粉で鼻がすっきりしないことがありますので、ミントのハーブティーを飲むこともあります。ショウガを食べて体をあたためることもあります。カイロを服に貼ることもあります。

 

アロマテラピー

わたしはアロマが好きなので、香りで癒されるようにしています。

アロマテラピーはとてもお手軽で癒し効果の大きい趣味だと思います。

ラベンダーのアロマオイルは安眠やリラックスに効果が大きいと聞きます。

寝る前や、なんとなく不安で落ち着かない時にはアロマディフューザーで部屋に香りを漂わせて気分を落ち着けます。

 

夜更かししない

よふかしして生活リズムが崩れると、心身のバランスも崩れてしまいます。

前項の「寝る」にも通じますが、夜更かししないことを徹底しています。

夜11時前には必ず寝る。朝起きる時間を平日と土日で激変させない。2時間以内程度にとどめておく。生活リズムが崩れると、整えるのにパワーを使うので…普段から崩れないように気を使っています。

 

季節の変わり目は大変

季節の変わり目は精神的にも肉体的にも負担が大きく、気づかないうちにストレスをためがちです。ストレスをためて爆発してしまわないように日ごろから注意したいですね。