読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい双極性障害グレーうつ病会社員のブログ

3連休だろうとゴールデンウイークだろうとメンヘラはメンヘラ

思うこと

世間は3連休ですが、メンヘラの皆様はいかがお過ごしでしょうか。

一般の人たちのように遊びに出かけたのでしょうか。あるいはメンヘラらしく家で静養していたのでしょうか。

わたしはもちろん後者です。3連休だろうとおかまいなしです。動いてもいないのに謎の筋肉痛がするので、家でずっと寝ています。運動不足だと眠りづらくなるので、近所を散歩したりはしていますが…とてもじゃないですが行楽地に行くことなんてできません。

レジャーはメンヘラと相性が悪い

「楽しそうな場所に行けば、雰囲気につられてメンヘラも治るんじゃないか」

そのように思っていた時期がわたしにもありました。あえてにぎやかな場所に行くことで、自分を鼓舞しようとしていた時期がありました。

結果。人ごみに疲れ果て、ぼろぼろになって帰宅する。「やはりメンヘラは人ごみに行くべきではない」と痛感して寝る。それだけです。

f:id:cookieheart:20170320085825j:plain

今だとディズニーやUSJが大混雑なのでしょうか。今の時期にそんな場所に行くなんて狂気の沙汰です。どうしても行きたかったら平日に行きます。メンヘラとレジャー(人ごみ)は相性が悪いです。人が少ない自然の多い場所なら癒されますが……そこまで行く道中で疲れ果ててしまうかもしれません。

 

一般人につられて、レジャーに行くな

言い方はあれですが、要は「自分の体調を考えて行動したほうがいい」ってことです。

世間が休みで浮かれていようとメンヘラはメンヘラです。

メンヘラは年中無休です。三連休だろうとゴールデンウィークだろうと病んでいるのです。これはすぐには治しようがありません。

f:id:cookieheart:20170305103400j:plain

だから、いくら世間が遊びや休みにかまけていても、自分もそのとおりにやらなくちゃいけないのか、というとそうじゃないと思うのです。

逆に、世間が仕事に打ち込んでいても、自分が体調が思わしくなければ、必ずしも仕事をしなくちゃいけないってわけじゃないと思うのです。

 

要は、自分の心と体の主人として、自分の調子を常によく見て、故障させないようにしっかりと監督することが大事だと思うのです。世間はあなたの面倒を見てくれません。メンヘラの面倒を見てくれるのは医者です。でも医者さえ祝日には休みをとるのです。だったら、自分で自分の面倒を見るしかありません。

 

周囲に乱されずに、自分の軸をもって生きていく

情報過多な現代「自分の軸」を持つことは昔以上に難しいことのように思われます。

価値観は多様化し、役に立つ情報もノイズも大量に手に入るようになりました。

いろんな人の考え方が聞こえてくる中で「わたしの考えはこうなんだ」と表明するのはとても意味があることのように思えます。

メンヘラにとって「自分の軸をもつ」ことはとても難しいことなのですが…これができると、世間にも、他人にも、病気にもふりまわされずに生きられるようになると思います。

世間が何休みだろうと、メンヘラは年中無休です。自分の調子をよくみて、遊べるなら遊ぶ、休むべき時は休む、ちゃんと自分の監督をしてあげたいところです。