金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

会社に行かないよりマシ、と言い聞かせる

ようやく金曜日ですね。

毎週毎週本当に疲れる…自分がおかしいんじゃないかってくらい疲れています。疲れもうつ病の症状なので仕方ないのかもしれませんけど。

 

頭がしっかり動かない

週の後半になると疲労が溜まってうまいように自分を動かせなくなります。頭の動きは顕著に遅くなります。情報処理のスピードががくんと落ちます。同じ文章を何回も読み直すこともしばしばです。

 

脳の煩雑さが欝を産む

個人的に思うことです。

仕事などで頭がパンクすると、物事を正しく認識できなくなります。

恐るるに足らないものを過剰に恐れたり、警戒すべきことにやけに首を突っ込みたくなります。

頭の中が散らかっていると外部刺激への反応も正常にできなくなります。

注意散漫になり失敗も増え、自尊心が失われ、抑うつ的な気分になります。

 

要は、自分のキャパオーバーのことをすると脳は壊れるということです。わたしは発病前は自分のキャパを∞と何故か勘違いしていたため、病気の発覚が遅れ、回復まで時間がかかりました。

 

行けてないよりマシ

話はそれましたが、会社でのパフォーマンスが低くて気分が落ちてしまうときには、わたしは「会社に行けてないよりマシ」と思うようにしています。自宅から会社に来れたんですもの。それだけで十分やりきったと思うようにしています。職場でのアウトプットの質を考えるべき時期にはまだいないのかもしれません。

f:id:cookieheart:20170310123901j:image

どうも負けず嫌いで完璧主義なきらいがあるわたしは、無理を押して仕事をしようとします。それがあとで体を壊すと分かっていたとしても、その時点では手を止めることができないのです。昔からいつも「やりすぎ」てしまいます。

 

この生き方を続けていてはいつか潰れてしまうので、もっと自分に優しく、目標をゆるくした生き方に慣れていけるようトライ中です。自動的に自分を厳しい環境に追い詰めがちになってしまうので、そこを変えていきたいですね。

とりあえず、今日は会社行けただけで合格です。