うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

ものすごく会社に行きたくないうつ病会社員がそれでも毎日出勤する理由

ようやく金曜日ですね。

毎週毎週本当に疲れる…自分がおかしいんじゃないかってくらい疲れています。疲れもうつ病の症状なので仕方ないのかもしれませんけど。

 

 

頭がしっかり動かない

週の後半になると疲労が溜まってうまいように自分を動かせなくなります。頭の動きは顕著に遅くなります。情報処理のスピードががくんと落ちます。同じ文章を何回も読み直すこともしばしばです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

脳の煩雑さが欝を産む

個人的に思うことです。

仕事などで頭がパンクすると、物事を正しく認識できなくなります。

恐るるに足らないものを過剰に恐れたり、警戒すべきことにやけに首を突っ込みたくなります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

頭の中が散らかっていると外部刺激への反応も正常にできなくなります。

注意散漫になり失敗も増え、自尊心が失われ、抑うつ的な気分になります。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

要は、自分のキャパオーバーのことをすると脳は壊れるということです。わたしは発病前は自分のキャパを∞と何故か勘違いしていたため、病気の発覚が遅れ、回復まで時間がかかりました。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

行けてないよりマシ

話はそれましたが、会社でのパフォーマンスが低くて気分が落ちてしまうときには、わたしは「会社に行けてないよりマシ」と思うようにしています。自宅から会社に来れたんですもの。それだけで十分やりきったと思うようにしています。職場でのアウトプットの質を考えるべき時期にはまだいないのかもしれません。

f:id:cookieheart:20170310123901j:image

どうも負けず嫌いで完璧主義なきらいがあるわたしは、無理を押して仕事をしようとします。それがあとで体を壊すと分かっていたとしても、その時点では手を止めることができないのです。昔からいつも「やりすぎ」てしまいます。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

この生き方を続けていてはいつか潰れてしまうので、もっと自分に優しく、目標をゆるくした生き方に慣れていけるようトライ中です。自動的に自分を厳しい環境に追い詰めがちになってしまうので、そこを変えていきたいですね。

とりあえず、今日は会社行けただけで合格です。

 

ハッキリ言って会社行きたくない

もう本当に、率直に言って会社に行くことがものすごいストレス。尋常なくストレス。もう病的に、朝起きて、決まった時間に出勤することがしんどい。学生時代もしんどかったけど社会人になってからさらにひどかった。朝は地獄のテンション。昼もつらい。夕方はボロボロ。夜はずっと寝てる。こんな生活終わってる。体力がなさすぎて、毎日栄養ドリンクを飲んでいても体が追いつかない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 この記事を書いた当時ですが、投与されていた薬が自分に合っていなかったこともあって、ストレスがものすごく溜まっています。イライラ傾向が強まっています。リフレックスを投与されていたはずですが…自分には合わなかったみたいですね…リフレックスと聞くと「よく食べてよく眠る薬」と言いますが、まさにその通りです。かといって、抗鬱効果が出たかというと、そんなことは全然ありませんでした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 合う人には合うと思いますが、私の場合は効果がありませんでした。ただこれは、リフレックスがだめなのか、職場環境が果てしなくクソなのがだめだったのか…判断は困るところです。今リフレックスを飲んだらまた違う結果が出ると思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 今思えば、全然ストレスを処理できていない環境で、根性で出勤していました。「わたしはうつ病が治った」と言い聞かせ続けていました。結局、治っていなかったんですけど…むしろ悪化したんですけど…本当につらかったです。相談できる人もいませんでしたし、現場は忙しいし、上司はいつもいないし、信頼できる人もいませんでした。もう「うつになった社員」ってことで腫れ物扱いされることもつらかったんですね。無力で無能なのは認めますが、それでもやっぱりつらかった。二度とまともな社員扱いしてもらえないのか、と悟るのは、にぶい私でもそこそこつらかった。

 

relax-heart.hatenablog.com

 今思えば復職できたのも双極性障害の「躁」の波に乗っていたときです。このころはガンガン動き回っていました。うつ?何それ?超元気!!モードでした。その間に復職の手続きを進めていき…思えばこのときSNRIを処方されていました…つまりSNRIによる躁転で、表面上は元気に見えていたのを「うつが寛解した」と解釈されてしまい、復職したってことですかね。そして夏が終わるとスーパーうつモードに入り、秋も冬もじめじめと死にかけのメンタルで過ごしていました。どう考えても双極性障害のあれですね…冬は精神的に終わっていましたからね…

 

relax-heart.hatenablog.com

 2018年春として思うことは、もう無理しないでいいってことです。無理しても病気悪化しますし。無理して治るもんじゃないし。やれるだけやるしかないってことです。双極性障害の自分のリズムを理解しながら生きていくしかない。そういうことです。