読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい双極性障害グレーうつ病会社員のブログ

私が思う「うつになりやすい」人の特徴を考えてみた

思うこと

週の半ばですが、みなさんお元気ですか。

私は疲れ果てています。低気圧もあいまってもう最悪です。

まだ水曜日であることに絶望して何回もカレンダーを見直しました。

つらいことが続く日々ですが、なんとか週末までこぎつけたいものです。

今回は、私のような「うつ病になりやすい」人の特徴について、私が個人的に考えたことを書いてみます。もちろんすべての人が該当するわけではないことはご了承ください。

 

自己肯定感が無い、低い

まずこれ。これが高い人でうつ病の人なんて私の周囲では少なくとも見たことがありません。いわゆるメンタルが強い人というのは、自己肯定ができている人が多いように感じられます。

 

理想の自分と現実の自分にギャップが大きく、そこに不満を抱いている

前項と関連する話です。要は「ありのままの自分」を認めることができていません。理想の自分は何もかも完璧にできていなければならない、自分は今のままではダメなんだ、という思いが極端に行き過ぎるとメンタルこわします。自己啓発というのはカンフル剤程度に使うのはいいのですが、常に「目指すべき自分は今の自分とはこんなにも違っていて、距離が遠いものなんだ」ということを想い続けていると、今の自分に満足できなくなります。そして「今の自分はダメだ」と思い込みます。仕事などへのポジティブなエネルギーに変換されればいいのですが、度を過ぎると「自己否定」につながりかねないポイントだと思います。

 

向上心が強い、意識が高い

結局、「意識が高い」「向上心が高い」に通ずるものって、「現状の自分に甘んじず、常に前に進むこと」をよしとする、という思想だと思います。「現状の自分に甘んじない」果たしてこれは本当に良いことなのでしょうか?上を目指すのはよいことですが、上を見ればきりがありません。どこまで成功すれば満足するのですか?今のままでいることは、本当によくないことでしょうか?

「向上心が強い」の裏返しは「現状に満足していない」だと思います。それは上を目指すエネルギーになることもありますが、自己肯定感を削ぐ考え方にもなりかねません。

 

考え方が極端

すぐ「これができなければ人生終わりだ」「この仕事に失敗したらもう社会人生活めちゃくちゃだ」「この試験に失敗したら今までの努力が水の泡だ」と、0か100か思考をします。これは勉強や試験で優秀な成績を出してきた人に多いんじゃないでしょうか。70点を出した自分がものすごく恥ずかしく思えたこと、ありませんか?

 

常に期待以上であろうとする

他人が求める以上の自分であらねばならない、という強迫感は心を疲れさせます。他人の期待以上に自分を演じたからと言って、自分が幸せになるとは限りません……。

 

自分のキャパシティを誤解している

悪い言い方をすれば「自分を過信している」ってことです。自分が背負える以上の荷物を背負っているのに、その現実を認識しようとせず、「大丈夫、まだまだ背負える」とカラ元気で乗り切ろうとする。そんなの続くはずありません。自分が背負える以上のものを背負えると誤解している人は、つぶれます。

 

依存先が少ない

仕事一筋人間がうつになりやすいのはこれだと思います。仕事でしか自分のメンタルを維持する手段を持たないから、仕事がうまくいかなくなるとうつ一直線になる。いわゆる「できる人」たちが意外にも余暇を楽しんだり、趣味活動に積極的にあろうとするのは、仕事だけにフォーカスしていると心がつぶれてしまうのを知っているからでしょう…

 

「今の自分」を肯定すること

うつ病になってからいろいろ考えたり本を読んだりしてきて出たひとつの答えは、「自己肯定の低さ」がうつの原因になっているのではないか、ということです。自己肯定の低さは、言い換えれば「向上心の高さ」「負けず嫌い」「貪欲」「野心家」ってことです。現状維持を嫌い、常に上を望むこと。そのような心構えは学業や仕事でも成果につながることはあるでしょう。

f:id:cookieheart:20170222192622j:plain

だけど、人生長いです。長い人生、ずっと上ばっかり見てたら、つぶれちゃうな、ってわたしは思いました。もう疲れました。学生時代から上ばっかり見ていましたが、上を見ると本当きりがない。本当に。だから、ありふれた話ですが「自分の持っているもの」に満足することのほうが大事じゃないかと思うようにしています。ハングリーになる時期もあるし、のんびり過ごす時期もある。そういう切り替えがあったほうが、人生なんとかなるんじゃないかって思うようにしています。ずっとギラギラしていたらストレスで早死にしてしまいそうですから。

 

難しいことですが、今の自分を肯定する。

仕事ができない。頭が悪い。顔が悪い。役に立たない。トロい。うまくしゃべれない。人に好かれない。いろいろあるでしょう、自分の嫌いなところ。

それでも、自分を認める。それでも自分はいいのだ、と認める勇気を持つ。

うつから一歩踏み出すためには、まず「どんな低スペックであれ、自分は生きていていいのだ」という絶対的自信を持つことが大事だと思います。難しいことだけどね!!