読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい会社員のブログ

うつ病だか双極性障害だか発達障害だか知らないけど、とにかく生きづらい

わたしは双極性障害グレーのうつ病会社員です。

抗うつ薬を飲んで治療を行っていますが、仕事環境がうまいこといってないのと、薬が自分にいまいち合っている感じがしないのとで、体調がよくありません。双極性障害疑惑は以前から言われていましたが、最近また疑いが強くなりました。どうも周期的に散財・衝動的な行動をする時期がある、というのが近年の傾向としてあります。まあ、今の薬が合わなければ別の薬に変えるだけです。

とにかく生きづらい

今に限った話ではありません。物心ついたころから生きづらい人生でした。

言葉にしがたい生きづらさをいつも抱えていて、周りや家族との衝突も多く、「努力」や「がんばり」といったあいまいなもので今までなんとかやってきました。しかし、どうもほかの人はそうではないようです。どうも自分の人生は何かがおかしい。何もおかしくない人生を送っている人なんていないと思いますが、自分はどうにもおかしい。今までは「努力」でそれを克服してきましたが、最近はもう無理があるよなー限界だよなーってへこみ気味です。

 

口を開けば変わり者、黙っていても変わり者

とにかく集団になじむのが致命的に下手な子供でした。幼稚園という集団生活を養う場所に行っていたにも関わらず一人でよく遊んでいて、先生に怒られていました。この傾向は小学校に上がってもあり、「どうして友達と遊ばないの?ふつうの子供は友達と遊ぶものなんだよ?」と担任の先生にネチネチと言われた記憶があります。

f:id:cookieheart:20170219215130j:plain

集団の会話というのが致命的に下手です。口を開けば「個性的だね」、会話が続かない、集団の会話が消えてしまう。何を言っても会話が続かないので黙ったら黙ったで「変な子だね」と言われてしまう。これが20歳ごろまでありました。必死で「コミュ障 克服」「普通のしゃべりかた」をググって勉強した記憶があります。どうにも普通の人間の輪になじめず、いつも違和感を与えてしまうし、自分自身も居心地悪く感じてしまいます。

 

子供のころから重度のコミュ障で、いつも孤立しがちでした。幸い、いじめにあったことはありません。というより「いじめにあったという自覚がない」だけだったのかもしれません。誰からも口をきいてもらえない時期があったりしました。

20歳ごろようやく、「世の中の他人は、自分とは違うのだ」という自覚を持つようになりました。それまではずっと、違和感がありました。自分以外の人や、テレビや本の中にいる他人は、いつも理解不能な生き物のように思えました。こんな気持ちを誰もが抱いていると思っていたのですが、どうもそうではないようです。コミュニケーションが上手な人は、そういう悩みを抱かずにすむようです。

 

まじめに言ってるのに怒られる

これがすごく多くて困りました。決してふざけて言ってるとか、悪意を持って言っているわけじゃないのに、ものすごい悪口を言っているように解釈されてしまうことがあって、「なにしゃべったらいいんだ…」と途方に暮れることがありました。私はどうも本音と建て前を切り替えることも苦手で、建て前を合わせるのも上手じゃありません。というか相手がしゃべっているのが本音なのか建て前なのかもよくわからないので、とりあえず建て前として合わせておきます。それでもときどき「なんでそんなこと言うの?!」と怒られたことはありましたが。基本的に人としゃべることは苦痛です。グループの会話なんてほんと意味不明です。あれで意思疎通ができている人たちが本気でわかりません。人としゃべってもストレス解消になるどころか、相手に誤解を与えてしまうのが怖いので、余計に気を使うだけです。

 

よくぶつかる

最近になって気づいたんですけど、普通の人ってものにぶつからないんですか?私は年がら年中どこかぶつけています。腕とか脚とかあざだらけです。基本的にものとの距離感がつかめないので、いつもどこかにぶつかるというか「当たっていないと不安」という謎の心理状態になります。逆に、ぶつかりたくないがゆえにものから離れすぎてしまうこともあります。

 

運動機能が低すぎる

お察しの通り、運動関係がほんと無理です。早く走れない、見たものをまねできない、平衡感覚がない、ボールをつかめない、投げられない。

そういえばドッジボールとかバスケットボールとかバレーボール、大嫌いでした。ネタではなくマジで「ボールと自分の距離感が分からない」んです。

手先も非常に不器用です。折り紙とか大嫌い。先生に「日本人なら折り鶴くらい折れなくてどうするの!!」と怒鳴られながら折った記憶があります(結局今も折れない)

 

ちなみに自動車の運転も非常に下手です。昔教習所にいたとき運転免許注意レベルテストみたいなのを受けたのですが、「最低ランク(免許を取ることを再考してください)」という結果でした。できなさすぎて教習所の先生にも怒られまくったな。

 

指示が理解できない

たとえば「〇〇という音が鳴ったら、Aチームの人は席を移動して下さい。××という音が鳴ったら、Bチームの人が移動してください」という指示があったとします。私がAチームだったとします。

××という音が鳴ったら、移動します。そして移動先で、「あれ、私指示守れてない!?」と気づいてパニくりながら元の席に戻ります。

基本的にこんなことしょっちゅうです。アドリブ的な指示に従うことが全然できません。これのせいで学生時代のグループワークはいつも嫌な思いをしていました。自分だけルールを理解できないままゲームが進んでいく、なんてこと、しょっちゅうです。だから基本的に山手線ゲーム的なのも苦手です。率先してルールを破壊します。

トランプゲームもダメです。いつもルールを意図せず壊します。神経衰弱くらい簡単にしてくれないと、無理。

 

いつも「浮いている」

ひとりでいても集団でいても「変な存在」です。口を開けば集団の和を乱すので、できるだけ静かに過ごそうと思います。「変わっている」と言われるのが嫌すぎて、20歳以降は「人まね」をすることばかり考えて過ごしています。この「人まね」を徹底した結果、20歳以前のようなやらかしは以前より減りましたが「自分らしく生きている」という感覚も驚異的に減りました。

人まねをすることが多すぎて最近は意識すらしていませんでした。基本的に、他人のしゃべっている言葉や表情をトレースしています。「自分らしくいよう」という言葉がわたしは大嫌いです。「自分らしくいる」と、わたしは社会生活を営むことができません。間違いなく人から避けられ、嫌われます。ですので、「自分らしさ」を押し隠し、他人のまねをすることで、かろうじて社会の一員として混ざりこんでいるのが、現在の状況です。

 

発達障害

正直、「アスペルガー症候群」という言葉を知った時、自分もそうなのでは?と思いました。どうにも他人とうまくいかない。自分らしく振舞えば振舞うほど、迷惑をかけてしまう。他人を不愉快にさせている。他人のせりふをトレースすれば、他人は喜んでいるように見える。つまり、「自分らしく振舞わない。自分らしさを押し殺すことで、市人間社会の中で生きていける」ということを、20歳ごろに学びました。

わたしにとって「自分らしく生きよう」は罠です。そうしたことで怒られること、迷惑をかけてしまうことが多すぎます。

 

どうも自分がうつ病双極性障害?)になった背景には、自分のやらかしだらけの過去も影響しているような気もします。昔のことはすぐに忘れようとするたちなので、あまり気にしてきませんでしたが、改めて自分の人生振り返ると「生きづらかった」なあってことです。

この先、生きやすくなることはあるんですかね。よくわからないです。