読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい双極性障害グレーうつ病会社員のブログ

普通のことが普通にできない人間の生きづらさ

思うこと

いわゆる、空気を読むこと。

気を利かせること。

言葉の上っ面ではなくその奥の真意を読み取ること。

怒らせないこと。つまらないことに時間をかけないこと。

手際よく物事を進めること。

この手のことは、社会人では普通に求められることです。そして、だいたいの人がこなしていけるわけです。

わたしはどうにもうまくできないなあ、と思うことが多いです。あたりまえのことがどうしてできないの?と言われても、自分でもわからなくなります。

 

空気を読めない

昔からですが、空気を読むことが本当に苦手です。一対一ならともかく、集団になるともうダメです。集団の暗黙の了解、みたいなものが認識できず、いつも浮いた存在になります。

 

キレさせる

昔は特によくありました。私は特に先輩から嫌われやすいタイプのようで、面と向かって「ふざけるな」と怒られることもありました。わたしはふざけてやっているわけではなく何事も至って真剣なのですが、なぜか嫌がられます。

鈍臭い自覚はあるので練習と勉強を積まないと人並みに何かをすることができません。わたしは理系出身ですが実験の腕も壊滅的にダメでした。指導役の先輩を何度怒らせたかわかりません。まじめに聞いているつもりなのに「真剣に聞いてないでしょう」とがなりたてられたこともあります。どうも、「真剣に聞いている」というポーズをしないと相手を怒らせてしまうようです。

 

のろい

早くしよう早くしようと思うのですが、どうにもテキパキ動けません。「あの件どうなった?」って言われたりしないかいつも戦々恐々です。

私は「見様見真似」というのが壊滅的に下手です。他人の動きをトレースすることができません。だから料理教室なんかもすごく苦痛でした。他人の動きを見ても自分の身体で再現することができない。私がトロい原因はこれだと思います。幼少期から折り紙とかが大嫌いで、先生のデモンストレーションを見ても全く手順が理解できませんでした。

f:id:cookieheart:20170208203308j:image

体育の授業も大嫌いでした。先生の真似をしなさい、と言われるのですが「やる気ないのか!」と最終的にキレられます。そうじゃなくて、どうやって手足を動かしたらいいのか、本気でわからないんです。いわゆる手取り足取りじゃないと、細かい動きを真似ることができません。

ダンスの完コピができる人は私にとって異世界の住人です。

 

ADHD?アスペルガー

「なんか違う、なんか違う」

そういう生きづらさが物心ついたころ、たぶん3歳くらいからずっとあります。周りは当たり前にできているらしいことが私にはできず、それで後れをとったり怒られたりする。

私が怒られるのはともかく、親が責められるのは見ていて嫌な気持ちがしました。私も好きで不器用に生きているわけではありませんので。

 

昔に比べれば今はかなりマシですが「浮世離れしている」「世間ずれしていない」とはよく言われます。正直コンプレックスです。

 

自分らしく生きよう、と口で言うのは簡単ですけれど、私の場合、自分らしく生きるとたちまち社会的信用を失う仕様になっているみたいなので、甘い言葉には騙されず、今後も「普通のことが普通にできる」ふりに磨きをかけていきたいと思います。