うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

青春コンプレックス持ちのホワイトデー

今週のお題「ホワイトデー」

うつアスペ会社員のもみじです。

わたしがいかに過去、現在を非リアに暮らしているかは過去記事を見ればあきらかだと思います。うつに加えてアスペルガー。社内ニートに貧乏。転職活動には困難し、よろよろの体で優先座席に座ればお年寄りから悪口を囁かれる。もうなにかとしんどいことだらけの人生でしたが、とにかくもう、自分のことがいやすぎていやすぎて震えます。

人生を一気に逆転できるライフハックがあれば藁にもすがりたい気分です。本当に、リア充だった時間なんて少なかったですからね。世にいう勝ち組キラキラ女子なんていうのは都市伝説のように思えます。幸せになりたい。

青春コンプレックスがあります

そんなダメダメアラサーなわたしですが、青春コンプレックスがあります。字のごとく、いわゆる青春時代にいい思い出がないので、いまだに高校生とか中学生のきらきらした姿を見ると自分の情けない学生時代を思い出して頭を抱えてしまうのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 特に卒業シーズンになると、CMや学校取材などできらきらしている中高生を目にしますよね…友達と遊んだりカップルで過ごしたり部活に熱中したり…若さを全開にした笑顔と老いを知ることのない全身を見せびらかして元気にあちこち跳ねまわっている姿が…もう…殺傷能力高すぎて…アラサーの婆にはダメージが大きすぎてつらいです…もうだめだ…かといって自分が18のころリア充だったかというとまったくそうではありませんでした。完全な非リアでした。がり勉でしたしクラスメイトに陰口は叩かれましたし見た目は悪かったしJKという特殊身分を活かしたこともほとんどなかったし。完全なるインキャだったので、中高生のころのいい記憶はほとんどありません。思い出がないです。返す返す悲しくなります。「君の名は。」とか見ると発狂しそうになりますからね。ああああああリア充だった思い出なんてひとかけらもなかった!!!!男性恐怖症もすごかったし、人間不信もあったし、とにかく毎日机に向かい合っていました。勉強すれば自分の人生むくわれると信じていました。実際はそんなことなかったんですけどね。人生ハードモードすぎワロタでしょう。本当につらいわ。

 

苦い思い出のバレンタイン

そんなクソ非リア人生を送ってばかりなので、当然バレンタインもしんどい思い出だらけです。ああもう思い返せば黒歴史ばかりで頭をかかえて転がりたくなります。本当にひどい。

 

relax-heart.hatenablog.com

 幼稚園の頃は幼馴染の男の子に軽い気持ちでチョコレートを渡せるフランクさがあったんですけどね。あのころの積極性はどこに行ったのやら(ちなみにホワイトデーのお返しはありませんでした。当時はまだホワイトデーが浸透していなかった…?いや、当時からすでにキャンディやマシュマロを渡す習慣があったはず…あれ…???????)

思い返す限り、小中高で男子にチョコレートを渡した経験はありませんでした。中高といえばがんばって手作りしちゃって片思いの先輩に渡す!みたいな甘酸っぱい思い出のひとつやふたつありそうですが……当時男性恐怖症をこじらせていたわたしは、とてもじゃありませんがバレンタインに行動なんてできませんでした。ですので当然ホワイトデーもなにもなし。2月14日も3月14日もあくまでただの1日のひとつでしかなく、イベント性は何もありませんでした。

 

彼氏がホワイトデー前に消えた

大学に入って以降にできた彼氏には、バレンタインにチョコレートを贈りました。手作りには自信がなかったので百貨店で既製品を贈りましたね。しかしこの彼氏とはバレンタインが来る前に険悪な空気になっていたので、むしろバレンタインが「とどめ」とばかりに、それ以降連絡がこなくなりました。いやな予感がしていましたが、ホワイトデーには当然お返しなし。それどころか連絡もこない。「逃げられた!!!!」そう思いましたがもう後の祭りです。せめて逃げるのならお返しくらいしてから逃げてほしかった…悔しい限りですが仕方ありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

ホワイトデーで別れた

その後に付き合った彼氏とも、偶然にもバレンタインの時期に険悪になりました。なんかもうこの時期にいざこざが出る体質なんでしょうか。このときは前回の失敗を活かし、「絶対にホワイトデーまでは逃がさない」という思いでいました…メールでこまめに連絡をとり、不快感があろうと表に出さないように努力していました…しかし、ホワイトデーでお返しを受け取った瞬間、どっと疲れが出てしまい、もうアウト。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

それ以降どんどん連絡がなくなり疎遠になり、関係は自然消滅してしまいました。わたしは恋愛に向いている体質ではないのでしょうか…なんかもう誰かと関係を継続させることがとても難しく、何度恋愛しても別れてしまってるなあというのがつらいところです。これは外見がダメとかそういうのももちろんあるでしょうけど、私の性根が腐っているところも否定できないと思います…恋愛が本当に下手です…マニュアル本を読んで勉強したりもしますが、どうにもうまくいきません…

 

relax-heart.hatenablog.com

恋愛に対して臆病

知り合いや友人の恋愛話を聞くと、「みんなよくそんな大胆な恋愛ができるなあ」と感心してしまいます。行動力がすごい。昨今の女子の肉食化はすごいと思います。みんな獲物を狙うハンター。目がぎらぎらしちゃってます。気になる男は自分から捕まえて積極的に捕食していきますからね。私も彼女らくらいのガッツがないと恋愛市場に飛び込むことは難しそうです…おとなしく待っているだけでは何も起きないということはよくわかります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 結婚に魅力を感じないといいつつ、結婚する友人たちの笑顔を見ているとやはり羨ましくもあり、結婚とは楽しいイベントなのか、幸せになれるものなのか、と思うと、胸が苦しくなります。ひとりで生きる覚悟もなければ誰かと一緒に生きられる能力もなく、宙ぶらりんで苦しい状態です。新年の目標にかかげていた「婚活」も実はぼちぼち始めてはいますが、果たしていい感じの人と出会えるのだろうか…疑問と不安でぞわぞわしています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

「いい人」とはなんなのか

わたしにとっての「いい人」とは、話が合うとか、バックグラウンドが近いとか、極端な思想を持っていないとか、趣味を理解してくれるとか、自分の病気を敬遠しないとか、そういう要素を持っている人です。そうなってくると結構条件が厳しくなることは実感しています。ぜいたくを言わないつもりでしたが、結局絞り込むと「経済的にも精神的にも安定している人」という選択肢になってしまうのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

自分がよれよれのメンヘラ似非会社員のくせに、相手には高いハードルを求めてしまうのですから本当に贅沢ですよね。もっと足るを知れというか、自分自身にそこまで価値がないことを自覚すべきだとは思います。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

しかし変に妥協して自分の気持ちを押し殺して付き合った挙句「やっぱり好きじゃない!」と爆発してもめて破局…みたいな昔のパターンを繰り返したくはないので、やっぱりある程度は自分の求めるチェックポイントはクリアしていてほしいと思います。わがままな話ですが。

f:id:cookieheart:20180313135123j:plain

とりあえず今年のホワイトデーは誰からもお返しをもらえずに終わりそうでさびしい限りです。どうでもいいけどバレンタインのときは百貨店のチョコレート売り場がすごいことになるのに、ホワイトデーはやけに静かですよね。むしろジュエリー売り場の盛り上がりがすごいような…エビで鯛を釣るとはこのことでしょうか。わたしもブランド物のネックレスや指輪がほしいです。いつかはね。