金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

身近にメンヘラ(うつ病)の人がいる場合、周りが注意しなければならないと思うこと

メンヘラ会社員のもみじです。

毎日うつ病こじらせていますが、会社員をなんとかやっております。

今の生活がいつまで続けられるのかわかりませんが、どうにか日々を生き抜いています。早く健康になりたい。

 

身近にメンヘラがいると、周りの人は苦労します。

気を使いますし、何を言えばいいのか、何をやればいいのか、困ってしまうこともあるでしょう。

個人的に、思うことを書きます。

 メンヘラを連鎖させてはならない

個人的な経験で思うことですが、「メンヘラは連鎖する」これがわたしの持論です。

うつは伝染病ではありませんし、ウイルスもありません。

しかし、うつ病の人と長く一緒にいると、一緒にいる人にも、類似の症状が出てくることは、経験上多くあります。

うつ病の人の歪んだ認知や、ネガティブな話をそばで聞き続けていると、もともと元気だった人でさえ、体力や気力を奪われていきます。

 

メンヘラは、悪意のないエナジーバンパイアです。

自分が苦しいことを他人にわかってほしいあまり、自分の重荷を必要上に相手にかぶせてしまいます。その結果、他人は、メンヘラの重荷を背負い、メンヘラと類似した症状を発症してしまいます。

 

真に受けてはならない

経験的に思うことですが、メンヘラの話を真に受けてはなりません。

まじめに聴く必要があるときもありますが、聞き続けてはいけません。

自分の方がつぶれてしまうからです。

 

よく「悩みを聞くことが多い」人は、メンヘラの悩みを聞きすぎてはなりません。

ある程度は聞き流さないと、自分自身もメンヘラになりかねません。

 

個人的な経験ですが、うつ病の人の愚痴やつらさを聞かされ続けた人は、うつが連鎖していることが多いです。暗い考え方や、認知のゆがみが伝染するのかもしれません。

 

「ミイラ取りがミイラになる」とはよく言ったもので、メンヘラにかかわると自分自身もメンヘラになってしまうことが多いのです。

だから、一番いいのは、メンヘラから距離を置くことです。

残酷ですが、自分の身を守るためには、メンヘラに近寄らないことが一番大切です。

それでもメンヘラを助けたい、どうにかしてあげたい、と思うのならば、ある程度の覚悟が必要です。

傷つく覚悟、自分の善意がてのひらかえしで悪意で返される覚悟、自分自身もメンヘラになりかねない覚悟です。

 

他人の心、人生に干渉するというのは、覚悟が必要な行為です。

心が健全でない人に近寄るというのは、いっそうリスクを伴います。

専門家でもない限り、自分がどうにかしてあげようなんて思わないことです。

残酷なことですが、自分が傷つきたくないのであれば、すでに傷ついている人には、徹底して近寄らないことです。

 

はれもの扱いされるのは、仕方がないこと

私自身メンヘラですが、周囲から「はれものにさわるように」扱われていることは理解しています。発病前と同じような目で見られることはもうありません。

 

一回メンタルが壊れた人間ということで、「かわいそう」とか「あの人はだめだ」とか面と向かって言われたこともあります。今の自分に「メンヘラ」というレッテルが貼られていて、これがなかなか剥がれることがないことは知っています。特に社会人として働く場合、一度「メンヘラ」のレッテルが貼られた以上、それまでに積み上げてきた信頼がことごとく壊れてしまったことは自覚せざるを得ません。

 

おそるおそる接されるというのは、気分のいいものではありません。気を使っていることがあからさまに伝わってくるのは、逆にプライドを傷つけられたような気分になります。「下の者」を見るような視線の冷たさを感じるからです。このへんの自意識のゆがみかたがメンヘラならではなのでしょうけど…

 

距離を置かれるというのは、さびしいことではありますが、ある意味では適切な対処法だと言えます。近寄ってくる人には、私のようなメンヘラは、容赦なく重荷を押し付けてしまうので。自分のつらさを肩代わりしてくれる人だ!と誤解してしまうので。変な期待をさせるくらいなら、むしろ最初から距離をとっておいてくれたほうが、こちらとしても誤解せずに暮らすことができるので好都合です。

f:id:cookieheart:20170115130715j:plain

 

つくづく思いますが、メンヘラはひとりで暮らすのが、一番周りに迷惑をかけずに済む、ということです。周囲の人間に、悪意なくつらい思いをさせてしまう。家族や友人を、自分と同類に変えてしまう。メンヘラはエナジーバンパイアだと思います。

 

そんなメンヘラと一緒にいようとする人は、「メンヘラに依存されることで自分の存在意義を確保しようとする」ある意味、メンヘラ気質なのかもしれません。他人から異常に求められることで、自分の位置を確認する。本来人は、ひとりで自分自身を確立させていくものなのに、他人に依存されることでしか、自分を確立させることができない。そういう危うい考え方の持ち主なのかもしれません。

 

話がとっちらかりましたが、わたしから言いたいことは、「メンヘラが身近にいる人は、メンヘラに肩入れしすぎるな。自分自身もメンヘラになる危険性がある」ということです。

 

深淵をのぞき込むとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ。

ニーチェの言葉でしたっけ。まあ、そういうことなんだと思います。メンヘラとのお付き合いは、距離感を大切に。