うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

10年来の親友が結婚して寂しい話

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

メンヘラ会社員のもみじです。昨日は久しぶりにメンヘラ満開の記事を書きました。年度末も近いしいろいろたまったものもあるので、このブログにぶちまけているのが現状です。冬と言うのはどうしてこう気持ちが後ろ向きになるんでしょうかねえ。人生うまくいかなくって嫌になっちゃいますよ、本当。愚痴だって書きたくなりますよ、こんな落ちぶれた生活してたら。20代の人生が一番輝いているなんて誰が言ったのでしょう。万年暗黒期ですよ、ほんと。いつになったらこの苦しさが報われるんでしょう。今日だってうっかりカフェラテ飲んだらカフェインが強すぎて動悸と不安とめまいに襲われて冷や汗が出てきましたし。大好きなコーヒーを飲むことも許されないのかって話です。

独身最後の旅行

去年の話になりますが、親友と旅行をしてきました。当初は海外旅行を計画していましたが、私が病気でいつ体調が悪くなるかわからないこと、現地の医療機関にかかるのはリスクが大きいこと、飛行機のキャンセル代などが面倒くさそうな理由から国内旅行に変えました。ある地域に数日間滞在してきました。旅行なんて久しぶりだったので非常に緊張したのですが、抗不安薬をバッグに携帯しておき、ルーチンの薬をしっかり飲むことで、旅行中に体調がひどくなることはありませんでした。旅行後は疲れでしばらくぐったりしていましたが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

病気の体なのになんでわざわざ旅行なんかしたのか?それにはいろいろ理由があったのですが、一緒に行く親友がもうすぐ結婚するから、というのがありました。結婚したら家庭のこと優先になりますし、子供なんて生まれようなら友達との旅行なんて何年もできなくなるでしょう。男性だったら結婚しようと子供がいようと関係ありませんかもしれませんが、妊娠や出産、育児が立ちはだかっている女性の場合、結婚後に長距離の旅行なんてなかなかできません。現実的に計算した結果、「今しか彼女と旅行をする時期はない」という結論に至り、しっぽりと二人だけで旅行をしてきました。二人だけで泊まりの旅行をしたのは実に2~3年ぶりでしょうか……ちょうどうつ病になるかならないかきわどくなり始めた時期のような気がします。あのころはお互い、こんなことになるとは思ってもいなかったな。

 

「男に取られる」寂しさ

親友とは10年以上の付き合いです。友達が決して多くはない私ですが、一番自分の心のうちや、みっともない自分、飾らない本音を打ち明けられる友達は彼女だと思います。仕事つらいと愚痴ったり、彼氏の愚痴を言ったり、似合う服を探したり、おいしいごはんを食べたり、好きな映画を見たり、くだらない思い出話で何度も笑ったり…わたしの闘病期間も彼女の存在はとても大きいものでした。

 

彼女が異性だったなら、彼女と結婚したいと思えるほど、わたしは彼女のことが好きでした(わたしはヘテロセクシャルです。一応、たぶん)。彼女の前なら何も飾らず、言いたいことは言えますし、話も合いますし、お互いの距離感や空気感を察知することができる。アスペで「空気が読む」ことが極端に苦手な私のことも、受け入れてくれる。私の人生で非常に貴重な存在なのです。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

一緒にいてとても楽な存在で。共通の趣味があるわけでもないのに、初めて会った瞬間から不思議と話が合って、一緒にいてとても心地よい。運命の出会いと言うものはわたしはあまり信じていませんが、彼女とのそれは、私の人生の中では運命と言ってもいいでしょう。喧嘩もほぼしたことがありません。いつもお互いの人生のどこかで支え合って、かといって過干渉もなく、とても心地よい関係でした。繰り返しますが、お互いが男女だったら結婚していてもおかしくない間柄でした。わたしは男運がなく、いまいちぴったりと「合う」人と出会えません。女運はわりといいほうと自負しているのですが、男運はさっぱりです。女子力がないからというのは知っているのですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

 

そんな彼女にはもう何年も付き合っている彼氏がいました。わたしはうすうす彼女と彼が結婚しそうなことは知っていました。彼女から結婚することは直接的に言われたことはありませんが、彼女の歴史上での彼氏たちから考えて、今の人が一番彼女にマッチしているだろうことは、わたしの分析からして明らかでした。初めて会った頃から話も合っていたようですし、今も仲がいいようです。一緒にいて苦にならない仲だそうですし、近くに籍を入れて2人暮らしも始めるそうです。

 

わたしは「おめでとう」と言うより「悔しい」という気持ちを抱きました。彼女と言うより彼女の彼氏に対してです。平たく言えば嫉妬です。わたしより付き合いが短いくせに彼女の人生をかっさらっていくその男が、うらやましいというか、憎たらしいのです。わたしの親友を、親友以上の「夫」という肩書で引き取っていくのが悔しくてならないのです。

 

道は分かたれる

旅行の間でも「これが独身最後の旅行になるね」「子供ができたら旅行はなかなかできないね」「ハネムーンは〇〇さんとどこに行くの?」といろいろな話が出てきました。いつものくだらない話もあれば、いつもは言えないちょっと突っ込んだ話もたくさんしました。彼女の知らない面を知ることができて、とても楽しい旅行でした。しかし、やっぱり悔しいのです。彼氏と新しい道へ進もうとする彼女が自分から離れていくことが、悔しい。

 

当たり前です。女性の人生として当たり前。適齢期になったら適当な相手を見つけて結婚して、妊娠して、出産して育児をして。そんなの多くの女性がこなしている道。当たり前のことなのです。

 

f:id:cookieheart:20180220194808j:plain

 

だけど、それが自分の一番の親友が進む道と思うと、胸が苦しくなるのです。わたしは彼女の彼氏とも面識があり、仲が良い様を知っています。最初は「こんなやつ大丈夫か?」と見張っていましたが、何年も経った今では、彼女に適するパートナーは彼、と判断してもよさそうでした。彼女が求める条件にマッチしていたからです。彼女と彼氏が結婚したらわたしは喜びます。彼女の幸せを願います。しかしそれと同じ以上に悔しいのが今の気持ちです。

 

女の人生は道が分かれていきます。違う友人は嫁いで遠くの地方に行きましたし(ネットで育児の様子はわかる)、結婚して違う国に行った友人もいますし、転勤で地元を出ていった友人もいます。千差万別、その場にとどまれる人なんてむしろ少ないのです。そして、それぞれの場所でそれぞれの課題や人間関係と立ち向かっていくのが人生なのです。理屈ではわかっているのです。

 

しかし、やはり寂しいものです。もしかしたら家族以上に信頼しているかもしれない親友が、自分より付き合いの浅い男に取られていくこと。まあ、いつまでも「彼氏ができない!!!」とうだうだ傷をなめ合う関係になるよりかはましだったのかもしれませんが…それにしても寂しい。こんな感情を抱くのはもしかしたらわたしはバイセクシャルの可能性でもあるのでしょうか?それとも依存体質でもあるのでしょうか。

 

解決策

たぶん一番の解決策は、彼女に依存せずわたしもパートナーをつくることだと思います。もう子供じゃありません。自分と一緒に人生を歩んでくれるパートナーを見つけることです。性別は問いません。正直子供を産むこととかにそんなに執着がないというか、発達障害が遺伝することの方が今は怖いので、一緒に暮らしてくれるなら女性でも歓迎です。

 

relax-heart.hatenablog.com

同性でも普通に助け合って暮らして生きる、 そういうのが一般的な社会になるといいな。でもそしたら少子化でこの国撃沈ですね……

 

婚活は前からやっていて、付き合ったひともいるのですがなんだかんだで破綻しています。うまくいかないものですねー。こっちが事前から言っていた条件にNOと言ってくるわけのわからない人もいますし…タバコ吸う人嫌だって言っているのにいざ会ってみたらタバコ普通に吸うし…婚活だっつってんのに実は既婚者とかいるし…何しに来てるんですかね…ふざけんなって感じです…

 

うつアスペ会社員もいわゆるアラサーですので、婚活を考えたりもします。しかしなかなかうまくいきません。結婚に成功できた方、結婚相手と出会ったきっかけや成功するコツはなんだと思いますか?もしヒントがありましたらご教示いただけたら幸いです。おすすめの結婚相談所などありましたら教えてください。

 

ちなみに職場恋愛は以前泥沼に巻き込まれたのでちょっと遠慮したいです(わたしは当事者ではないのですがいろいろ事件に関係してしまい、「うわっ職場恋愛ってツラっ…」って思ってしまいました)

 

結婚に魅力を感じない、と言いつつ婚活したりとか、つくづく情緒が安定しない女です。七転びの人生ですがいつか起き上がる日が来るのでしょうか。ロマンスの神様、頼みますわ。

 

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com