金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

メンヘラだけど職場の足手まといになるのが怖い

メンヘラですが毎日職場に通って仕事をしています。

しかし、いつも体調が悪いわたしは、人並みに仕事をすることができません。

自分のことをいたわるのが一番だ、と思いつつも、悔しくて悲しくて仕方ありません。

ああ、わたしは職場のお荷物なんだろうなあ、と思ってしまいます。

 

メンタルを病んだ人間への風当たり

メンヘラというだけで「人間としてありえない」という風に思われるのがつらくてなりません。誰かと話をしていても「ああ、こいつはメンヘラだからどうせろくな仕事もしてくれないんだろうな」と思われたりはしないか、「早く退職してくれないかな、お荷物なんだよな」と思われてはいないか、不安でなりません。

 

メンヘラでも一応がんばっています。

そのがんばりが外から見えることはほとんどありませんし、わかってもらおうとも思いません。

しかし「メンヘラって迷惑な存在」「職場からいなくなればいいのに」とあからさまに態度に出されるのは、精神的に大きな攻撃になります。

 

どうせ足手まとい

仕事をしていると「どうせ足手まといのくせに」という自分の声が聞こえます。

一所懸命やってるつもりでも、しょせんメンヘラの仕事ですし、他人の期待に応えることなどできない、と思い込んでしまいます。

 

心も体もつらく、逃げ出したくなります。

それを職場に伝えたところで何かが改善されるとは思えませんし、職場コストを考えても、職場全体のメンタルトレーニングをするよりもわたし一人を消す方が安上がりな計算なのですから、わたしは文句を言わず職場にしがみつくことしかできません。

 

ありがたい

本当はとてもありがたいです。

こんなどうしようもないメンヘラでも首にせずに働かせてくれている今の職場には感謝が尽きません。

何も生産性がない、しょっちゅう不調を起こすわたしのようなメンヘラを雇うメリットなど何もないのに、それでも雇用してくれているのですから。

雇用契約が結ばれているおかげでわたしは毎月の収入を安定させることができます。

 

日々悪化する体調、逃げ出したくなる不安。

ときどきあまりにも心も体もつらく、消えてしまいたくなりますが、かといって今の職場を離れる勇気もない。

そうしたら次にわたしが働けるような場所がもう見つからないかもしれない。

そう思うととても怖く、足手まといと言われようとも職場にい続け、働き続けなければならないのだ、と自分に言い聞かせています。

 

むやみに退職しない

よくうつ病のときにやってはいけないこととして「重大な判断をする」というものがあります。

離婚や転職、引っ越しなどの大きなライフイベントを経験しないこと。

そのライフイベントじたいがストレスになり患者の体調に大きく悪影響を及ぼすからです。

 

わたしはこのアドバイスを信じて、辞めたくなったときも「まだ、病めずにいよう」と思っています。衝動的に辞めたところで行先なんかないからです。

 

メンヘラで役立たずでも、どうにかして毎日働いて、生計を立てていかなければなりません。苦しくてならない毎日ですが、いつか光が見えてくると信じていかなければ、もう体がもちません。

 

メンヘラでも毎日働いています。がんばっています。