うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

発達障害(ASD/ADHD)女が結婚して子供を産んでいいのか

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 先日の匿名ダイアリーにこのような記事がありました。

anond.hatelabo.jp

 

わたしはおそらくLGBTではなく、ヘテロセクシャルの女性であるはずですが、この増田さんの意見には同意せざるを得ませんでした。

私の周りには「結婚こそ人生の目標」ととらえる人もいれば「結婚なんてはなから自分の人生設計の中にはない。働いて趣味を楽しむことが人生の最優先事項」と考える人もいます。

結婚が人生で一番の幸せ、という概念も、昔に比べれば弱くなったでしょう。あのゼクシィでさえ「結婚しなくても幸せになれるこの時代」と認めてしまってるくらいなのですから。個々人が結婚しなくても生きていける時代に、あえてパートナーを選んで一生連れ添いたい、と思うからこそ、「結婚したい人」「結婚したいと思わない人」で意見が分かれるのは当然だったと思います。

田舎の結婚プレッシャーはすごい

都会では単身世帯の方が多く「結婚しろ」という同調圧力は弱まっているかもしれません。東京では4割の世帯が単身世帯といいます。しかし地方ではまだまだ「25過ぎて結婚していない女はわけあり」みたいな空気が根深くあります。「結婚して円満な夫婦生活を過ごして孫の顔を見せることこそが一番の親孝行」、それが当然。そんな空気が親子ともどもにあります。都会ではありえないのかもしれませんが、地方では当然のことです。男も女も結婚してはじめて一人前です。結婚できる子供を育てないと、親は子育てを完了したとは言われないのです。

 

田舎の友達の多くは25歳前後で結婚しました。そのたびに「取り残されていくなあ」という気持ちはありました。この経験はアラサーの方なら誰でもあるのではないでしょうか。

 

relax-heart.hatenablog.com

 ブーケトスで並ばされたりとか…あのときの微妙な気持ち…わかりますかね…なんかこう「置いていかれた」という寂しさというか…自分はこのままでいいんだろうか?という疑問というか…結婚式じたいがハッピーな世界なので、なおさら、自分の今の状況を浮き彫りにされたような気分になります。「結婚こそ正義」と言わんばかりのあの華やかな世界にいると、自分の人生は何か間違っているのでは?と考えてしまうこともあります。

 

そんなわたしですが、過去の記事では「結婚に魅力を感じない」と書いています。結婚できない女の酸っぱいブドウといわれたらそこまでなのですが、本当に魅力を感じないのです。少なくとも私にできることだとは思えない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 自分でも矛盾したことを言っていると思います。結婚した友人を見ると「うらやましい」と思う一方で、「結婚には魅力を感じない。自分は結婚できそうにない」とも思い、先日の増田を見ると「うんうん、結婚が一番の幸せって言う時代はもう終わったよね」とも思う……情緒不安定だと思います。自分の人生の軸がぶれにぶれているから、日ごとに言うことが変わっているのだと思います。はなから結婚する、結婚しない、と決め込んでいる人ならば、こんなに言うことがぶれないと思うので。なんだかんだいって、結婚をあきらめきれていない部分があるから、上の記事でもこんなにだらだら長々と結婚について語れるんだと思います。興味のないことに関してここまで語れるほど暇でもないので。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

結婚って幸せですか?

単純に既婚者に聞いてみたい。結婚って幸せですか?結婚=幸せと言う先入観ではなく、実生活として幸せですか?それは結婚したから幸せなんですか?それともパートナーとの相性がとてもよいから結婚して幸せなんですか?それとも子供がいるから?

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

小さいころの環境で結婚観は変わると思います。私は小さいころからむちゃくちゃな家庭環境だったので、結婚=幸せとは一ミリたりとも思うことなく育ってきました。だから両親円満で家庭生活ばっちりな家も存在すると知った時には心底驚いたものです。家庭なんて崩壊して当たり前、と思っていましたから。

 

ただ単に結婚さえすれば幸せ、なんてことはないと思います。結婚を急いで20代のうちにむりやり籍を入れたあげく、即刻別居、なんてカップルも知っています。結婚と言う形式ではなく、相手との相性や協力体制が大切なのだろうと思っています。わたしが不思議なのはそこまでして「一緒にいたい」と思える相手に出会えることなのです。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 また「もてない女の僻み乙wwww」とか言われたらそこまでなんですが、結婚や恋愛への願望が薄く、子供を持っても育てられない気がしないのは、女としてどうなんだろう…と昔から思っています。いや、理屈で考えれば「別に結婚しない女性だって子供がいない女性だって山ほどいるんだからどうでもいいじゃん」ですむのですが、わたし自身がじゃあ「結婚しない、母親にならない」一生を貫けるのかと言うと、また疑問が出てくるんですねえ。本当に情緒不安定で軸のない女です。少しでもパーセントがあるのであれば「結婚する」「母親になる」未来を選ぶことにも意味はあるのではないか…?と思うわけです。これを90歳になってから言ってたら「何言ってんだばあさん、そんなことより墓の用意の心配しろ」ですむわけですが、一応結婚適齢期にいる状態ですので、毎日のようにぐるんぐるんと悩んでしまうわけです。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

婚活すれば「一緒にいたい」と思える相手に出会えますかね…婚活は何回かして付き合った人もいますがだいたい別れています。ふられたパターンもありますしふったこともあります。なかなかお互いに相性がいいと思える相手に出会えていないです。だから、「結婚したいと思える」ほどの強い結びつきを持った相手にであることが、それこそ奇跡のように思えてならないのです。みんなどうやってそんな奇跡のような出会いを手に入れているんだ…?魔法でも使っているんじゃないのか…?

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

メンヘラと結婚の相性は悪い

ブログタイトルのように私はうつ病もちです。双極性障害の疑惑もありますが今のところうつ病という形で治療を行っています。ここも結婚のハードルになってきますよね。普通に考えて心身健康な人と結婚したいと思うでしょうから。何が悲しくて情緒不安定な女と結婚したいと思うでしょうか。どうせ一緒にいるなら精神的に落ち着いた女の方がいいに決まっています。いつ「死にたい」と言い出すかわからない爆弾女に近寄る男なんて、メンヘラ女と同じくらいやばいやつに決まっています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 というか、普通に考えて、メンヘラと恋愛とかしんどいと思うんですよ。私は自傷癖はないですけれど、腕がもうリストカットの傷だらけとかだったら、もう、しんどいですよ、一緒にいるの。服脱がせたらあちこち傷だらけなんて、痛々しくてやってられないじゃないですか。そんな状態で相手と恋愛、ましてや結婚、出産、育児なんて、失礼の極みなんじゃないかって思うこともあります。条件としてフェアじゃない。結婚なんて言う大イベントをこなすのであれば心身健全であるべき、と思うのは考え方が古すぎるのでしょうか。というより、健康じゃないと身が持たない、というのが個人的な考えです。メンヘラがあの大量の結婚式準備だの親戚回りだのを元気にこなせるとは思えません、私には絶対に無理です。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ですので、結婚は人として当たり前のイベントのように取り扱われていますけど、わたしのようなうつ病持ちのメンヘラにはまだまだ高いハードルのことのように思えてなりません。そもそもわたしは後述するアスペルガーからうつになったと思われる人間ですので、うつを治してもさらにその先には「アスペ」という強力な壁がそびえたっているのですが…

 

relax-heart.hatenablog.com

発達障害だけど「おかあさん」になっていいの?

f:id:cookieheart:20180207180722j:plain

炎上している「あたし おかあさんだから」。

母親の自己犠牲を歌って世間からめちゃくちゃ叩かれているこの歌ですが、わたしに言わせてもらえば「おかあさんになれただけありがたく思えよ」ってちょっと毒づきたくなります。自分で選んでおかあさんになったんだから文句言うなよ、って思います。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

これも「男に相手にされない女の文句wwww」と言われても仕方ありません。しかし、この歌の中のおかあさんは少なくとも「自分の子供を産んだこと」に対しては疑問を持っていませんよね。結婚して子供を産んだことに関して不満こそあれど、「産む」ことには疑問を持っていなかったかのように読み取れますよね。

 

そこなんです。結婚した女性が当たり前のように子供を産む。これは当たり前のことなのかもしれませんけど、わたしのような人間にとっては大いに悩むべき課題なのです。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

わたしはブログタイトルのとおりアスペルガー症候群です。今時の名前で言えばASDでしょうか。ついでにADHDの特徴も併発しています。授業中座っていられない、なんてことはありませんが、興味のあるなしがはっきりしており、興味のないことはまるで集中力が発揮されない、一定してやる気を出すことができない、などの特徴が観察されています。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

ASD、ADHDの性質を持っているので小さなころからまあやらかしの連続でした。下記の記事にいろいろ書きましたが、そこでは書ききれないほどのひどいエピソードが山のようにあります。なかなかに生きづらく、人の社会に溶け込むのに苦労の連続だった人生でした。

 

relax-heart.hatenablog.com

 それでまあ、アスペルガーの性質が災いしてか社会人になってからもやらかしが増え、パワハラも増え、激務も増え、まあ典型的な激務型うつ病になり、休職し、復職し、休職し、復職し、を繰り返し、もう仕事大嫌い職場大嫌い社会大嫌いと毎日毒づきながら底辺社会人として生きているわけです。要はアスペだったからうつ病になったのです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

これにはほとほと手を焼いており、今でもこの性質をどう取り扱ったらいいか困っております。いまだに失言も多く人を怒らせることも多く、どうすれば円滑な会話ができるのか日々考えております。また手先を動かすことが壊滅的に苦手なので、職場でたまにあるスポーツイベントなんてまさに地獄ですね。公開処刑です。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

このように発達障害を持っていることでいろいろと生きることにハンデを持った私なのですが、このような自分が母親になってもいいのか?子供を産んでもいいのか?というのは大いに疑問があります。人それぞれといえば話はおしまいなのですが、少なくとも私に関しては、「人の親になったらヤバイ種類の人間なのでは」と昔からひそかに自分を評価しています…

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

発達障害は遺伝しないのか?

発達障害を持つ人間が子供をつくることについてまず考えるのは「発達障害は遺伝するのか?」ということです。これは身近なケースがいくつかありますので列挙してみますね。

知人のアスペルガー&ADHD夫婦。両者ともに発達障害がありましたが、生まれた子たちに障害はありませんでした。しかしその子たちの子、つまり孫にはアスペルガーが遺伝しました。つまり生まれた子が健常だったからといって、その次の世代ももちろん健常かというと、そういうことはないようです。どの夫婦にもいえることですが。

 

友人のアスペルガー&健常者夫婦。3人子供がいますが全員健常者です。アスペルガーの友人は兄弟や両親に発達障害がいるのですが子供には発達障害は遺伝していないようです。産むときはやはり迷いや葛藤があったみたいですが、家族で話し合って産むことを決意したそうです。その結果、子供3人は今のところ健康に育っており、普通学級にも通っています。

 

わたしも多少調べましたが「遺伝することもあるが、遺伝しないこともある」というのが最近の知見なのでしょうか……というか、両親が健常者でも発達障害の子供が生まれる可能性は当然ありますしね…その可能性が、発達障害当事者が親だとさらに大きくなる、ということなのでしょうか…

 

りたりこ発達ナビにも遺伝について記述があります。

発達障害は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は? 男女での発生率は?【LITALICO発達ナビ】

 

発達障害にはさまざまな障害が含まれますが、身体障害などとは違い、周囲の人にとって発達障害自体がわかりにくいことから、発達障害の特性から本人ができないことやとトラブルがあった時などに親のしつけ不足や愛情が足りていないせいだ、育て方が悪いからだと思われがちです。

しかし、決してしつけ不足や愛情不足、育て方が直接の原因ではないことがわかっています。現在、発達障害の医学的な原因ははっきりと解明されているわけではありませんが、多くの研究から発達障害は先天的な脳の機能障害によるものとされています。

 そういえばかつて「自閉症は母親の愛情不足が原因だ」なんて説がありましたよね。母親が子供の相手をせずに仕事などをしているから子供が自閉的になるのだ…なんて説が通っていました。今はそのような説は否定されています。

 

脳機能障害を引き起こすメカニズムとして、遺伝的な要因が原因の一部であると推測されています。何らかの先天的な遺伝要因に様々な環境的な要因が重なり、相互に影響しあって脳機能の障害が発現するのではないかという説が現在有力とされています。

たとえば自閉症スペクトラムの関連遺伝子が数多く報告されています。ですが、さまざまな遺伝子が複雑に関連しているため、現時点では、原因となる遺伝子を完全に特定することはできてはいません。
 

 遺伝要因が自閉症スペクトラム障害の発症に影響を及ぼすことは有力のようです。たしかにASDが遺伝している親子のケース、多く聞きます。たまに交流する発達障害当事者の会でも、「わたしも発達障害ですが、この子も同じ障害を持っているようです」と話す方は多くいます。

 

発達障害が母子に遺伝するのか?

親の遺伝子が単純に子どもに遺伝して発達障害が起こるわけではないということです。発達障害の遺伝要因は原因の一部にすぎず、発達障害のある親から発達障害ではない子どもが生まれることもあれば、両親とも定型発達の場合でも発達障害のある子どもが生まれることもあるのです。

この親から子へと遺伝する確率については、現在のところ不明です。親が発達障害だった場合で子どもも発達障害である確率も、調査によって数値がまちまちで確かな結果は出ていません。このことも、遺伝要因と環境要因の相互影響が複雑で、偶然性に左右される部分が多いことを示唆していると言えるでしょう。  

 うーん、どうも現時点では明確な答えが出ている状態ではないようですね。健常者の両親から発達障害が生まれる可能性もありますし、発達障害の両親から健常者が生まれる可能性もある。いたって当然のことのように思えます。ただ、わたしの観測範囲内では、ASDやADHD当事者の家系には、やはり同類をうかがわせるような人は多い気がします。単純に親から子供に必ず遺伝するわけではないとしても、たとえば隔世遺伝であったりとか、ASDの親からADHDの子供が生まれるとか、そのような現象は確認できるでしょう。

 

ですので「発達障害?!だったら絶対子供を産むな!!」と第三者が口をはさむことは難しいのではないかなと思います。というか、周りにも子供がいる発達障碍者なんていくらでもいますからね。人の人生についてとやかく口を挟む権利はありません。その家庭が円満に運営されているのであれば…

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

発達障害の女だけど子供を産んでいいのか?

今は子供を産むことに恐怖しか感じない私ですが、そのうち気が変わって「この人と家庭を築いてこどもを産み育てたい」と思うこともあるかもしれません。人間コロコロ気が変わるんですから、今思っていることと明日思っていることが全然違っていてもおかしくありません。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

そのとき子供を産むかどうかは……その時代の医学の常識などに従って決めたいと思います。そのころには今よりも発達障害の研究が進歩しているかもしれませんし、発達障害によく効果がある薬が開発されているかもしれません。今の常識がまったく変わっているかもしれません。昔は「母親の愛情不足」なんて言われていた自閉症が、今では全く違った観点で研究されているように。

 

もし「親子の遺伝はあんまり考えなくてもいいよ」って理論が優勢であれば、それを採用したいと思います。実際、親子で遺伝しているケースって、あるっちゃありますがないものもありますし。わたしの親はたぶん発達障害だと思いますが…

 

もしも発達障害の子供が生まれたら…大変だと思います…自分が発達障害だから思いますが、こんな子供育てたくないと思います…ぜんぜんかわいくない子供だったと思いますし…産むとしたら「それでも育て上げる」という覚悟が据わったときですかね。途中で投げ出さない覚悟ができたら産むと思います。

 

 

relax-heart.hatenablog.com

 

なんにせよ、まずは「うつアスペ」というややこしいバックグラウンドを抱えた女とでもいっしょにいたいと言ってくれるような奇特なパートナーを見つけることのほうが先ですね。

 

 

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com