金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

うつ病の私がつらくても会社に行く理由。「ゼロ」と「ゼロじゃない」のちがいはとても大きい

メンヘラ会社員のもみじです。

うつ病と闘いながら社会人生活しています。

昨日は仕事納めでした。

死にそうになりながらなんとか乗り越えたこの1年。

まだ終わったわけではありませんが、とりあえずもう今年は会社に行かなくていいのだ、と思うと一安心です。

会社に行きたくない

本音を言うと、きのうもおとといも会社に行きたくありませんでした。

会社に行きたい人なんていないでしょうけど。

体が重く、生理痛がひどく、死にたみも非常に強かった。

抗うつ薬を飲んでもさっぱりよくならず、体の震えも止まらなかった。

「休んじゃえば?」

「どうせ有休残ってるんだし、使わないと損だよ」

そういう自分の声が聞こえました。

たしかに、有休は残っています。

放置していると消えるタイプの有休ですので、使わないと損です。

わたしは現在、期限が迫られている仕事や、主担当の仕事がありません。

ですので、わたしが数日消えたところで、職場には何の支障もありません。

いてもいなくても構わないポジション。そこにいるのがわたしです。

なので、なんならきのうも休んでしまって、そのまま年末年始の休みに移行してしまってもよかったのです。

 

会社に行けなくなるのが怖い

しかし、きのうは会社に行きました。

これは仕事が残っているからとか、まわりに迷惑をかけるからとか、そういった理由ではありません。

「会社に行けなくなるのが怖かった」からです。

長い休み明け、会社に行くのが憂鬱になるでしょう。

わたしはあれが怖いのです。

休むことが定常化してしまったら、働くというモードに切り替えるのに非常に負担がかかる。

健康な人でも仕事に戻るのは負荷がかかることなのに、わたしのように心も体も病んでいる人間が、会社に行くことから逃げてしまったら、本当にずっと会社に行けなくなるかもしれない。逃げくせがついてしまうのかもしれない。それが怖かったのです。

 

本当に怖いのは、「会社に行くこと」ではありません。

「何かが大きく変わること」です。

わたしのすべては、ライフスタイルに左右されます。

休みの日でさえ体調を崩します。

「休む」ということさえ、ストレスになります。何かが大きく変わるのは、それだけでつらいのです。

 

「会社に行かない」か「会社に行かなかったわけじゃない」の違い

仕事をしなければ会社に行った意味がない、という人もいるでしょう。

しかし、わたしはそうは思いません。

会社に行くだけで、大きな意味があると思います。

これは「従業員として」というか「病人として」という意味です。

もちろん従業員としても、会社に出勤している、という事実は大きな意味を持ちます。たとえ社内ニートであろうと、社屋の中で存在している、フルタイムで働いている(かのように見える)のは大きな意味があります。

自分の部屋ではない、社会的空間に自分の身を置き、他者の目にさらされながら1日中過ごす。うつ病の人ならわかると思いますが、これめちゃくちゃつらいです。わたしはこれができるだけで、自分がとんでもない努力をしていると実感します。仕事の成果なんて二の次、三の次です。まずは出勤すること、そして一日会社にいること。

それだけで、リハビリとして大きな意味があると思います。

 

「会社に行った」「会社に行かなかった」これは天地の違いがあると思います。

「会社に行ったけど何もしなかった」「会社に行って、仕事をした」正直これは、そんなに違いがないと思います。

どうしてそう思うかというと、「1を10にする負担」より「0を1にする負担」のほうが、はるかに大きいとわたしは思うからです。

精神的・肉体的な地盤がぐじゃぐじゃな状態で、なんとかそれでも自分の調子を整えて会社に行く。この「0を0じゃない状態にする」という作業が、わたしは最も負担がかかる、つらいことだと思っています。

会社に行く前はめちゃくちゃ嫌だったけど、会社に行ったらまあなんとかなった、なんてこと、よくあるじゃないですか。ああいうことだと思います。行けばなんとかなるんです。一番の問題は「行く」ことです。うつ病の人の大半は、この「行く」でつまずくのですが…

 

わたしがつらくても会社に行く理由は、「ゼロに戻る」ことを防ぐため、です。会社を休む日々が続いてしまったら、いつしか会社に行くための体力も精神力も、尽き果ててしまうかもしれない。そうなるのが怖くて、日々会社に行くのです。しんどくても、つらくても。積み上げたものを失いたくないのです。

 

「ゼロ」か「ゼロじゃない」には非常に大きな違いがあると思います。