読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい双極性障害グレーうつ病会社員のブログ

リフレックス体験談4~6日目。食欲増加、睡眠改善、テンションの上昇

体験談

新しく飲み始めた抗うつ薬リフレックスの体験談を記述します。イフェクサー単剤で治療していたころとは明らかに変化が生じ始めました。

リフレックス4日目夜。「ぐっすり」眠れた

わたしは夜眠るときに睡眠薬を服用します。マイスリーレンドルミンレキソタンサイレース、ルネスタアモバンデパス……これまで多くの種類の薬を試行してきました。

 

それでも解決しなかった問題があります。それが「中途覚醒」です。寝つきの悪さはマイスリーデパスなど、効きの早い睡眠薬で解決させてきました。しかし、夜2~3時になるとぱちっと目が覚めてしまい、そのまま眠ることができずに、夜明けまで中途半端にまどろんでしまう……このような状態に悩んでいました。主治医にも何度も相談し、お薬を変え続けてもらいまいた。

 

レンドルミンもだめ、デパスもだめ、あれこれ試すものの効果てきめんとはいかず、逆に薬の離脱症状に苦しむはめになりました(特にデパス離脱症状はかなりしんどかったです)

 

しかしリフレックス7.5mgの服用を開始したところ、中途覚醒はなくなりました。

リフレックス7.5mgを夕食後に飲み、寝る前にマイスリー5mgとサイレース1mgを飲むことで、朝まで覚醒することなく、しっかりと眠ることができました。

 

朝起きづらく、出勤困難

中途覚醒がなくなったぶん、眠りが深くなり、朝起きられなくなりました。5日目の朝はぎりぎりの時刻に起床し、慌てて支度し、なんとか出勤することができました。寝つきがよくなり、中途覚醒がなくなるというメリットこそあるものの、朝の起きづらさは強化された感じがあります。寒くなってきたということもありますが、いつにもまして布団から出づらくなります…

 

リフレックス7.5mgを飲まずに5日目を過ごす

実は4日目の夜はリフレックスを飲んでいませんでした。それは「副作用で眠気が出すぎて、起きれずに出勤できなくなったら困る」という理由があるからです。リフレックスは体から消えるのに2~3日かかる薬なので服用を1日やめたからといって、すぐに強い離脱症状が出るタイプのお薬ではないようです。現に4日目の夜はリフレックスを飲まなかったのに、中途覚醒もなくすやすや眠ることができたので…

 

朝起きられなくなるのが怖くて、リフレックスを飲まずに5日目を過ごしました。イフェクサーを朝食後に飲んだだけです。

結論ですが「気持ちが落ちた」感じは確実にありました。また「食欲の低下」「胃の痛み」は認識できました。

 

リフレックスを飲んでいる間は、かなり気持ちが上向きというか、ふわふわした感じがあります。イフェクサーだけの日は、冷静・判断力がわりかし正常にある代わりに、テンションがとても低くなります。また、食事への関心がなくなり、間食や外食もしなくなります。

 

日中の業務では、恐れていた「眠気」などの副作用は発現しませんでした。集中力はわりかし持続していました。一日のノルマを片付けた後は、安心感からか気持ちがかなりだらけてしまい、「眠い…」となりましたが。普段より特段効率が落ちることもなく、通常通りの業務ができたように思います。

 

5日目夜。リフレックスを飲む、強い眠気

帰宅後、夕食を食べてリフレックスを飲みました。やはり「飲んで1時間後」くらいに強い眠気が発現しました。さすがに飲み始め1日目レベルの強烈な眠気はありませんでしたが、あのまま横になっていたら確実に落ちていたと思います。眠気を我慢して掃除・洗濯などの掃除をこなし、お風呂に入りました。家事ができるくらいの集中力は維持しています(1日目は、家事をしている途中に寝落ちしてしまいそうに眠かった)

 

あと食欲が増大します。あきらかに食後の間食が増えている……特に「ジャガビー」「チップスター」などのポテト系のお菓子がやたら食べたくなるかも。まあ別にチョコレートのような甘いものも普通に食べまくるんですけど。この調子だと確実に太るな。

 

眠気が強いまま、マイスリー5mg、サイレース1mgを飲んで、床につきました。寝つきは比較的良いほうだったと思います。マイスリーを使いだして長いですが、マイスリーは本当に効果が信用できる薬です、わたしにとっては。特別なシチュエーションでない限り、確実に寝つきをよくしてくれます。

 

6日目朝。遅い目覚め

案の定寝起きは遅かったです。朝まで目覚めることなくこんこんと眠っていました。マイスリーサイレースだけではここまで眠れなかったので、やはりリフレックスの効果が加わっているのでは?と考えています……中途覚醒があったころより、身体的なしんどさも少しましになった感じはあります。

5日目の寝起きがあまりにも遅かったので、きょうは気持ち早めに起床。

 

「眠気」は日中の業務中にもありました……。午後から会議があるので、眠くなってはいけない。10時ごろにコーヒーを飲み、カフェインを摂取しました。うつ病抗うつ薬治療中にカフェインを摂取するのは本当は望ましくないんですが、業務中の集中力を維持するために、ついつい飲んでしまいます。

 

また、食欲が確実に増加しました。「何か食べたい」「口寂しい」とやたら思うようになりました。気づいたらお菓子を買って食べていたり。イフェクサーの頃より明らかに食事量が増えている……これはデブになるしかない……

 

6日目昼。食欲の顕著な増加

午後の会議は、午前のコーヒーの効果でなんとか起きていられました。しかし会議後はぐったり。集中力も体力も失われてしまったので、再びコーヒーを投入。ミルクや砂糖を入れた甘いコーヒーにしてしまいました

。1日2杯も甘いコーヒーを飲むなんて滅多にないのですが……明らかに食欲が増えている……

 

夕方は疲労からか、カフェインの反動からか、だるさと眠さが続き「早く定時にならないかな」と思っていました。食欲はもちろん強いままです。なんだろう、リフレックスを飲み始めて明らかに一番増えたのは、食への欲求のような気がする……普段よりお菓子を買う量も増えたし、いつもは2~3日かけて食べる食事も1日で食べきってしまうし……とくに夕食のドカ食いが増えた。

 

普段と比べて特にストレスフルな出来事もなく、疲れるような大仕事をした覚えもないので、やはりリフレックスの副作用を疑わざるをえないのです。

これは体重の増加を気にする方にはおすすめできない薬なのかもしれません。飲む前より明らかに、「食べられる」んですよね。自分の胃袋、こんなに大きかったっけ??と不思議になります。

 

まとめ

  • 睡眠薬としての効果は出ている。リフレックスを始めてから中途覚醒は改善された。寝つきも良い。寝起きが悪く、朝ベッドからなかなか出られないのが課題。
  • 気分はイフェクサー単剤のときより上がる。さすが「カリフォルニアロケット」さまさま。ただし自分でも「今ちょっとテンション高すぎないか?」と思う瞬間があって要注意。主治医からは「元気すぎる感じがあったら教えてください」と言われているので、次その旨を伝える予定。
  • 食欲は明らかに増加。コンビニ、スーパーでの購入量が明らかに増加。主食、主菜に加えデザート、間食(チョコレート、ポテトチップス)の摂取が増える。運動量は増えていないので、このままでは明らかにデブまっしぐら。食欲を抑制するか、運動を増強しないと、確実に糖尿病コース…
  • 消化器症状は改善。イフェクサー単体では胃の痛み、食欲不振があったが、カリフォルニアロケット処方にしてからはさほど気にならず。明らかにドカ食いしているのにおなかを壊すこともない。それはそれで怖い…

 

長くうつの治療をしてきていますが、リフレックスという薬を使うのは初めてです。そして、メインの抗うつ薬を変える瞬間というのはいつも緊張します。睡眠薬抗不安薬の変更は年がら年中ありますが、メインの抗うつ薬というのは、基本的に腰を据えて時間をかけて使うわけです。

それを変更する瞬間というのはどうしても警戒してしまいます。薬には副作用がありますし、特に抗うつ薬というのは、わかりやすい形で副作用が出る薬という印象をわたしはもっています。自分に合わない薬ならすぐに変更しようと思います。

 

今のところのリフレックスの印象ですが…とりあえず「よく食べるようになる薬」という印象です。あきらかにリフレックスを始めてから食事量が増えました。食べ物のことを考える時間が増えました。過食症にならないか怖いです。あと脂質異常症にならないように、運動や筋トレを取り入れないと……

よく食べるようになってしまったのが恐ろしいところですが、それを除くと、睡眠は中途覚醒がなくなりましたし、精神的には少しずつ上向きになっている感覚はあるので、今のところ悪くはない手ごたえを感じています。この先どうなるのかはわかりませんが。

 

抗うつ薬は時間をかけて効果を見ていく薬ですので、注意深く観察を続けていきます。食欲も少しずつ平常になっていくといいな。