読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい会社員のブログ

リフレックスを始めて3週間。抗鬱効果はあっただろうか

うつ病会社員のもみじです。

わたしは抗うつ薬でうつの治療を行っています。

いま飲んでいる薬はリフレックスです。

これにイフェクサーを加えたカリフォルニアロケット処方で、治療を行っています。

リフレックスを始めて3週間が経ちました。わたしの病気に、リフレックスは合っていたのでしょうか。

イフェクサー単剤のころよりまし

最初に結論を言うと、「イフェクサー」だけのころよりまし。ってところです。ほんとその程度です。「劇的に効きました!この薬最高!」みたいなことが言えたらよかったんですけどね。残念ながら、めざましい効果は得られていません。リフレックスSSRISNRIと違って効果発現に時間を要さない薬剤ですので、3週間飲んでも効果が強くないということは…そういうことなのでしょう。残念です。

 

ただ、イフェクサーだけのころよりかは明らかにましです。当時書いていた文章を読むと、地面に倒れこみながら書いているかのようなすさまじいテンションの低さが感じられるんですよね。自分への無力感、生きていて意味あるのか?っていうもやもや、気分の落ち込み、はとても強かったです。

リフレックスを加えて、落ち込みは少しだけ、ましになりました。それよりイライラが強くなってきて、他人への攻撃性が増しているのが心配ですが…生理の影響かな?と思っていましたが、どうも生理が終わってもイライラしている期間は続いている気がします。リフレックスの影響なのでしょうか。

 

良く食べる

リフレックスを始めてからとにかく食べるようになりました。体重を測るのが怖いのですが、とりあえず食欲は増えました。ただ、イライラのはけぐちとして食べているのか、本当に食べたいから食べているのか、自分でもよくわからないところがあります。食べないよりはマシだと思うようにしていますが…甘いものを過食する傾向があります。

 

異常に寝る

平日で10時間、土日なら12時間。平気でぶっ続けで寝ます。リフレックスを飲んで1時間もたつと、眠くて眠くて仕方なくなります。しかも100パーセントの確率で夢を見ます。現実と混同してしまいそうな夢。最近、睡眠時間が長すぎて、「これは夢で見たこと?現実にあったこと?」とわからなくなることがあります。わかりやすい例でいえば、夢の中で近所に新しいマンションができたとしたら、現実でも「ここにマンションができた…あれ?できてない!」となる感じです。夢の中の出来事なのか、現実の記憶なのか、区別がつかない。まあ1日の半分寝ているんだから、そうなってもしかたないでしょう。不眠よりましですし。もともとロングスリーパーなので、長くねることについては特に不満はありません。

 

いらいら

これが大きな問題です。気持ちの落ち込みもあるのですが、レキソタンを入れると少しましになります。いらいらは…なくなりませんね…すごい攻撃的になるのを感じます。とげとげしい言葉を使ってしまう自分がいることに、後から気が付きます。イフェクサーだけのときは、落ち込むことに必死で、周りを攻撃する余裕なんてなかったような気がします。生理前とか関係なく、イライラが目立ちますね。

 

帰省して楽になった

今は年末年始ということで地元に帰省しています。帰省して、旧友に会うと、気分がだいぶ穏やかになる気がします。「戦闘モード」が解除されるからでしょう。わたしは仕事をしているあいだは常に「戦闘モード」です。家に帰ってもそうかもしれません。常になにかを警戒していらいらしています。

慣れ親しんだ地元にいるあいだは、その「戦闘モード」を装備しないですむので、とても楽です。気の知れた友人に会うというのはそれだけで気分を楽にしてくれます。日ごろはイライラする環境で過ごしているので…

年末年始はひたすら休んで、仕事はじめに向けて体力を回復させたいと思います。ほんと。リフレックスが合っているかどうかは、今のところ微妙です。いまひとつ効果を実感できません。かといってイフェクサー単剤に戻っても落ち込みが増大するだけなので…また自分に合う薬探しを始めることになりそうです。

 

2017年もあいかわらずうつ病と闘うことになりそうです。その様子をこのブログにつづっていきます。よろしくお願いします。