読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日の夜をめざして

なにかと生きづらい双極性障害グレーうつ病会社員のブログ

土曜日なのに早く目が覚めた

体験談

f:id:cookieheart:20170304101902j:plain

おはようございます。

土曜日の朝はぐっすり寝るぞ!と決めていたのですが、なぜか朝8時には目が覚めてしまいました。

特に眠くもならないので、洗濯やゴミ捨てを行い、今こうしてブログを書いています。

平日の疲れはとてもたまっているにも関わらず、なぜかちょっと元気です。

不思議です。

続きを読む

死ぬ気でやるな、死ぬから

思うこと

死ぬ気でやれよ、死なないから。

こんな言葉が名言として取り上げられることがあります。

個人的にはこの言葉、とても嫌いです。

死ぬ気でやると、人は死にます。

追い詰められた人間は、死にます。

死ぬ気でやらないといけない仕組みや環境がおかしいのであって、死ぬ気でやる必要などないと思います。

続きを読む

「仕事がつらい」と同じように「メンヘラつらい」を愚痴ることはできない

思うこと

うつ病会社員として生きていると世知辛いことがたくさんあります。

職場の同僚とのコミュニケーションにしてもそうです。

もともとコミュニケーション能力が低いほうでしたが、うつ病になっていっそうその傾向は強まりました。

一応仕事用の「ペルソナ」をかぶることには慣れましたが、時々どうしようもなくつらくなることがあります。

外の空気に触れてもおいしいものを食べても気持ちを切り替えることができず、ひたすら悲しくなることがあります。

続きを読む

大多数であろう「天才ではない」発達障害、精神障碍者について

思うこと

アスペルガー症候群ADHDなどの発達障害が取り上げられるとき、彼らが「天才」として扱われることがあります。非常に記憶力が高い、絵を描く能力が高い、芸術、美術、文学の能力に長けている…常人離れした彼らの能力を「天才」と呼ぶことは、不適切な行為ではないでしょう。

しかし、彼らの中にそういう天才的な能力を持つからと言って「発達障害=天才」という表現をするのはどうかと思います。突出している人たちが目立つだけであって、多くの人たちは単なる社会不適合者として扱われているんじゃないでしょうか。

続きを読む

うつ病と診断されたわたしがうつ病のもっともつらい時期を乗り越えるまで

体験談

わたしはうつ病治療中の会社員です。
治療中とはいえ、会社員として社会生活を営める程度に回復はしています。
毎日つらくて仕方ありませんが、最もつらかった時期よりかはましになっているはずです。
わたしがうつ病と診断されたとき、今の状態にまで戻ってこれるとは思ってもいませんでした。
簡単にこれまでのことを書いておこうと思います。

続きを読む

私が思う「うつになりやすい」人の特徴を考えてみた

思うこと

週の半ばですが、みなさんお元気ですか。

私は疲れ果てています。低気圧もあいまってもう最悪です。

まだ水曜日であることに絶望して何回もカレンダーを見直しました。

つらいことが続く日々ですが、なんとか週末までこぎつけたいものです。

今回は、私のような「うつ病になりやすい」人の特徴について、私が個人的に考えたことを書いてみます。もちろんすべての人が該当するわけではないことはご了承ください。

 

続きを読む

うつ病だか双極性障害だか発達障害だか知らないけど、とにかく生きづらい

思うこと

わたしは双極性障害グレーのうつ病会社員です。

抗うつ薬を飲んで治療を行っていますが、仕事環境がうまいこといってないのと、薬が自分にいまいち合っている感じがしないのとで、体調がよくありません。双極性障害疑惑は以前から言われていましたが、最近また疑いが強くなりました。どうも周期的に散財・衝動的な行動をする時期がある、というのが近年の傾向としてあります。まあ、今の薬が合わなければ別の薬に変えるだけです。

続きを読む