金曜日の夜をめざして

うつ病とかいろいろ

うつでしんどいときに私がやらないこと

うつのときってつらいですよね。

もう何もしたくなくなりますよね。

ベッドの住人になってひたすら寝ていたくなりますよね。

わたしもそうでした。うつがひどい時期、外出もせずにひたすらベッドにかじりついていました。うつがつらいとき、わたしは無理をして行動すべきではないと思っています。「いや!自分はできるんだ!」と勘違いして無理をすると、ろくなことにならない。だいたい今までの経験からわかります。

続きを読む

うつの海に沈んでいましたが戻ってきました

うつ病会社員のもみじです。

ここ数日は不調を極めていましたが、今日になってちょっと調子が戻ってきました。

私の周りだけ重力が10倍になるようなしんどさが2~3日続いたのですが、今日になるとそれがなくなっていました。

本当にお天気みたいにコロコロ変わる体調でイヤになりますね。

続きを読む

死にたいと思ったとき、わたしが自殺をしない理由

みなさま元気にお過ごしでしょうか。

メンヘラ会社員のもみじです。

先日は「うつ症状がほとんど出なくなった」というような記事を書きましたが、ここ最近の台風の低気圧によりすっかり不調に陥ってしまいました。

やっぱりメンタルヘルスというのは簡単に寛解するものではありませんね。今日もひどい頭痛と体の重さに悩まされました。そして出てくる症状としてやっかいなのが「死にたい」と思うことです。

続きを読む

スーパーサイヤ人と自分を比べて落ち込む必要はない

あなたの職場にもいませんか?

スーパーサイヤ人。

アホみたいに仕事が早くて、アホみたいにたくさんの仕事をこなす人。

こんな人を見てあなたはどう思いますか?

「自分はあの人みたいにがんばれないからだめだ」

「もっとあの人みたいにたくさん仕事ができなきゃだめなんだ」

そう思ったりしませんか?

わたしはそう思っていました。

職場のスーパーサイヤ人にあこがれて、たいした能力も体力もないのに血反吐を吐きながら働いていました。

その結果、うつです。

続きを読む

「うつ つらい」そんなときは自分を大切にしよう

このブログは9割がたうつ病に関する記事を書いています。

最初はうつも含めてアラサー女の雑記にしようかと思っていましたが、メンタルヘルスに関して考えることが多く、テーマがあまりにもばらけるのも書きづらいかなあってことでメインテーマは「うつ」です。ほかにも恋愛とかファッションとか仕事とか家事とか、ブログテーマにできそうなことはいろいろあるのですが、それは別ブログで記載しようかと思います。

 

うつってつらいですよね

このブログの検索流入の3割は以下の記事です。

 

relax-heart.hatenablog.com

 「うつ つらい」と検索すると上位に表示されます。わざと狙って書いたわけではないのですが、このブログの代表的記事になっています。

毎日一定数の人がこのブログのこの記事にたどり着いて、うつがつらいときの対策について読んでいるという現実について、わたしは何ができるのか考えることがあります。だって、わたしだってうつはつらいですから。夏はスーパーハイテンションであちこち遊びに行って楽しんでいましたが、夏が終わり、秋になり、天候が荒れてくると案の定気分が落ち込みがちです。仕事にも支障が出てきます。我ながら気分屋というかお天気屋さんというのか…

 

relax-heart.hatenablog.com

 雨の日は落ち込みますしね。秋というか夏→秋の季節の移り変わりは特に落ち込みます。九月ですでに落ち込みの片鱗が出ているということは、10月はもっと落ち込むということかなあ。なんだか嫌な予感がします。

 

とりあえず、「うつ つらい」で検索してうちのブログに来てくださった方に言えることは、「うつってつらいですよね」ってことです。ほんとつらいです。動けないくらいつらいです。うつじゃない人には理解できないと思いますが、あのつらさは本当に言葉に尽くせないです。

 

自分をいたわってください

f:id:cookieheart:20170913110220j:plain

「うつヌケ」を読んで印象に残ったのは「自分」も「他人」と同じくらい大切だ、ということです。他人を傷つけちゃいけないのに自分を傷つけていいはずがない、もっと自分を大切にして生きていくのがいいということです。

 

この言葉は私の中で非常に突き刺さりました。勉強にしろ仕事にしろ、苦労するのが当たり前、苦しい思いをするのが当たり前、つらい思いの先に成功が待っている…そんな風に考えていた自分にとって、「自分に優しくしなさい」という考え方はまさに目からうろこでした。

 

だから「うつがつらい」と苦しんでいる方には「自分を責めないで、自分に優しく生きて」と伝えたいです。つらいときはずーっと寝ていいんです、やりたくないことはやらないでいんです、逃げてもいいんです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 器用に「さぼる」ことができないのがうつ病さんにありがちなことなのですが……うつ病さんが気楽に生きていくには、つらいことから距離を置く、楽しいことをやる、楽しそうに生きる、楽して暮らす、これが必須事項だったと思います。

だいたい、人生なんて一回しかないんです。つらい思いをして生きるより、楽しいことをして暮らすほうが幸せに決まっているじゃないですか。苦しいことからは逃げて(もちろんやるべきことは、やらなければならないのですが…)どうすれば自分が楽に生きられるかを最優先に考えて生きていくのがうつ病さんの課題だと思います。

 

わたしも楽をして生きていきたいです。

雨の日と気分の落ち込みの関係

もみじです。

今日も皆様お疲れ様でした。

体調は大丈夫だったでしょうか?

わたしは微妙なところです。

体は動くのに気持ちの沈みが少しある、そんな状態です。

 

雨の日は気分が塞ぎがち

経験的にですが、雨の日は苦手です。

体調が悪くなります。

頭痛がしたり、立ちくらみがしたり、目眩がしたり…

メンタル的にも落ち込みます。

特に理由もないのにずーーんと鈍く気分が沈みます。

昔は天気なんかで元気かどうか左右されるなんてメンタル豆腐すぎだろwwとか思っていましたが、最近になって実感しました。

わたしの体調は、確実に天気に左右させられている。

 

晴れの日がイキイキできる

にっくき低気圧が来ないというだけでありがたいです。ほんとに嫌ですもん、低気圧。頭痛するし吐き気するし。

今夏は暑かったけれど特別荒れた天気をあまり経験せずに済んだので、メンタル的にも安定して過ごすことができました。「うつヌケ」にもありますが、不安も安心もお天気のようにコロコロ変わるものなんですね。

 

雨の日は嫌いです

髪の毛うねるし、化粧は崩れるし、湿気でジトジトしてるし、傘を持ち歩かないとならないし、傘は忘れてしまうことが多いし、靴は汚れるし、頭痛はするし、気分は塞ぎがちになるし。

悪いことばかりです。荷物を増やしたくないわたしにとっては「傘を持ち歩く」のは苦痛以外のなにものでもなく、天気予報で雨マークがつくとあ〜あとため息です。植物にとっては恵みの雨でしょうが、わたしにとっては雨は大敵です。とくに、晴れと雨を繰り返す日々は最悪です。メンタルが超絶不安定になります。お天気にふりまわされる自分のメンタルの弱さがイヤになりますが、天気に文句を言っても仕方ありません。万年晴れの地方とかないのかな。

 

季節の変わり目と、うつ

f:id:cookieheart:20170912203140j:image

半年前の3月。

比較的調子は良かったのですが、その翌月の4月に大コケしました。ぐじゃぐじゃになったメンタルが回復するのに3ヶ月ほどを要しました。むしろよくここまで持ち直した自分、よくやった自分と言いたいです。

 

いま、9月。

ということは来月の10月にまた「急激な落ち込み」が到来してくるのではないかと、今でも身構えています。

秋冬は寒くて気分も塞ぎがちになるし、要注意の季節なんですよね…本当に…

わたしは夏が一番テンションが高く行動的になり、季節の変わり目や冬にずーーんと落ち込みます。季節性うつ病なのかもしれませんね。

それはともかく、今この「季節の変わり目」という時期を問題なく乗り切るために、派手な行動や無茶は控えたいと思います。いつも調子に乗って行動してコケるので。今度は地味に、静かに、ささやかに、秋の訪れを感じたいと思います。

何事もなくこの秋冬を乗り切ることができますように。

結局、どういう人がうつになりやすいのか

うつを経験して数年。

たくさんのうつ経験談や、うつ治療本を読みながら、わたしは「なぜ自分がうつになったのか」を考え続けていました。

うつは「メンタルが弱い人がかかりやすい病気」という誤解を持っていたので、自分がうつと診断されたときには非常にショックを受けました。実際には「メンタルが弱い人がかかる病気ではない」のですが、当時はうつに関する知識が乏しかったので、「自分はメンタルが弱いのだ」と思い込み、それでショックを受けてうつがひどくなった思い出もあります。こころの弱さ、強さは特に関係ないと思うんですけどね。

 

続きを読む

うつを防ぐために。自分へのハードルを限りなく下げるということ

どうして自分がうつになってしまったのか、この数年ずっと考えていました。

いろいろな本を読み、経験談を聞き、うつ病の人の考え方を知り……

メンタルが強いと思い込んでいた自分がどうして「うつ」という落とし穴に落ち込んでてしまったのか、その原因をずっと考えていました。

最近、そのヒントのようなものを見つけました。

続きを読む

一番好きなことを仕事にする、ことについて

もみじです。

先日以下の記事を読みました。

26歳、仕事辞めました。「好きな事して生きていく」をやります - 今日はヒトデ祭りだぞ!

はてなブロガーなら知らない人はいないはず、「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんの記事です。

ヒトデさんは私と同年代ということもあり、勝手に親近感を抱いてブログを拝見していました。

そして同じく社畜ブロガー、働くのめっちゃ嫌族として同類のような目で見ていました。

そんなときにこのエントリ。

あれだけ周囲に「やめろやめろ」言われても渋っていたヒトデさんが、ついに会社を辞めてしまった!

これにはわたしも驚きでした。なんだかんだでヒトデさんは会社員を続けながらブロガーをやっていくんだろうなと勝手に思っていたので、26歳の若さで(若いからこそ?)会社を辞めたのは衝撃的でした。

 

続きを読む

うつがつらいときはひたすら寝て休めばいいと思う

よくうつの治療では「規則正しい生活を送って、夜早く眠って朝早く起きて、適度な運動もして、日の光を浴びてくださいね」と言われるじゃないですか。

個人的には、この治療方針って、「うつが回復してきた人」のためのものなんじゃないかと思います。

うつが本当にひどいときは、規則正しい生活なんて送れませんよ。

わたしも現にそうでした。うつで苦しんでいた時期、規則正しい生活だの適度な運動だの言っている余裕なんてありませんでした。ひたすら寝ていましたよ。

続きを読む

うつ発病前の自分に戻ることはできない

うつになってから、わたしはずっと「うつになる前の自分に戻りたい」と思い続けていました。

しかし、それはできないと最近悟りました。

数年前の、うつになる前のめちゃくちゃに働いていたころの自分には戻ることはできないと悟りました。

その生き方には無理があると思ったからです。

続きを読む

ダメ社員であることを受け入れるということ

突然ですが、皆さんは自分が会社に貢献していると思いますか?

社員として活躍していると思いますか?

私は思いません。

会社にとってお荷物です。

メンヘラだし、能力も低いし、体力も低いです。

まるでものになりません。

まったくもってダメ社員です。

続きを読む

うつでめちゃくちゃつらいときに私が実践している対策まとめ

f:id:cookieheart:20170107134935j:plain

うつ病会社員のもみじです。

毎日メンヘラをこじらせながら社会人しています。

うつを患いながら仕事をしていると、困ることが多々あります。

その中でも特につらいのが、「突発的なうつ発作」です。

鬱の方ならお分かりいただけないでしょうか。突然急に気分が沈んで、体も頭もさっぱり動かなくなるアレです。低気圧とか、ストレスがかかる出来事があったとか、発生原因はいろいろありますが、発生条件はまだ完全に把握しきれていません。

突然「うつ発作」に襲われると非常に苦しいです。社会人として働いているとなおさらです。そんなときにわたしが実践している「うつ発作」から逃れるための手段を、ここに書き記します。

続きを読む

メンヘラ、一人暮らしするか?実家暮らしするか?

もみじです。

最近はメンヘラ症状が出にくくなっていますので、元・メンヘラともいいましょうか。

揺り戻しもあるので油断はまったくできませんが、いわゆる「メンヘラ」と呼ばれる状態から脱したとは思います。今のところ。あくまで個人的感覚ですけどね。仕事ははまだまだ配慮が必要な状態ですが。

続きを読む

うつ病症状がほぼ出なくなっている

最近すっかりブログ離れを起こしています。

前まで文章を書くことが大好きだったのに、すっかりモチベーションが落ちています。

毎日のようにブログを更新していたのがウソみたいですね。

以前よりこのブログをお手入れできてないのがなんか申し訳ない感じです。

続きを読む