うつアスペ会社員と呼ばれて

うつ病とかアスペルガー症候群とかいろいろ

普通に生きるのが難しいうつアスペ会社員のライフハック30

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

メンヘラ会社員のもみじです。

月曜日が近づくたびに陰鬱な気持ちになります。日曜日の夕方なんて何もせずにソファにぐったりしているだけです。今の気持ちを率直に言えば働きたくない。なぜ日本人は勤労の義務があるのでしょう。早くリタイアしたいです。どうにか楽して稼げる方法を知りたいです。仮想通貨も怪しいしなあ。

 

この土日はフィギュアスケート男子にくぎ付けになっています。羽生宇野ペアの日本組ワンツーフィニッシュは素晴らしかったなあ。ハビエルも最後の五輪で初めてメダルを取れてよかった。羽生くんなんてあんなに酷い脚のケガを乗り越えて66年ぶりの連覇です。どこの少年漫画の主人公なんでしょう。行ける伝説と言う言葉は彼にこそふさわしいと思います。それに引き換えわたしのていたらくときたら…社内ニート兼ほぼ退職間近のメンヘラです。最近はリアルに将来が見えません。

 

それはそれとして、わたしは生まれたころからのテーマとして「生きづらさ」を抱えています。誰だって人生が平たんではないことは知っていますが、どうにもわたしが抱えている「生きづらさ」は、普通の人たちとは少し違うような気がしていました。20歳ごろそれを強く実感して以来、その「生きづらさ」を乗り越えるべくいろいろなアイデアを見つけて試行錯誤しています。

 

この記事では私が見つけてきた「うつアスペ会社員が一人暮らしで生きていくために、できるだけ生きづらさを解消するライフハック」を書き留めておこうと思います。人によっては「そんなこと当たり前じゃん」と思うようなことばかりだと思います。しかし、わたしにとっては日々の生活を守るために必死で編み出したアイデアなのです。これ以上にさらに便利なチップスがありましたらぜひ教えて下さい。

 

続きを読む

元彼氏がアスペルガーだった話と、カサンドラにならないための対処法

今週のお題「バレンタインデー」

 

バレンタインが近づいていますね。フリーなわたしには自分用のチョコレートを嗜むための日になっていますが、パートナーがいる女性はチョコレートやプレゼントなどを贈るのではないでしょうか。

 

バレンタインが近いので今回は恋愛の話を書きたいと思います。決して多くはない恋愛経験ですが、結構印象的なエピソードがありました。その中でも今でも忘れがたいものを話してみようと思います。

続きを読む

香水が苦手?発達障害(ASD/ADHD)女の感覚過敏について

ブログタイトルの通り私は発達障害の診断を受けています。

主にアスペルガー症候群、ときどきADHDの症状を発します。

こんなわたしですが、発達障害あるあるの「感覚過敏」を感じることがよくあります。これはいつも感じることなのですが、もしかしたら健常者の人は感じないことなのかもと思って、今回この記事を書いてみようと思います。好き嫌いとかの範囲でおさまる話もあれば、そうもいかない話もあります。共感する部分があったら教えてください。わたしは常日頃下記のようなことを感じています。

続きを読む

うつアスペ会社員の得意なこと、苦手なこと

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

 

ブログタイトルにもあるようにわたしはうつ病アスペルガー症候群の会社員です。

先日診察を受けた時に「自分の得意不得意をちゃんと文章化したほうが今後の転職活動や生きやすさにおいて役立つかもしれない」と先生から言われました。

自分の能力を整理することが今後について大切なのには私も同意しましたので、以下に書いていきたいと思います。得意なことに比べて圧倒的に苦手なことが多くて書いていて嫌になりますが…もう…現実を見つめる意味でも書いてみたいと思います…

続きを読む

発達障害(アスペルガー・ADHD)の私あるある30

ブログタイトルにもあるようにわたしは発達障害があります。

主にアスペルガー症候群(ASD)と診断されており、ADHDの特徴も観察されています。

診断当初は驚きと困惑と、怒りのようなものが混じっていましたが、最近は「まあ自分が発達障害でもおかしくないな」と感じるようになりました。調べてみた「発達障害の特徴」に自分が一致することが多かったからです。

以下に、自分が該当すると思った発達障害の特徴について書いてみたいと思います。

続きを読む

うつアスペ会社員もみじについて

このブログの管理人「もみじ」についてプロフィール的な記事がありませんでしたので、この記事に簡単に書いておこうと思います。こんなやつがこのブログを書いているのだ、と把握していただければ幸いです。

続きを読む

発達障害(ASD/ADHD)女が結婚して子供を産んでいいのか

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 先日の匿名ダイアリーにこのような記事がありました。

anond.hatelabo.jp

 

わたしはおそらくLGBTではなく、ヘテロセクシャルの女性であるはずですが、この増田さんの意見には同意せざるを得ませんでした。

私の周りには「結婚こそ人生の目標」ととらえる人もいれば「結婚なんてはなから自分の人生設計の中にはない。働いて趣味を楽しむことが人生の最優先事項」と考える人もいます。

結婚が人生で一番の幸せ、という概念も、昔に比べれば弱くなったでしょう。あのゼクシィでさえ「結婚しなくても幸せになれるこの時代」と認めてしまってるくらいなのですから。個々人が結婚しなくても生きていける時代に、あえてパートナーを選んで一生連れ添いたい、と思うからこそ、「結婚したい人」「結婚したいと思わない人」で意見が分かれるのは当然だったと思います。

続きを読む

【炎上】「あたし おかあさんだから」の歌詞が気持ち悪い。私は母親になれないと思った

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

現在、「あたし おかあさんだから」という歌の歌詞をめぐってネットで炎上バトルが繰り広げられている。

これが日本の現状? 物議を醸した「あたしおかあさんだから」 - NAVER まとめ

 

詳細は上記を見ていただくとして、これはもう喧嘩上等、炎上上等で書いている歌詞でしかないなとしか思えなかった。これを本気で「おかあさん」への感謝やこどもへの愛情をこめて書いているのだとしたら、ちょっと感覚が50年ほどずれているんじゃないかと思わざるを得ない。2018年にもなっていまだにこんな曲の世界観を世の母親に押し付けてくることがあるのかと思うと、ちょっと背筋が寒くなる。

続きを読む

一人っ子はワガママでかわいそうなのか?メリットデメリットを当事者が考える

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

 

わたしは一人っ子です。

正式に言うと一人っ子ではなく兄弟がいるのですが、諸事情でいなくなったので、実質一人っ子として育てられましたし、人から「兄弟いるの?」と聞かれると「いません。一人っ子です」と答えるようにしています。

一人っ子というと、よく「え、そうなんだ」って反応が返ってくることが多いです。日本でも一人っ子世帯が増えてきたとはいえ、まだまだ「きょうだいがいること」が当然の家の方が多いようです。この少子高齢化社会では、今後さらに一人っ子世帯は増えそうな予感はしますが。

続きを読む

会話が噛み合わない、普通に生きられない、方向音痴。アスペルガー社会人の大学時代

前回の記事の続きになります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 この一連の記事を読んでいただいた方であれば、わたしが少しどころか結構おかしい人間であり、「普通」という規範から外れた人間として生きてきたということをわかっていただけるのではないでしょうか。本人はいたって真面目に真剣に生きているのですが、どうにもうまくいかない。相手を怒らせたり、誤解させたり、思ったように物事が進まなかったり、チームに迷惑をかけたり。そんな経験を山ほどしてきて、しかも学習せずに同じ過ちを繰り返し続けてきました。

 

自分の性格の悪さおよび手先の不器用さ、人間関係構築のへたくそさには我ながら呆れます。20歳ごろ「さすがにこれでは人として終わってしまう」と思い、他人の表情や言動をトレースすることで真人間に近づこうと試みましたが、それでもトラブルの数々は避けられませんでした。今思えばとても精神的に幼く、弱く、無力なくせにプライドが高く、傷つきやすいくせに人を傷つけることには無自覚という最悪なパーソナリティを持っていました。今も大して変わっていませんが…

 

続きを読む

コミュ障?授業中に寝る?KY?アスペルガー社会人の大学時代

前回の記事の続きになります。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

振り返ってみると痛々しいことの連続でした。人に迷惑をかけてばかりでしたし、当時は迷惑をかけている自覚もありませんでした。教習所を破壊したエピソードも、実習で爆発を起こして実験を中断させた話も、バイト先の先輩にぶちぎれられた話も、本当に不徳の致すところであります。

 

自分がコミュ障であることの自覚は前からありましたが、それにしてもアクシデントの多いこと多いこと。ほかの同級生に比べて自分がうまく生きている自覚が全くない。というか自分以外の人たちがなんて器用に生きられているのか不思議で仕方ない。そんな時間が長い間続いていました。

行く先々で口を開けば嫌われ、口を閉じれば空気扱いされ、「果たして自分の生き方はこれで本当に正しいのか?何か間違っているのではないか?」と思うことが毎日のようにありました。

続きを読む

毒舌?空気が読めない?不器用?アスペルガー社会人の大学生時代

前々回の記事の続きです。

 

relax-heart.hatenablog.com

 小さなころから「生きづらさ」をずっと引きずって生きていました。物心がついたころから生きづらさはありました。具体的にどういうものかと言われると困りますが、「自分は他人とは違う」という感覚を強く感じるようになったといえばいいでしょうか。それもいい意味ではなく悪い意味で。たとえば体育の授業、団体行動の授業、他人となにかを共同で成し遂げていくことがことごとくだめで、「どうして自分はみんなのようにうまく動けないんだろう」「なんで自分は周囲の人たちになじめないんだろう」という違和感はずーっとありました。物心がついたころだから、たぶん保育園か幼稚園のころの記憶の時点で、生きづらいという感覚はありました。

 

発達障害があるということが判明したのはついこの前です。医師に発達のでこぼこを指摘され、WAIS-3テストを受けた結果完全なアスペルガー症候群と診断されました。

 

relax-heart.hatenablog.com

 それまでは、「なんか知らんけどとにかく生きにくいしうつ病にはなるし仕事はまともにできないし本当にごみだな自分」と思っていました。うつは何年治療しても治らないし、仕事だってうまくいかない。人の和にも入れない。「なんで普通に生きていくというただそれだけのことがうまくできないんだろう」という違和感はずーっと二十年以上ありました。その結果が、アスペルガー症候群と言う名前で表されたのだと思います。

 

小さいころの発達に問題はなかったようです。親からは特に問題があったとは聞きませんでしたし、特別学級に配属もされませんでした。たぶん学習障害がなく、ADHDでよくある多動性もなかったので、授業を聞いている分には無害な子供だったのでしょう。変わっていることは言うまでもありませんでしたが。

 

3歳ごろから「自分は周りの子供たちと違う」という違和感を感じながらも、なんとか小学校中学校高校とやってきました。失敗したり人に嫌われたり人を傷つけたりしながらも、まあ大学進学まではやってこれました。この大学生活は大学院を含めて6年間あるのですが、まあ自分のパーソナリティの異常さを自覚するのに十分な機会だったように思います。社会人になってからはさらに「おかしい」と気づくのですが…

 

続きを読む

うつ病で生きるのが辛いときに私が実践する対処法

f:id:cookieheart:20170107134935j:plain

関連記事

 

relax-heart.hatenablog.com

 

うつ病会社員のもみじです。

毎日メンヘラをこじらせながら社会人しています。

うつを患いながら仕事をしていると、困ることが多々あります。

その中でも特につらいのが、「突発的なうつ発作」です。

鬱の方ならお分かりいただけないでしょうか。突然急に気分が沈んで、体も頭もさっぱり動かなくなるアレです。低気圧とか、ストレスがかかる出来事があったとか、発生原因はいろいろありますが、発生条件はまだ完全に把握しきれていません。

突然「うつ発作」に襲われると非常に苦しいです。社会人として働いているとなおさらです。そんなときにわたしが実践している「うつ発作」から逃れるための手段を、ここに書き記します。

続きを読む

結婚に魅力を感じない

前に書いた記事とよく似た内容です。

とにかく、結婚に魅力を感じない。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

親だの親戚だのは「おまえが子供を産まないとうちの家系は終わるんだ」とかいちいち言ってくるけれど、本当に結婚に魅力を感じない。

と言うか、結婚したいと思える人がいない。出会えていない。出会うための努力をしていない。努力をする気がない。そこまでがんばる気になれない。だったらひとりでいいじゃん。

数か月前に破局してから、最近はずーっとそんなメンタルです。もうすぐバレンタインですが、贈る相手もいません。自分用にチョコレートを買おうと思います。クリスマスも一人でしたが、最近はもはや「寂しい」という感覚もあやふやになってきました。これまでいろいろな人に言われてきましたが、やはりわたしは恋愛に向いていない人間のようです。次から次へと彼氏をとっかえひっかえできる人の心理が理解できません。横に男がいないと物足りないのでしょうか。その感覚がわかりません。

続きを読む

「変わった子」と呼ばれ続け、生きづらさがあったうつ病&発達障害会社員

関連記事

relax-heart.hatenablog.com

 

 

先日、WAIS-3テストを受けてアスペルガー症候群と診断されました。

小さいころから「変わった子」と呼ばれ続けた理由が、少し腑に落ちたような気がします。

 

relax-heart.hatenablog.com

 

自分が発達障害とは知らないままでしたが、こうして試験で結果が見せられると「自分が発達障害」なのかと思わざるを得ません。

自分が「ほかの人とは違う」と思わざるを得ない場面が小さいころから数々あったので、「やっぱりそうだったのか」と感じました。

 

今回から、自分の人生を振り返る記事を増やしていきたいと思います。「変わっている」と言われることの多かった人が、少しでも共感できるポイントがあったら幸いです。私自身、自分のことを「変わっている」と思っていますし、他人からも「まあ、ちょっとズレてるよね」とは呆れた様子でよく言われます。その「変わっている」がASD由来であることはWAIS-3結果から明らかなので、同様にASDの方も読んでいただけたら幸いです。長くなりますが。

続きを読む